子供の話:ジュニア展を観に行きました

子供が新潟県の絵の作品展で
入賞したというので観に行きました。
ご存知、新潟県は縦に長いのです。
上越市に住んでいますので
展覧会のある新潟市まで行くのは
3時間ほどかかります。
ちょっと観に行く、には遠すぎる気もしますね。

b0126182_9512258.jpg


晴れた気持ちの良い朝ですので
ドライブするには気持ちが良い。

せっかく出かけるので
新潟市のイオンで行われている
ポケモンのゲームバトルの練習試合に参加することにしました。
遠いですからね、用事の組合せが大事なのです。

お昼を食べて、さて、行きますか。
会場が、大きい。看板が、立派。

b0126182_9543892.jpg


なんか、立派な展覧会なので驚く。
保育園の作品から順番に並んでいる。
なかなか皆さん力作ですなぁ。

b0126182_9555525.jpg


「オレのこっちにあったし。」
「君、結構すごい賞もらったんだねぇ。」
「あのねぇ、しらさぎ描いたんだよ。」
「これが、たっくんとオレ。」
「車輪はねぇ、黒と藍色を混ぜて塗って、
ティッシュでちょんちょんってふき取ったんだ。」
「えっぇ、君、そんなワザ使えんの?」
「オレの絵が一番いい。」
「上手にかけたねぇ。」

夏休みの思い出、というテーマで
学校の図工の時間に描いたそうです。
おじいちゃんの家に行くのに
今年は、兄と二人で電車に乗っていきました。
楽しかったんだろうなぁ。
「オレ、楽しかったし。」
が、全面に出ているところが評価されたと
評論に載っていました。
子供らしい作品なのだそうです。

会場を歩くと、確かにもっと上手な絵があります。
絵を選ぶ人の好みもあると思うのですが
上手なだけでは特賞までは行かないのかもしれないですね。
まぁ、確かに全体のバランスがよく、パンチの効いた作品でした。

会場には、保育園から中三までの作品が並んでいます。
小学生は、学年が上がるごとに作品に力がこもってきますが
中学生は、一・二年の作品はひどい。
何となく、型にはめようとしているのか
自由な作品も個性的な作品もほとんどない。
なんだか、突然下手になる感じ。
ところが三年生になると何かが吹っ切れるのか
とても力のある作品になる。
個性が出てきて、芸術性のあるものまである。
情緒的なものを作品に込める力が出てくる。

多くの作品を通して
子供が成長していく過程を見せてもらった気がする。
たまたま観に行ったのですが
結構いいものを見せてもらった。


b0126182_1094577.jpg


外に出ると、真っ暗に近い夕暮れ。
まだ、五時なんだけどね。
[PR]
by yoojie | 2011-11-27 09:47 | 子どもの話 | Comments(0)
<< 冬の準備はあちこちで進んでいる... 白菜の収穫は、雪が降る前にね。 >>