味噌汁日記 ほうれん草と豆腐+ユズ

b0126182_919884.jpg



ほうれん草のおひたしを作ると
茹で加減や醤油の加減や
ゴマの量などで味がぶれると
家族は食べたがらなくなります。
早く作らなきゃ、などと焦って作ると
かえって味がぶれてしまって
余ってしまう。
するどいなぁ。バレるものですね。

その点、ほうれん草の味噌汁なら
おひたしほど、微妙な加減はありません。
「今日は、平常心より少々悪い。」
という時は、出汁を濃い目にとりましょう。
出汁の濃さで他がぶれても取り返せます。

毎日の食事の準備は
日々の「心持ち」も反映します。
毎日平常心も無理なこと。
「今日はちょっと。」
という日は、技術的にカバー
というか、材料をちょっと贅沢
(多目にする、良いものにするなど)に
すると、味が少々変わっても
食べる人の印象は悪くならないようです。
[PR]
by yoojie | 2012-02-16 09:16 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< 気温が上がってくると、地面から... 味噌汁日記 セリと豆腐---セ... >>