弁当をいれる。→子どもが喜ぶ。→そうだったのか。

土曜日は、小6男子が野球の練習日です。
一日練習なので、お弁当もちなのですが
監督が、親御さんへの配慮もあって
「おにぎりだけで、いいじゃないですか。」と
おっしゃって下さいます。
そうだよね、おにぎりで充分。といって
半年ほどずっと、おにぎりのみだったのですが
先週たまたまお弁当を入れたんです。おかずをつけて。

そしたら、「ありがとう。」と3回も4回も言われて。
帰ってきたら、「おいしかった。」だって。
え、みんな弁当だったの?
僕だけだよ、おにぎりだけなの。
え、そうだったの?知らなかったな。

b0126182_9384825.jpg


なんだ、そんなに喜ぶなら弁当入れるよ。
といって、弁当を作っていたら
小3サッカー小僧。先週から野球も兼業。も
「オレも入れて欲しい。」
でも、君、家で食べるんでしょ。
でも、入れて欲しい。
ふーん。

と、いう事で、毎週土曜は弁当を二個入れることにした。
弁当を入れてる間、横でじっと見ている視線が熱い。
食べることが楽しみなのは、いいことですね。
[PR]
by yoojie | 2012-04-14 09:42 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< もみから出ているのは、芽でしょ... 小三男子と母の会話:クッキーの缶 >>