菊の酢漬け→心を整える効果があるそうです。→あれ、間違えて覚えていたかも。

b0126182_11543614.jpg


食用菊の季節ですね。
この、ピンクの菊は、正式名を「延命楽」といい
山形で「もってのほか」新潟で「かきのもと」と呼ばれ、
旬の時期には、食べ親しまれている食材です。
ゆでて、酢の物にすると
シャキシャキとした食感と香りを楽しめます。
古くは、松尾芭蕉も好んで食べたといいます。

私、菊はその香りが「精神を安定させる」
効果があると覚えていたのですが、
今、食用菊を調べてみたら、その効果が載っていない?
アレ?間違えていたか?

カモミールなどの菊科のハーブは
リラックス効果があると、言われていますね。

そのせいで、ごっちゃになっていたようです。
実際は、解毒効果・発ガン効果の抑制・
コレステロールの低下・中性脂肪を低下させる効果があると
研究発表されているそうです。

なるほど。
そう聞くと、あら、そっちのほうが良いじゃない。
こまめに食べよう。と、思えるから不思議というか、単純というか。

お湯にくぐらせるようにサッとゆでて、
酢に漬けておくだけで、一週間ほど保存が可能です。
多めに作っておいて、常備菜としても便利です。
色もきれいです。

秋の食卓の供として、お勧めです。
[PR]
by yoojie | 2012-11-14 12:13 | ぬか漬け日記 | Comments(0)
<< さわし柿、食べごろになりました。 味噌汁日記 サトイモとわかめ >>