味噌汁日記:新味噌の味見として豆腐の味噌汁


b0126182_10344432.jpg



10月にはいると、気温が下がってきます。
そうすると、味噌の香りが急に芳醇さを増します。
新味噌の、蔵出しです。

新しい味噌の、味噌の香りを楽しむ、
試食的に食べる、というときは具をほぼ入れない状態で、
出汁も薄めで、豆腐を入れると味噌の上品な香りをより楽しめます。
豆腐が程よく温まり、なべ全体が沸騰寸前のところで火を止めて、
それから味噌を溶かします。
そうすると、味噌の香りが飛んでしまうこともないので、
温かい味噌汁を香り豊かにいただけます。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-10-14 10:33 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< りんごのご案内「王林と名月のセ... 新米の季節、古米はどう食べる? >>