味噌汁日記:炊き込みご飯ともち米の相性について考える


b0126182_1092521.jpg


炊き込みご飯を作ると、
味噌汁の具は少なめで、味噌も少々薄めにします。
新みそと一年仕込みの確然を半々で使用しました。

「親戚から、古米を頂いたんですけど
どうやって食べるといいですか?」
というご質問を、
夏の終わりから秋にかけて少なからずいただきます。

そんな時、炊き込みご飯はどうでしょうか?

実は、炊き込みご飯は、
古米でつくると思った以上に美味しくできるのです。
全体が、パラッと仕上がりべたべたしない。
米が味をしっかりと抱き込みます。

そして、ここが技あり!

もち米をプラスしてあげます。
旨みが増し、もっちりとした仕上がりになります。
もち米は、新米でも古米でもどちらでも大丈夫。

うるち米:もち米=3合:2合

くらいの比率で作ると、

不思議と、グッと良いお味に仕上がります。

是非是非お試し下さいませ。
http://www.afco.jp/total/totalform.htm
ずーっと下の方にもち米あります。


もち米にも、実は産地と品種により味が色々あります。
やっぱり美味しいもち米は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-11-25 10:24 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< 散歩道:ローカル電車は二両編成なり。 紅葉が美しい、午後3時。 >>