味噌汁日記:ふきのとうを刻んで浮かべると、春の香りがする。

b0126182_21045749.jpg
出汁は、煮干と昆布でとります。
鍋にごま油を引いてほうれん草を30秒ほどいためます。
そこに出汁を入れ、沸騰させます。
沸騰したら、豆腐を入れます。
再び沸騰したら、火を止めて、味噌をときます。
お味噌は、一年仕込みの確然と
二年仕込みの濃熟を、半々で使いました。

お味噌をといたら
お碗にいれて、刻んだふきのとうを浮かべます。
ふきのとうは、すぐに茶色になってしまうので、
一口生の香りを楽しんだら、
ふきのとうは、箸でお汁の中に沈めましょう。

あ~、この香り、ほのかな苦味。
大人の味だわぁ。








生の手づくり味噌で春のデトックスを。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
by yoojie | 2016-03-07 21:12 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< 霞のかかった日の、公園のお堀と... お客様の声:朝食は、炊き立ての... >>