カテゴリ:お茶の時間( 49 )

食べ物の好みは人それぞれ。皮が好きか、実が好きか。

柑橘の美味しい冬ですね。
今年は、切もちにユズの皮を練りこんだ「ユズ餅」
も、ご好評いただきました。
ユズ餅には、主にユズの皮を練りこみ、
ユズの果汁もプラスしてお餅をつきます。


さて、
その柑橘、皮と実とどっちかお好きですか?

実は、私、八朔については
実よりも皮の方が好きなんです。

「え、皮?」
「そんなもん、食べるの?」
「もう、ゴミも一緒に入れちゃったよ。」
など、言われながら、
八朔の皮を集めまして、
10個分くらい集まると、
皮を一晩塩水につけてよく洗い、
一回湯でこぼして皮の表面をきれいにして

皮のピールを作るのです。
お茶や、コーヒーに良く合います。

b0126182_16565450.jpg

「それ美味しいの?」
「にがっ。」
「食べる?」→「いらん。」
と、散々邪険に扱われているのですが、
最近になって、八朔の実を食べた後には、
あわてて回収しなくても
むいた皮にゴミも入れず、ゴミ箱にも捨てず、
綺麗な状態でテーブルに
残してもらえるようになりました。

段々、市民権を得てきた「皮」。
邪険にされてもめげないのですが、
親切にされるとやっぱり嬉しいものですね。

どのくらい、食べるかというと、
冬中で、八朔30個分くらいの「皮」を煮て食べます。
やっぱり、ちょっと変かも。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2017-02-22 16:47 | お茶の時間 | Comments(0)

米粉のお菓子:いちご大福

最近料理にはまっている小六男子と一緒に
米粉を使って、いちご大福を作りました。

b0126182_22063697.jpg

新聞に、いちご大福の作り方が載っている。
ということで、いちご大福作り。
米粉に砂糖を加えて水で溶いてレンジでチンして皮を作り、
あんこといちごを包みます。


b0126182_22061261.jpg


出来上がり。
結構簡単で、かなり美味しいです。
いちごののシーズンに是非。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2016-03-14 22:04 | お茶の時間 | Comments(0)

香りと記憶について:落花生とコーヒー

b0126182_22494313.jpg


家庭菜園で採れた落花生をいただきましたので
早速、茹でてお茶の時間にいただきました。

落花生といえば、お相手はコーヒーでしょうか。

父が、コーヒー好きで落花生好きで、
よく、落花生とコーヒーを楽しんでいました。
パチン、パチンと殻を割る音と、
コーヒーの香りがなんともゆるい時間です。

コーヒーの香りと落花生の香りが混ざると、
午後のやわらかい光が差し込んだ、
実家のリビングが自動的に思い出されます。

そういう、香りから、記憶がふっと沸いてくること、
ありませんか?

お茶を楽しむ時間、食事を楽しむ時間、
香りと共に楽しい記憶が積み重なることって、
少し幸せ気分で素敵ですよね。








おいしいは、幸せの元。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-10-04 22:48 | お茶の時間 | Comments(0)

節分で食べるのは、恵方巻か節分豆かいわしか。□無農薬大豆販売中□

もうすぐ節分ですね。
節分に食べるもの、「恵方巻」「節分豆」「いわし」でしょうか。

私、関西の小学校出身なのですが、
そういえば、小学生の頃、担任の先生が
「おまえら~、節分で太巻き食べてるんちゃうやろなぁ。
あれは、大阪の「のり屋」が考えた宣伝やぞ~。」
と、言っていたような・・・。
のり屋さん、かしこいなぁ。
で、伝統的には、豆といわしを食べる話に・・・。
「なんで、豆といわしなんかなぁ。」
というところでは、鬼の話をしていたような・・・。
鬼って・・・。

本当に、鬼退治のために、豆を捲くのか?
いわしの臭いで、鬼が逃げていくのか?
毎年豆まきをして年の数だけ豆を食べ、
玄関にいわしの頭をヒイラギに刺す係りを
していた私にとっては、とても疑問でした。



【 なぜ、豆といわしなのか? 】


冬になると、日照時間が短くなる地域では、
日照時間の短さが睡眠サイクルに影響を与える
ことがあると言われています。
睡眠のサイクルが悪くなると、体調を崩しやすくなりますね。

そこで、日照時間が減り、睡眠の質が悪くなりやすい冬には
睡眠の質を良くするために
体内の「セロトニン」を増やす食品を多目にとり
セロトニンの不足を防ごう、という食習慣・風習のようです。

セロトニンを増やすために必要な栄養素がトリプトファン。
つまり、タンパク質やビタミンですね。
その、代表食材として、日本の場合、豆といわしがあるようです。

タンパク質:大豆
ビタミンB6:青魚(いわし)


なるほど~。
納得です。

それなら喜んで、
豆まきをして、いわしの頭を玄関に飾りましょう。


■□ 秋山農場産 大豆
   農薬を使わずに育てました

       特選大豆“こく豆”400g    432円

豆で無農薬は本当に珍しいです。
大豆、レンジでチンして簡単に節分豆になります。
一晩水で戻して煮豆にしても、美味。
(無農薬のため、見た目は少し不細工です。)

詳しくはこちら:http://www.afco.jp/total/kokumame.htm



蛇足:
子供が「鬼の話」「のろいの話」にはまっていた頃、
日本の鬼の話を一緒にたくさん読みました。
そうすると
日本の鬼の話、お化けの話、呪いの話、のほとんどは、
現代語に訳すと、すべて病名で表現されそうな内容が多いです。
ただ、昔は病気→分からない→恐い→まとめて鬼と呼ぶ。
あれは、鬼の仕業である。と、
名前が付けば、少し分かって納得できる。ように、読めました。

邪気を払う→病気にならないように未然に防ぐと、言いますもんね。

食べるものが、身体を作りますから
日照時間が減る季節は、豆と米と青魚、
ちょっと、多目に食べましょう。



ゆでた豆って、実は美味しい
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-01-31 12:03 | お茶の時間 | Comments(0)

お茶の時間:ハーブティをいただきます


庭の草刈をして、畑に行きやすくなりました。
そうすると、頻繁にハーブを取りに行くことが
楽しくなるので、毎日ハーブティを飲んでいます。

b0126182_22131284.jpg



熱湯で入れて、ホットでいただくか、
大き目の氷を入れて、アイスにするか。
紅茶を入れてハーブの香りの紅茶でいただくこともあります。


実は、ホームセンターで買ってきた苗が
どんどん増えました。
今は、花を咲かせているので、
種が落ちて、更に増えると嬉しいです。

お米のご注文をいただいた方などにも
夏場には、時々おまけで急須一杯分くらいを
商品に同封したりもしております。
ご希望の方は、備考欄に
「ハーブのブログを読みました」
と、ご記入下さい。





庭のハーブは無農薬。田んぼのお米は減農薬。
安心の食卓をお届けするのは、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-08-21 22:20 | お茶の時間 | Comments(0)

はちみつ梅とカリカリ梅


今年の梅仕事、はちみつ梅と、カリカリ梅にしました。

b0126182_22192165.jpg



梅酒、梅干、はちみつ梅、
その年によって、色々漬けます。
梅仕事、なぜか楽しいです。


先日、
床下の保存スペースをのぞきました。
そこには、梅酒と梅干のビンが並んでいます。
古いもので10年前に仕込んだ梅酒。
毎年仕込んでは、保存します。
琥珀色の梅酒、とろりとした梅干。
梅雨の時期に取り出してきては、
ちょっとづついただきます。
身体が自然に梅を欲しがるのでしょうか、
梅干は、梅雨に入り、気温が上がると
急に食べたくなります。

梅酒、梅干がたくさんあったので
今年は「梅はちみつ」を梅4Kg分
「カリカリ梅」を梅2Kg分、仕込みました。

はちみつ梅は、食後のデザートとして実を食べて、
シロップを水で割って梅ジュースにします。

土用に入ったら、3年前に仕込んだ梅干を
もう一度、軽く干す予定です。

来年は、梅干を仕込み、
その次の年は梅酒を仕込む予定です。

梅仕事、複数年計画で進みます。
















梅干と白いごはんは、やっぱい~よね~。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-07-03 22:17 | お茶の時間 | Comments(0)

お茶の時間:片栗粉、飲むの?美味しいですから。


「片栗粉、毎日飲んで下さいね。」
「え、片栗粉ですか。」
「ホクレンが、良いですよ。コーヒーやココアに混ぜて。」

なるほど。
昔、漢方のお医者さんに言われ、
春先になると飲みたくなる、
片栗粉入りの、コーヒー・ココア。

b0126182_22263666.jpg



アカンめし、系にならなければ良いのですが、
ココア2とインスタントコーヒー1と片栗粉1の割合で。
少しずつ、熱湯をたらしながら、ゆっくり混ぜて作ります。


b0126182_22281149.jpg



牛乳や豆乳で オ・レ にしていただきます。
なんとなく、まったりとしたお味がゆるみます~。
アラフォーの女性の方は試してみて下さいね~。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-24 22:23 | お茶の時間 | Comments(0)

ミントティを飲んでいます

毎年、ハーブを少しずつ増やしています。
植木鉢に植えるものもありますが、
基本は地面(庭)に直接植えるので、
場所によっては、
強いほうの品種に駆逐されてしまったりして
増えたり減ったりしています。

今年、増えたミントはペパーミントとコレ。

b0126182_20214485.jpg



レモンの香りがする、レモンミント。
思った以上に香りが強い。
お湯で出して、氷を入れて飲みます。
さっぱりとしています。


香りを楽しむならレモンミントもいいのですが
お茶としてはペパーミントのほうが総合点が高い気がします。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-08-10 20:04 | お茶の時間 | Comments(0)

笹モチは、新笹でつくります。夏至の節句のようなもの。


b0126182_11462620.jpg



笹モチは、夏至のあとの数日くらい
今の時期に作られるおもちです。
アンが入っているものも、
入っていないものもあります。
私は、アン入りが好きです。

「昨日採ってきたばかりの新笹使ってるからね。」
「田植えの後の節句みたいなもんさね。」

笹の香りを楽しみます。
小豆と甘味で疲労回復。

蒸し器で少し柔らかくしてからいただきました。














アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-23 11:43 | お茶の時間 | Comments(0)

「夏のおやつタイム充実」の梅ハチミツを仕込みます。

梅ハチミツが好きで、
梅雨の時期には、毎年のように梅ハチミツを仕込みます。


b0126182_22335433.jpg



梅干は、3年に1回ほど仕込み、
(今年は仕込もうかな、と、考え中)
梅酒は、10年に1回ほど仕込み、
(すでに10年モノが一生分くらいあります)
梅ハチミツは1年に1回仕込みます。


【梅ハチミツ】

青梅2Kg---今年は「白加賀」を使いました。
      中粒で、硬い実なのでガリガリ食べる
      梅漬けにむいています。

ハチミツ2Kg---こだわれば、国産なのでしょうが、
        私的には、安い輸入物で充分だと思います。
        砂糖漬けよりも、だんぜん美味です。



梅の実は、よく洗って1時間ほど水に浸けるのが基本のようですが
今回は、市販の梅の実を買ってきて漬けるので
時々水を替えながら、一晩水に浸しておきました。

翌朝ザルにあげて乾いたら、
梅の実に包丁で十字の切れ目を入れて
熱湯消毒した保存ビンに、入れていきます。

b0126182_22381120.jpg


そこに、ハチミツを入れます。
青い梅に、金色のハチミツが。
う~、うまそう。

b0126182_22401564.jpg


朝に仕込んで、夜には
バッチリ水が上がってきています。
一日1回、グルグルビンを回すと、
梅の上下が入れ替わり、よく漬かります。
2日~1週間ほどすると、
発酵に近いことが起こり、
保存ビンからプシューツと、泡が吹きます。
せっかくの美味しい液がこぼれますので
仕込んでから泡が吹くまでは
ビンの下に大鍋など敷いて様子を見ましょう。

今回は、2Kgの梅に対して8リットル用の
保存ビンを使用しました。
コレなら、吹きこぼれる心配はないかもしれない。

暑くなったら、
シロップを水や炭酸水で割って梅ハチジュースに。
ハチミツ梅は、お茶請けとしていただきます。









アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-08 22:19 | お茶の時間 | Comments(0)