カテゴリ:植物を育てたり( 31 )

暑中お見舞い申し上げます

b0126182_15423535.jpg




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-07-01 15:41 | 植物を育てたり | Comments(0)

今年の香りの木は良く花が咲く。

今年は月桂樹の花が満開に咲いています。

b0126182_22255573.jpg

毎年こんなに咲いていたっけ?
と思えるような満開ぶりです。
淡い黄色い香りよい花です。


b0126182_22265903.jpg

その足元のローズマリーも満開でした。
今年は花の良く咲く年なのですね。






アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku


[PR]
by yoojie | 2016-04-20 22:17 | 植物を育てたり | Comments(0)

柿の木の芽が出てきました。






b0126182_22551103.jpg

朝6時の柿の木の若芽。
新芽って、上を向いて出てくるのかと思っていたのですが、
良く見ると、下向きに出てきています。
コレがしっかり開くと上向きになってくるのかと。
触ってみたら、とっても柔かくて、ふわふわした毛が生えていた。

アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-04-12 22:55 | 植物を育てたり | Comments(0)

雪を呼ぶ風が強く吹いています

昨日の夜遅くから、急に風が強くなりました。

風の音が冬っぽくなりました。
それでも気温は10時で17.5℃ありますから
寒くはないですね。


















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-11-14 10:02 | 植物を育てたり | Comments(0)

いちごの鉢植え

b0126182_2102276.jpg


数年前からイチゴを鉢植えしています。
小六男子が小三の頃に始めたものと、
私が別の品種も、と買い足したものと。

ランナーが出たら、次のポットへ。
と、やっているので
6鉢になりました。

畑で作っているものに比べて
水やりも、ギリギリ少なめでしますし
化学肥料は使わないので、やはり実が小さいですし、
果実の水分も少ないかな。

もちろん食べますが、ほぼ、観賞用ですね。







アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-05-15 20:58 | 植物を育てたり | Comments(0)

誰も育てなくても育つ草。

ゆき深き新潟・板倉も
雪がとけてまいりました。

b0126182_16465358.jpg


最初の緑は、当たり前なのですが、雑草。
強いなぁ、こんなところから。


b0126182_16474252.jpg



とけた雪で水溜りが出来て、朝には凍る。


b0126182_16481883.jpg



雪と草のおしくらまんじゅう。


やわらかな、春の朝日が心地よいですね。















まもなく、種まき始めます。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku



「ぽちっ」と、応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-03-13 16:44 | 植物を育てたり | Comments(0)

鉢植えに米のとぎ汁をあげてみる


だいぶ、雪がとけて参りまして、
雪の下に埋もれていた鉢植えが顔を出しました。

本当は、水なんて、まだあげなくてもいいのでしょうが
甘いイチゴになるようにと
米のとぎ汁をあげてみました。

b0126182_0361466.jpg








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-01-25 00:36 | 植物を育てたり | Comments(0)

イチゴのランナーが隣の鉢に侵入するので、別の鉢に移植かな?


イチゴのランナー、次郎が隣の鉢に侵入。

b0126182_0273011.jpg


中央の、細い白まるで囲ったのが
ランナー次郎。
ランナー次郎とランナー三郎が
来年の美味しいイチゴの実をつけるのですね。

次郎、三郎、というのは、
畑のばあちゃん達が使っている
畑用語でありまして、
最初の株からイチゴの蔓が伸びて、
二番手の株として生育していく状態になるのが次郎。
次郎から、更にもう一株目の蔓から伸びた株が三郎です。
次郎と三郎を移植すると、来年よく実がなる、ということで
次郎と三郎を別の鉢に移植しました。

















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-09-15 00:24 | 植物を育てたり | Comments(0)

バケツイネの穂が出てきました。


b0126182_113448.jpg


バケツイネの穂が出てきました。
広い田んぼのイネは、もうとっくに穂が出ているのですが
バケツイネは、なぜか遅く、ようやく穂が出始めました。

実験的な試みとして、
水だけはしっかりと保ちつつ、
穂肥えをゼロ(与えない)にして、
雑草も抜かなかったので、
栄養不足かな?
コレでは穂が出ないかな?
と、心配しましたが、
遅れているだけでちゃんと穂が出てきました。


b0126182_1131928.jpg



・一株の茎の本数-13~15本

・葉の長さ--------95.5cm

・葉の色---------3.5~4

場所:午前中11時までは日陰となり、11時~夕方までは日光の当たるコンクリートの上。
    建物の脇なので、風通しもあまり良くない。

水の量:イネの土の上から2cm平均にて育てました。
     穂が出る直前の、イネが水を欲しがる時期は、
     毎朝水を2cmずつ足しました。
     (次の日の朝にはイネが水を吸ってなくなっているため)
     但し、朝あげたきり、昼間は足さない。


【穂が出始めてからの注意点】

1.穂が出て、花が咲く頃は受粉の時期でもありますので
 大雨が降るようなら屋根の下に避難しましょう。
 (受粉障害が出る可能性があります)
 

2.穂が出始めてから穂がそろい、その後一週間ほどは
 夜温に気をつけます。
 昼間の気温が35度以上となり、夜になっても気温が下がりにくい日は
 夜中にイネの嫌いな「乾いた熱風」が吹く場合があります。
 暑い日の夜は、室内に避難させるか、
 風除けシート(大き目のホームセンターの園芸売場で売っています。)
 で、イネ全体を覆います。


穂が出揃ってから、一週間経てば、上記のように保護する必要は無くなります。
土の表面が乾かない程度に適度に水を与えて下さい。






バケツイネ、自由研究に便利ですよ。→春に販売しています。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-08-16 11:25 | 植物を育てたり | Comments(2)

ゴーヤの花を裏から見て見ました。


ゴーヤの花を裏から見てみてみました。


b0126182_22452183.jpg



表からは。


b0126182_22453617.jpg



だいぶ印象が違います。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-08-14 22:43 | 植物を育てたり | Comments(0)