カテゴリ:田んぼのこと( 208 )

田植の季節、代掻きするとカラスがいっぱいやってきます。




代掻きする田んぼの後ろに、カラスがたくさんやってきます。

秋山農場で作るお米の田んぼの特徴1:
耕運が浅い。半不耕起と言います。
トラクターのタイヤがほとんど沈んでいないのが分かるでしょうか?
耕運を浅くすると、イネの根が、楽々根を張ることができません。
根っこに負荷をかけ、イネの力を引き出します。

特徴2:カラスがいっぱいやってくる。
田んぼの中に、鳥の好きなちいさな虫
(今回は、大きなミミズを食べにきている)がたくさんいます。
米ぬかやボカシを使って微生物を増やしている為、
ミミズや小さな虫も増えます。

健康な土を作り、健康な米を作っています。
おいしく、食べていただきたい、
食後の幸せをお届け致します。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Sakuにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2017-05-26 06:12 | 田んぼのこと | Comments(0)

田植えが始まりました。

田植えが始まりました。
苗を1本から2本、少なく植えています。
空気が良く通うし、
1本ずつがより強く元気に育ちます。

健康な米を作っています。



植えたばかりの田んぼに、水を入れているところ。
風の強い夕方。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2017-05-11 10:24 | 田んぼのこと | Comments(0)

苗、育つ5月。

五月になって、苗がようやく苗らしく成長して来ました。
実は、
4月は気温の低い日が多かったのです。
種から数ミリの芽を発芽させただけで
苗箱に種を撒き、そのまま苗代に並べますので
苗の成長は、外の気温に合わせて、
イネ自身の体を守りながら?
(つまり、温かい日は伸び、寒い日は伸びない)
成長します。

それで、
4月12日に種まきした苗と、
4月17日に種まきした苗が、
だいたい同じ成長速度となり、
葉の長さも、ほぼ同じくらいです。

b0126182_08060786.jpg

茎の根元から葉先まで約8cm~10cmくらいです。
まだ、細くて幼い様子。
但し、寒い中でゆっくり成長しているせいか
とっても健康に育っています。

気温が低い日は、朝の速い時間に苗代に水を張って、
水温で苗代を少し温めたり、成長を微妙に促しています。

b0126182_08085274.jpg

こちらは、4月22日に種まきした苗。
やっと、葉がそろってきました。
種から茎になる付け根の辺りも元気で
少し安心。






自然に、丈夫に育てています。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku







[PR]
by yoojie | 2017-05-05 08:14 | 田んぼのこと | Comments(0)

夕方に。キジとの遭遇。




4月、耕運前の田んぼにて。
近くの空き家に住んでいるキジと鉢合わせになりました。
お互いに、
そろそろ夕方になったので帰ろうかな、
というタイミング。
どちらかというと、
キジの方が後から気がついて驚いて、
キジが私に歩いていた畦を譲って、
隣の畦に通る道を変更したところ。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-04-26 14:58 | 田んぼのこと | Comments(0)

春の風が吹くころに、種まきをしています。


桜の蕾がふくらむ頃に、最初の種まきが始まり、
桜の花が散り始めると、苗代に苗が並び終わる。

本格的に、育苗が始まりました。

春は、清い命の入れ替えがあり、
私たちはそれに立会い、育てます。

気温と水分が種に春を伝えて芽を出し、
力強い意志を持って芽が伸び、根を張ります。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2017-04-25 06:13 | 田んぼのこと | Comments(0)

種まきの準備:種モミの温湯消毒

種まきの最初の準備は、
種モミの温湯消毒です。

60℃のお湯に8分間つけて
種モミの表面に着いている雑菌をやっつけます。

消毒が終わったら、たっぷりの水につけます。

b0126182_22305708.jpg


種モミは呼吸をします。
水の中の酸素が足りなくならないように、
毎日1回水を入れ替えます。

元気に芽を出し、良く育ち、
美味しいお米になりますように。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2017-03-24 22:28 | 田んぼのこと | Comments(0)

雪が消えたら、溝を掘って。→ドジョウが逃げて→穴にもぐる。

田んぼの雪が消えたら、田んぼの中の水を抜いて乾かします。

b0126182_22352692.jpg















この、手前のまっすぐな土が、溝切り機で溝を切ったところ。
排水口まで溝をつないで、土の中の水を切ります。

b0126182_22370970.jpg

排水口と、水路のあいだの掃除をしたら、
土の下から出てきたドジョウ。
あわてて土の中にもぐりこんでいるところ。
いや、それはもう、あわてるでしょ。

この作業と平行して米ぬかを撒いています。
米ぬかで微生物が増え、
ドジョウが増え、小動物が増えます。
植物連鎖のきちんとある、自然な田んぼを作っています。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-03-02 22:33 | 田んぼのこと | Comments(0)

ここ数日、夜には雨が降り、昼間は曇りか晴の日が多いです。

秋の稲刈りのあとに雨が降ると、
コンバインのわだちに水が溜まります。
b0126182_06442384.jpg

今年は、それでも土が固い状態で稲刈りしたのですが、
元々「粘土質」の土壌ですから、
土が軟らかいです。
雨が降ると、わだちがよく分かるので、
土の凹凸を足で踏んだりしながら直しつつ、
田んぼの中に水の通る溝を、溝堀機械で浅めの掘って、
田んぼに溜まった水を、排水します。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku


[PR]
by yoojie | 2016-11-10 06:43 | 田んぼのこと | Comments(0)

イネの花と葉の隠れている蚊トンボ



イネの花と葉の隠れている蚊トンボ。

b0126182_11042472.jpg



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-08-10 11:03 | 田んぼのこと | Comments(0)

イネの葉の隙間に見えた西の空の月

夕方のイネの葉の隙間に月が見えました。

b0126182_11022265.jpg

アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-08-06 11:01 | 田んぼのこと | Comments(0)