<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お客様からのご質問:放射線量について

お客様から、上越地域の放射線量について
ご質問をいただきました。


インターネット上にあったものですが、
新潟県内の数値を出しているものですので
添付いたします。

  新潟県は、南北に細長く小さな県の3つ分くらいはあるため
  行政的には「上越」「中越」「下越」「佐渡」と4つに区分されます。
  それぞれがひとつの県くらいの広さとお考えください。

  上越は、秋山農場のある上越市のほか妙高、糸魚川地域。
     (長野・富山に隣接)

  中越は、長岡市と魚沼地域。(長野・群馬・福島に隣接)

  下越は、新潟市と阿賀。(福島・山形に隣接)

1)放射線量モニターデータのまとめページ
https://sites.google.com/site/radmonitor311/niigata

 8月現在の放射線量は、佐渡だけが飛びぬけて低いものの
 心配には及ばないレベルと思われます。

 ただし、図の2枚目にあるとおり、
 県内でも魚沼地域だけは(むらさき色の線)、
 3月下旬の数値が上がっています。

 これは福島原発の爆発による放射線物質の飛散が
 魚沼地域まで及んだためと思われます。
 魚沼地域は峠を越えた向こう側が、福島の会津地方ですから
 新潟県内ではもっとも距離が近い地域です。

 これらから、現在の放射線量の数値よりも
 3月に飛んで来た放射線量がどの程度あり、
 それがその後にどのくらい残っているかの方が
 重要な指標になると思います。

2)新潟県発表 4月15日 県内の水田土壌中の放射性物質の調査結果について
http://www.bousai.pref.niigata.jp/contents/538/002280.html

 爆発から1ヵ月後の水田土壌の調査結果です。

 県内すべての地域からセシウム134は検出されておりません。
 137については福島県に近いほうから高く検出されております。

 国の指針 食品衛生法に基づく上限値
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/documents/inenosakutsuke.pdf

 これは土壌中 5000ベクレル/kgとなっており、
 それ以下ならば作付け可能、とするものです。


3)新潟県発表 農産物・畜産物・水産物の放射性物質の検査結果について
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/topics/t110322.html#農産物

 新潟県内の農産物では、3月18日~8月の期間で
 村上(下越)のお茶、つぼみ菜から検出がありましたが、
 新潟県産のそれ以外の農産物からは検出されておりません。
 
 また、食品衛生上も適合のレベルでした。

以上3点のデータから、
新潟県内では、危険なレベルの放射線量はいまだないこと。
農産物も安全である事が読み取れます。

しかしながら、これはあくまで、
・新潟県が情報を隠さず、正確な情報を流していること
・出て来た数値が、安全であるかどうかを判断する「基準値」が妥当であること
が前提です。

数値を測定しているのは
主に財団法人などの政府の外郭団体ですので
今年の3~4月の政府発表を思い起こせば
単純に信用は出来ません。

悪いデータはあとからあとから、出てきました。

でもだからといって、純粋な民間が調査している例は
残念ながらほとんどないようです。

自分たちで、ガイガーカウンターや食品分析機器を使って
放射性物質を測定する方法も考えられますが、
専門外なうえ、知識不足もあり現実にはかなり難しいです。
ガイガーカウンターでは簡易検査にしかならないとの指摘もあります。

個人的な意見をあえて言わせてもらえれば
各自治体が発表している放射線量数値は、
希望的観測が含まれた「望ましい数値」の可能性が大です。

また政府の示す「安全基準」は、これも絶対なものではありません。

福島原発で作業する人の安全基準が
春先に、100から250ミリシーベルトに引き上げられた例もあります。
根拠がよくわかりません。

また、安全基準が専門家によって変わるのも困ったものです。
一体、どの基準が正しいのだろう、と思います。
健康に関するデータが少ないのでしょう。
食品衛生法の上限5000ベクレルという数値は
正しいのか、正しくないのか。

基準値を越えたら危険、基準値を超えなければ安全と、
完全に線引きできるラインではないだろういうことだけはわかります。

秋山農場の今年のコメについて
「根拠のない安全宣言」は出しません。

健康面で、多少は問題があるかもしれないし、
まったくの問題がないかもしれない。
はっきりと線を引いて断定は出来ないのです。

今のところ上越市からも地元のJAからも、
「全量検査する」という話は来ておりませんし、
もちろん、抜き打ちで、なんらかの検査は
することにはなるのでしょうが、
あれこれと聞こえてくる、よそのコメの産地に比べると、
ずっとのんびりしているように思います。

逆に言えば、上越地域はそれだけ安全性に心配がない、不安がない
汚染がそこまで広がっていない
ということなのかもしれません。
これもよくわかりません。

出来ることは、私たちの知っているデータと、
私たちの考え方を公開し、
お客様に丁寧に伝えることです。


コメに放射線が出る場合
多くは、モミ・玄米のヌカ層に蓄積されます。
玄米を白米にするだけで約57~69%除去されると
いわれています。



よろしくご検討のほどお願い申し上げます。


今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。


この度は、お問合せありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

アフコ・秋山直樹 秋山由季
[PR]
by yoojie | 2011-08-23 09:22 | お仕事の話 | Comments(0)

連日の雨は秋雨前線の影響で→気温が下がって→水を抜いた。

雨が降っている。
秋雨前線が来たという。

雨が降ると涼しくなるから
イネも人も一休みできていいですね。

激しく降った雨が一段落したので
田んぼの水を落としに行く。

b0126182_108017.jpg


やわらかい田んぼには、
上畦側に溝を作っておく。
そうすると、上の田んぼから
しみて来る水が自分の田んぼに入るのを
防ぐことができます。

雨の後のイネは、しっとりとして色っぽい。
[PR]
by yoojie | 2011-08-19 10:05 | 田んぼのこと | Comments(0)

キッチン・ハーブ=スイートバジル→双葉が出てきた。

種を撒いてから4日目。
双葉になった。

気温が30℃前後で
湿度がしっかりとある土なので
栄養分の高いところはカビが出てきた。
種に悪い影響を与えないものかと
心配してきたのですが
植物は、実にたくましく
少々のカビなど気にも留めない様子です。

b0126182_937560.jpg



バジルは双葉の頃からバジルの香りがする。
そして、葉っぱの形も丸っこい。
芽を出した頃から、種の特徴が出てくるのですね。

茎がもう少し成長して、6葉くらいになったら
植木鉢に植え替えようと思います。
[PR]
by yoojie | 2011-08-19 09:34 | 植物を育てたり | Comments(0)

味噌汁日記 オクラと豆腐

b0126182_1029360.jpg


夏においしい味噌汁に
オクラがあります。

微妙に汁全体にとろみがつき
ねばねばシャッキとするくらい
火の通しは浅くていいと思います。

かつおの出汁で
豆腐もたっっぷり入れて
食べる味噌汁にします。
キヌコシ豆腐を使えば
ツルツルとした食感が
更に夏らしくて良いですね。
[PR]
by yoojie | 2011-08-18 10:28 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記 夕顔とワカメ

b0126182_10114870.jpg



夕顔とワカメは
そのまま酢の物にしても
おいしい組合せです。

ツルツル・プルンとした食感が
夏らしい、食べやすい夕顔。

出汁は、昆布としいたけ
味噌は一年味噌を薄目にとく。

刻んだミョウガが入ると完璧だったのですが
ミョウガはまだ、なっていなかったので
シソを添えて香りを足した。
[PR]
by yoojie | 2011-08-18 10:10 | 味噌汁日記 | Comments(0)

バジルの種をもらったので撒いてみる。

初夏の頃に植えたスイートバジルの苗は
たくさんの香りの強い葉が採れた。

しかし、庭の草刈と共に刈り倒してしまった。
・・・しまった。

室内で、育てるなら今から種を撒いても
数枚くらいは葉が採れるだろう。
やはり、フレッシュのハーブは香りが良いから。

種を、おまけでもらったので撒いてみる。
キッチン・ハーブですね。

昨日撒いた種は、
水を含んだ土の上に置くとゼリーのようなまくを作った。

b0126182_9284414.jpg



種というのは、いつも不思議な構造で
発芽するタイミングになるまでは
固いカラで覆われているのに
気温や湿度など、
発芽のタイミングとピタリと合うと
殻が柔らかくなり、
種のなかで眠っていた命を吹き返す。

スイートバジルの種は半透明な
柔らかいゼリーをまとい、
発芽の準備が整ったようだ。
キッチン・ハーブの利点は
種から植物の観察もできること。

夏休みの、自由研究みたいだな。
[PR]
by yoojie | 2011-08-16 09:21 | 植物を育てたり | Comments(0)

味噌汁日記 ワカメと豆腐と青シソ

b0126182_1042834.jpg



一年熟成の確然も
熟成がしっかり進んでコクと旨味が
増しました。
そのため出汁は、薄くて大丈夫。

豆腐は普段もめん豆腐を使いますが
夏はキヌコシ豆腐でつるつると
いただくのも良いです。

青シソは、庭から摘んできます。
[PR]
by yoojie | 2011-08-15 10:41 | 味噌汁日記 | Comments(0)

子供の話:海水浴→アルビ観戦と典型的な日曜日

お盆ということもあるのか
海には人が一杯いる。

暑い。またしても35℃を越えている。
砂浜は焼けていて
足が火ぶくれになりそうなほど暑い。
太陽の光は強いのだな、と改めて思う。

西鯨波海水浴場は、海の水が澄んでいて
小さな魚がたくさん泳いでいる。
砂浜があり、岩場もある。
岩の隙間には「ウニ」なんかがいる。

b0126182_9564171.jpg



海は、深いのでちょっと泳ぎ始めると
すぐに大人も足が届かなくなる。
浮き輪をもっていないので
自力で泳ぐより仕方がないのですが
自信がないからと、流されてきたらしい
丸太に捕まって広い海に泳ぎだす。
「丸太がなかなか進まない。」
と言って、途中で丸太を放してしまい
自力で泳いでいる。
そうそう、泳ぎって、そうやって覚えるものだよね。

暑い暑いといって
水場で身体を洗ってビッグスワンに向かう。
新潟対浦和

b0126182_1012168.jpg


なんなんだ。浦和は猛攻じゃないか。

b0126182_1014918.jpg



あーあ、と空を見上げたら月が出ている。
前の連勝で期待した私たち。
お盆で、連勝で、お客さんもたくさん入ったが、
アルビは負けてしまった。
残念だ。
[PR]
by yoojie | 2011-08-14 09:52 | 子どもの話 | Comments(0)

曇りの日の朝日は角度によって写ったり写らなかったりする


朝日の写真を撮ろうとしたら
曇りの日だったからか写らない

b0126182_1074535.jpg



おや?と思って角度を変えてもう一枚

b0126182_1081583.jpg


ちょっと、写った。モードを変えて

b0126182_1084131.jpg


太陽が曇りの日には写りにくいんですね。
個人的には太陽なしの
ボンヤリした光が趣があって好きですが。
[PR]
by yoojie | 2011-08-12 10:03 | 日本海 | Comments(0)

味噌汁日記 おフとワカメと大根

b0126182_1016632.jpg



冷蔵庫の中で大根がしおれてしまったので
少々水に戻して味噌汁の具にした。
大根の味噌汁よりは
切干大根の味噌汁のような食感になる

シャキッとした食感のワカメと
とろけるような食感のお麩

食感の違いがあるモノと組み合わせると
冷蔵庫の掃除と言いながらも
食べ応えのある味噌汁になります。
[PR]
by yoojie | 2011-08-11 10:15 | 味噌汁日記 | Comments(0)