<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

肌に当たるのが気にならないほどの霧雨の昼間。

この雨は、9月に降ることが多いのではないかな。
もう、12月になろうかという時期には
ちょっとめずらしい降り方。


b0126182_10423934.jpg



降っているのか、降っていないのかといえば、
確かに降っている、霧のような雨。
外にいれば、そのうち濡れるのだけど
傘を差そうとは思わないほどの霧雨。


日本画でありそうな色ですね。
絵の具で出そうとしても
なかなかでないような灰色。
[PR]
by yoojie | 2011-11-30 10:39 | 散歩道 | Comments(0)

冬の準備はあちこちで進んでいるようだ。

もうすぐ雪の季節です。
準備はできましたか?

年々、雪が少なくなるとは言うものの
昨年の大雪では2mも積もりましたね。
まだまだ立派な雪国です。

この時期の街なかは、
ざわざわとした雰囲気があり
結構好きです。


b0126182_10265785.jpg


交差点のすぐ脇の家なのですが
軒下にトラクターと除雪機が
収納してあります。
おそらく、雪が積もったら
除雪機で飛ばし、トラクターで運ぶものと思われます。


b0126182_1029454.jpg


おなじみの大根干し。
大根の写真ばっかりでくどい。
といわれるのですが
どうも、大根の写真がすきなんですね。
季節感と生活感の入り混じった香りがたまらんのですな。

この方、何本の沢庵を漬けるのでしょうね。
ヌカと柿の皮を使って漬けるのが
このあたりの沢庵です。
冬中かけて食べる、貴重な食料であり塩分であります。

昔ながらの風景ばかりが良いわけではないのですが
ある地方に特有の
毎年の、決まったパターンというのは
見る者にある種の安心感を与えるのかもしれないですね。
[PR]
by yoojie | 2011-11-28 10:24 | 田舎暮らし | Comments(0)

子供の話:ジュニア展を観に行きました

子供が新潟県の絵の作品展で
入賞したというので観に行きました。
ご存知、新潟県は縦に長いのです。
上越市に住んでいますので
展覧会のある新潟市まで行くのは
3時間ほどかかります。
ちょっと観に行く、には遠すぎる気もしますね。

b0126182_9512258.jpg


晴れた気持ちの良い朝ですので
ドライブするには気持ちが良い。

せっかく出かけるので
新潟市のイオンで行われている
ポケモンのゲームバトルの練習試合に参加することにしました。
遠いですからね、用事の組合せが大事なのです。

お昼を食べて、さて、行きますか。
会場が、大きい。看板が、立派。

b0126182_9543892.jpg


なんか、立派な展覧会なので驚く。
保育園の作品から順番に並んでいる。
なかなか皆さん力作ですなぁ。

b0126182_9555525.jpg


「オレのこっちにあったし。」
「君、結構すごい賞もらったんだねぇ。」
「あのねぇ、しらさぎ描いたんだよ。」
「これが、たっくんとオレ。」
「車輪はねぇ、黒と藍色を混ぜて塗って、
ティッシュでちょんちょんってふき取ったんだ。」
「えっぇ、君、そんなワザ使えんの?」
「オレの絵が一番いい。」
「上手にかけたねぇ。」

夏休みの思い出、というテーマで
学校の図工の時間に描いたそうです。
おじいちゃんの家に行くのに
今年は、兄と二人で電車に乗っていきました。
楽しかったんだろうなぁ。
「オレ、楽しかったし。」
が、全面に出ているところが評価されたと
評論に載っていました。
子供らしい作品なのだそうです。

会場を歩くと、確かにもっと上手な絵があります。
絵を選ぶ人の好みもあると思うのですが
上手なだけでは特賞までは行かないのかもしれないですね。
まぁ、確かに全体のバランスがよく、パンチの効いた作品でした。

会場には、保育園から中三までの作品が並んでいます。
小学生は、学年が上がるごとに作品に力がこもってきますが
中学生は、一・二年の作品はひどい。
何となく、型にはめようとしているのか
自由な作品も個性的な作品もほとんどない。
なんだか、突然下手になる感じ。
ところが三年生になると何かが吹っ切れるのか
とても力のある作品になる。
個性が出てきて、芸術性のあるものまである。
情緒的なものを作品に込める力が出てくる。

多くの作品を通して
子供が成長していく過程を見せてもらった気がする。
たまたま観に行ったのですが
結構いいものを見せてもらった。


b0126182_1094577.jpg


外に出ると、真っ暗に近い夕暮れ。
まだ、五時なんだけどね。
[PR]
by yoojie | 2011-11-27 09:47 | 子どもの話 | Comments(0)

白菜の収穫は、雪が降る前にね。

畑団地はこのところにぎわっています。
大根の収穫や白菜の収穫
野沢菜もとらないといけないし
セロリにコートも着せないといけない。


b0126182_1020158.jpg



畑の側まで軽トラを横付けし
収穫物を積み込んでいます。
なに、なに、何を積み込んでいるのかな。

カメラの照準を望遠にする。

b0126182_10192814.jpg


ゴロゴロ転がる白菜の収穫でした。
[PR]
by yoojie | 2011-11-26 10:17 | 田舎暮らし | Comments(0)

白菜の浅漬け

白菜が甘くなってきましたね。
気温が下がると白菜が甘味を増すような感じがします。
甘くなってきた白菜を塩と昆布で
浅漬けにしました。

b0126182_1115759.jpg



材料は、白菜+塩+細切り昆布+ニンニク+ユズの皮

これらをボウルでよく混ぜて
ビニール袋に入れて空気を抜き一晩寝かせます。

朝ごはんに美味しいサッパリ漬け物です。
[PR]
by yoojie | 2011-11-25 11:13 | 味噌汁日記 | Comments(0)

大根干しの季節になりました

秋の素敵な風景に「大根干し」があります。

素敵な、という表現が正しいかどうかは疑問ですが。


b0126182_11212236.jpg



独特の生活感がいい雰囲気を出していませんか?
他人の家の庭先を
ちょっと失礼してカメラで切り取ります。

組まれた木は、雪が降る頃には
板がはめ込まれて
窓を守る雪囲いとなります。
その下の木の棚?には盆栽がおさまります。
この家は、実に合理的に木枠を使いまわしています。


b0126182_11251443.jpg



野沢菜も洗って干しています。
太陽に当てて余分な水分を飛ばし
日光消毒をしているのです。

この野沢菜漬けがまた、うまいんだ。
冬の準備が着々と進んでいます。
[PR]
by yoojie | 2011-11-24 11:18 | 散歩道 | Comments(0)

秋晴れの空に紅葉の山に冠雪のある山と盛りだくさんだ

田んぼに行く途中の農道で
山の写真を撮りました。

b0126182_937277.jpg


久々の晴れです。
田んぼにコメヌカを撒きに行きました。
雨の後なので、
撒いたコヌカが発酵しやすいかな、
などと微妙な計算もあったりします。

室内にいるときは暖房が必要なのに
外に出てちょっと動くと汗が出ます。
コヌカを撒いて、溝堀をして
久々にちゃんと身体を動かした気がします。
[PR]
by yoojie | 2011-11-22 09:34 | 散歩道 | Comments(0)

味噌汁日記 ナメコと豆腐+ユズの皮

b0126182_11351291.jpg


秋から冬にかけてナメコが美味しいですね。
ナメコのとろりとした汁は
身体をホカホカ温めてくれます。
ナメコと相性がいいのは豆腐。
そこにユズの皮で香りを足すと
冬が来たなぁと思います。

お昼ごはんは、ゴボウと鳥の混ぜごはん。
ナメコと豆腐の味噌汁と
キウリの浅漬けがつきました。
[PR]
by yoojie | 2011-11-21 11:33 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記 菜っ葉とお豆腐とえのき

b0126182_1171597.jpg



秋口の菜っ葉は露地物もあり
葉が柔らかく美味しいですね。
葉の色が濃すぎるものは
「えぐみ」があるので
なるべく葉色の薄い
茎のしっかりしたものを選びます。

菜っ葉はごま油で炒めて
えのきを入れてひと混ぜし
そこにだし汁を注ぎます。
沸騰したら豆腐を加えて
更に沸騰寸前で味噌を溶きます。

味噌は新みそにほんのちょっとだけ
2004年濃熟を足しました。
サッパリ感を残しつつ
味が複雑になります。
[PR]
by yoojie | 2011-11-17 11:06 | 味噌汁日記 | Comments(0)

スキー場から割引チケットが届く

そろそろスキーシーズンである。
近いところで車で約30分の場所に
スキー場があるため
冬はスキーに行くことが多い。

スキー場で休憩しながらアンケートに
答えたりしていたら、
シーズンが始まるのでまた来てね、
と、数件のスキー場から割引案内が来ました。

b0126182_1134334.jpg


雪の深い地域ですから
冬の間は球技などが外でできません。
それは一つのハンディなのですが
スキーなど、別の種目が楽しめるのは
良い点ですね。
[PR]
by yoojie | 2011-11-16 11:00 | 日本海 | Comments(0)