<   2012年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

アルビレックス新潟、やっぱり降格か。

アルビレックス新潟VSサガン鳥栖

b0126182_2310154.jpg


サガン鳥栖は、二部から上がってきて
J1で9位の上昇チーム。

監督が、ユンジョンファン、
セレッソが二部に落ちた時
「悔しくて辞めれないよ。」といいながら
すぐにセレッソをやめた、あのユンさん。
いい選手で、セレッソの頃からまぁまぁ好き。
監督としては、えー、すごい、いい監督。

知らない選手ばっかりの鳥栖。
ディフェンスが、変わっている。
全部、ゾーンで守る。
アルビはただでさえ点が取れないのに
全くペナルティエリアにさえ近づけないじゃないか。

ユンさん、頼むよ。

開始早々に、意味もなくゴールを決められるアルビ。
あー。

なんというか、うまくいかない時は
全くうまくいかないもので、

東口も、大輔も、菊池もいない。

キムジンスは徹底的に狙われるし、
シュートコースはどこにもないし、
どうも、監督の腕が鳥栖のほうが数枚上手な感じです。

結果は、0-2。
寒さがしみます。

来年は、どうも、J2に行くらしいです。
もう、自力では残留できないと。あらら。

しばらくは、J2か。ふー。

しかし、鳥栖のディフェンスは上手かったな。
アルビのふがいなさを抜いてもいいチームでした。
タレントがいない分、チーム力を上げて戦う、という
チーム全体のまとまりが上手く機能していたように思います。
堅い守備の好きな私としては、
かなり、好みのチームです。

J1見納めかぁ。

新潟唯一のスポーツ・チーム。
応援してきたのでとても残念です。
[PR]
by yoojie | 2012-10-27 23:06 | かるいおでかけ | Comments(0)

ランチでフレンチ

車でちょっと行ける距離にあるフレンチレストランに行きました。
何度か、入り口の前を車で素通りしていて
看板と入り口が気になっていた。

フィーヌ・ゼルブ

入ってみると、アレ?結婚式場?

b0126182_22534193.jpg


ランチもやってます。とのこと。
良かった。

前菜の変わりにサラダ・バーがあります。
パリッとしていて野菜がおいしい。

b0126182_2256312.jpg


地鶏とナッツ。相方は秋刀魚のパスタ。

ポカポカと日が当たって、広くて、とてもいい気持ち。

なんか、デートしてるみたい。



b0126182_2257149.jpg


デザートは、アップルパイとかぼちゃのモンブラン。

かぼちゃのほうが、美味しかったです。

「全体に、コストパフォーマンスがかなり満足。」
「金額的に、すごく安いかも。」
「けっこう、美味しいし。」

フレンチ、なぜか「ライス」のない店が多い。
うーん。
今日の地鶏もごはんで食べても美味しいのになぁ。
ライスはおしゃれじゃないのか?
ごはんは、ごはんでおなかいっぱいになり過ぎるのか?

シェフ。
女性向けのお店なら、
こういうごはんを付けてみてはいかがでしょうか?

b0126182_233987.jpg

[PR]
by yoojie | 2012-10-26 23:05 | かるいおでかけ | Comments(0)

快晴の朝、山には雪が積もっていました。→なんか速い。

イネというのはとても強い植物で、
というか、植物は強くたくましく生きているもので、
稲刈りが終わった後の切り株から、
葉が出てそれに、小さな穂がついています。


b0126182_10132057.jpg



見えますか?
小さな穂。


人間が手がけて、食料として食べるおコメに育てるのには
種まきから刈り取りまで、約半年ほどかかります。

でも、この、切り株から出てきた小さい穂は、
一ヶ月くらいの成長で穂をつけてしまう。
気温とか、栄養不足とか、色々な危機的情報をキャッチして
残った体力で、急いで種を残そうとするのでしょうか。


この穂は、栄養分が足りないため、
いわゆる「おコメ」と呼ばれる状態にまではなりません。

その手前、くらいまで実を膨らまそうとしたところで
雪が降ってしまう、というのも途中で死んでしまう原因の一つですね。


b0126182_1064035.jpg



今朝、山に今年最初の冠雪を確認。
イネも雑草も、一年草は、
春の適切な気温と、水分を確認したらすぐに発芽できるようにと、
種をたくさん飛ばしています。


落とした種は、確実な世代交代が行われている。
強い生命力と計算能力を持って。


当たり前のことなのですが、
当たり前のことに、毎年不思議だなぁ、と感じます。
[PR]
by yoojie | 2012-10-25 10:04 | 散歩道 | Comments(0)

新みそ販売開始いたしました

お待たせいたしました。
2012年厳冬期に仕込みました「新みそ」の販売を開始いたしました。

「新みそ」として販売する期間は
2012年10月現在より2013年2月までの
期間限定です。


生みそですので、時間と共に熟成が深まっていきます。

熟成期間が

   半年以上 一年未満・・・「新みそ」
   一年以上 二年未満・・・「確 然」
   二年以上     ・・・「濃 熟」

と、商品名が熟成期間によって変わります。


b0126182_2275794.jpg



熟成期間が長くなるほど微生物の働きも複雑になり
味も香りも微生物によって変化していきます。
二種類・三種類の味噌を食べ比べたり、
混ぜて使ってみたりするのも、良いですね。


b0126182_22114798.jpg



【 新みそで楽しむ 味噌おにぎり 】

1.おにぎりを小さめに、にぎる。
2.おにぎりの表面に「新みそ」を適量ぬる。


寝覚めの悪い日の、朝ごはんにすると食べやすいです。

小さなお子様のおやつにも、最適です。

そのままお茶漬けにすると、お酒のあとの締めごはんに最適です。


ご注文はこちらから http://www.afco.jp/total/totalform.htm
[PR]
by yoojie | 2012-10-23 22:01 | お仕事の話 | Comments(0)

味噌汁日記:卵、わかめ、長ネギのお汁

b0126182_2252698.jpg


卵の汁物は、ちょっと上等な気がする。

レバニラがおいしかったので一言。

レバーはきちんと地抜きすること。
薄く切ったレバーに下味をつけておいて
アブラで揚げてから、レバニラにします。
揚げたレバーは、焼いたレバーよりも
臭みが無く、食感もよろしいようです。
[PR]
by yoojie | 2012-10-22 22:04 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お茶漬け日記:ミョウガの漬物のお茶漬け

b0126182_21435520.jpg


秋ミョウガが採れると、
酢漬けにすることが多い。

長持ちすることと、
漬物にしたほうがおいしいから、と。

酢と、唐辛子と、山椒の実と、コリアンダーシード。
コリアンダーシードを入れてみたので、少し洋風な風味になる。

まぁ、それでもよろしいでしょう。
細かく刻んで、お茶漬けにのっけて食べました。

小腹が空いた、夕方のおやつ。
[PR]
by yoojie | 2012-10-21 21:42 | 味噌汁日記 | Comments(0)

子供の話:読書の秋

柔らかい秋の日差しの昼間、
気温は20℃を超えて、暑いほど。
夕方まで、しっかりと気温の暑さが残ります。

夜になっても、微妙にあたたかい。
たたみに寝転がって、
一人が半そで短パン、もう一人が長袖長ズボン。
季節の変わり目を感じます。

秋の夜長は読書の時間ですな。
呼んでる本は、一人はキャプテン翼
もう一人がかいけつゾロリですな。

b0126182_21251724.jpg



本、よく読みます。
二週間に1回、市の図書館に行きまして
本を20冊借りてきます。
読む本もあれば、読まずに返すものもあります。
低学年の頃は、
私が適当に子供の趣味を考えながら借りてきていたのですが、
高学年になると、自分で読みたい本を選びます。
面白そうな本もあれば、
ふーん、そんな本読むんだ。
と、思える本もあり、面白いです。

読んだ本の題名をノートに書いています。
今月は、何冊読んだ、あと二冊読むと何冊目になる、
と、数えながら読みます。
[PR]
by yoojie | 2012-10-20 21:19 | 子どもの話 | Comments(0)

メカブとろろ梅味→シソの実のせ

b0126182_21584315.jpg


酒のつまみにも、いいのですが
ごはんにのっけて食べると最高。

メカブ 小さい一パック
長いも 3cm程度 細切りに
梅干  2個 細切りに
シソの実 少々

混ぜます。出来上がり。
デトックス効果が抜群です。

つるつる食べれます。
[PR]
by yoojie | 2012-10-19 21:54 | ぬか漬け日記 | Comments(0)

シソの実の塩漬け→夜、もぐ。→塩に漬ける→塩で重石

シソの実をもいだ。
小さいので、結構時間がかかります。

b0126182_2239658.jpg


実をもぐ。
洗う。
熱湯をサッとかける。
塩をもみこむ。
ビンに詰め込む。
塩でふたをする。
更に袋に入れた塩で重石する。
ふたをぎゅっと閉める。

1週間もすると、シソの実の塩漬けが出来上がります。
お漬物に混ぜ込んだり、
お茶漬けにしたり、
お料理のアクセントとしたり。
色々と使えます。
[PR]
by yoojie | 2012-10-18 22:34 | ぬか漬け日記 | Comments(0)

晴れのち曇りのち大嵐

秋の空と言えば。

女心と秋の空。
昔、国語の先生に、実は「男心と秋の空だったのだ、」と聞いた。
ふむふむ。

【女心と秋の空の解説】
【注釈】 「男心と秋の空」を女心に変えたもの。
「男心と秋の空」は主に女性に対する男性の愛情が変わりやすいことをいうが、
「女心と秋の空」は男性に対する愛情に限らず、感情の起伏が激しいことや
移り気なことをいう。


今朝10時の気温は25℃。雲ひとつない青い空で
外にいると、汗ばむほどでした。
一転して、午後1時。急に雲がわいたな、と思ったら
ボツボツボツ、と、大粒の雨が落ちてきまして、
風が強く吹き、大雨大風の大嵐。
夕方には、気温が17℃になってしまった。

セーターを出して、夕飯は鍋料理を準備してしまった。

男心でも、女心でも、こんなに変わると
本人も困るだろう。

b0126182_9143115.jpg

[PR]
by yoojie | 2012-10-17 09:06 | 田舎暮らし | Comments(1)