<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2月28日:誰かが歩いた。






                  満月の少し欠けたる夕方に

                  誰が歩いた 君どこに行く



b0126182_1194717.jpg




まぁ、多分、狸か猫の足跡だと思うのですが。
そろそろ雪の少ないところからとけてくるので
植木の根元は土があり、落ち葉が落ちていて
動物が眠るにはあたたかくていいところなのです。

周りを雪の壁で囲まれているので
風も吹かないし、いい寝場所だな。
と、いう所でしょうか。
[PR]
by yoojie | 2013-02-28 11:08 | 雪のある暮らし | Comments(0)

丸干メギス第1回のお届けは完売につき、第2回のお届け日について

丸干メギスの第1回目のお届けは完売につき、
第2回目のお届けについてのご予約注文を承っております。
ありがとうございます。

只今ご予約中のお客様には
お待たせいたしまして誠に申し訳ございません。
自然の産物として、少しお時間いただけると幸いです。

お届けする丸干メギスの「はし」といいますか
「はね」といいますか、商品外にはねたもの、
私も味見してみました。
(お待ちいただいているお客様には恐縮なのですが)


b0126182_922199.jpg



今年も、いい味です。
朝ごはんに食べたり、酒のつまみにちょうど良いですね。
細かく刻んでお茶漬けにしてもかなりいけます。
わさびと、三つ葉なんか添えると料亭風です。


頭の部分がカクッと曲がっているのは、
えらの所から口にかけて、棒で刺してつるして干したためですね。
グロテスク、といってしまえばそれまでなのですが、
「手仕事」の証なのであります。


私、個人的にも小さい魚、好きなのです。
少し、食べ比べてみました。


下から、ししゃも・背黒いわし・丸干メギス です。

b0126182_9244532.jpg


まぁ当然、自社商品ですから、
丸干メギスを贔屓目に見てしまう傾向は大いにありますが。


ししゃも:魚卵の食感を楽しむ魚なので、魚の味というよりは
     卵が優先的。味は薄め。骨は気にならない。
     魚焼き(グリル)中火で焼いた。

背黒いわし:味が濃く、苦味が強い。舌に刺すような刺激がある。
      全体に油がのっていて、パンチが強い。
      骨は気にならない。頭からバリバリ食べれる。
      魚焼き(グリル)中火で焼いた。

丸干メギス:白身の淡白な味わいに、甘味がジワリとしみでてくる感じ。
      ワタ(はら)の部分に独特の風味があり、かんでいると
      フワッと苦味がある。
      骨は気にならない。頭からバリバリ食べれる。      
      フライパン弱火で焼いた。

メギスは肉食で、冷たい水を求めて北上してくるところを捕まえるせいか、
干してある魚のせいか、身がしまっている旨味があるのです。
地元の魚なので、生のメギスも丸干メギスも食べますが、
干物のほうが、旨味が凝縮していて美味です。

干すという作業は、
日持ちさせる為に干す、というのもありますが、
メギスの場合、干したほうが美味しいから干す、
という干物だと思います。

春になってしまうと、自然な干物はおしまいになります。
海から吹く、冷たい風で自然に乾燥させるところも
美味しさのポイントなのです。

あと、数回、お届け可能です。
まだ、ご予約を承ります。
ご注文心よりお待ちいたしております。

http://www.afco.jp/total/megisu.htm

ご注文はこちらからお願いいたします。
[PR]
by yoojie | 2013-02-27 09:57 | お仕事の話 | Comments(0)

【 丸干メギスのご注文承ります 】

冬と春の境目の季節が旬の味の
「丸干しメギス」のご案内です。


能生の漁港でメギスの水揚げが始まりました。

船が漁に出て、水揚げした日に一晩塩漬けします。
次の日に海からの冷たい風で干して作ります。

丸干メギスは、一夜干しですので
柔らかな食感を楽しめます。

あまり大きいものでは大味になるので
味の濃い、頭から尻尾まで食べれる
小さめから中くらいの大きさのメギスを厳選しています。

浜で育った漁師さんやおばちゃん達が
昔から好んで食べている自然な味わい。

冬の魚の持つ、
ジンワリ口の中に広がる甘味と
ほんのりとコクを含んだ少々の苦味が
豊かな深い味を楽しんでいただけます。

ごはんのお供に。
酒の肴に。
おやつの時間のお茶請けとして。

塩で漬けて干す。
シンプルなのに深い味わい。
もちろん、無添加です。



少量の限定品なので、
ご希望の方はお早めのご注文をお願いいたします。

「丸干メギス」  10本入り 480円(税込・送料別)

「丸干メギス」  25本入り 1,050円(税込・送料別)


■詳細は、こちらまで。
 http://www.afco.jp/total/megisu.htm
 こちらからはショッピングカートを使って
 ご注文いただけます。


このメールを返信メールとしてのご注文も受付けております。
下記の項目をコピーペーストしてご注文ください。

1.お名前
2.ご住所
3.お電話番号
4.丸干メギス 10本入り       袋
 丸干メギス 25本入り       袋


■お電話・FAXでもご注文を受付けております。

  電話:0255-78-4157 FAX:0255-78-4654

ご注文お待ちいたしております。




【お届日について】

丸干メギスは、一夜干しのため、
お届準備が整い次第の発送となります。
ご注文をいただいた順に順次発送手配をいたします。
ご了承下さい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★ちょこっと見せます★ 

『焼いた丸干メギス』


b0126182_225661.jpg



全長が15~18cm程
白身の淡白な味わいと
ジワッとしみ出るような
独特の風味が楽しめます



記:秋山 由季
*ご意見ご要望ご感想など、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
[PR]
by yoojie | 2013-02-23 22:08 | お仕事の話 | Comments(0)

寒波が来たらしいですね。光はやわらかくなりましたけどね。

あたたかい日が増えてきました。
そのゆり戻しのような寒波です。
朝、起きたら積雪20cmほどでしょうか。
気温が低いらしく、
細かなパウダーのような雪がふんわりと積もっています。

b0126182_2218079.jpg


朝の光が、もうやわらかく明るくいので
冬と違う色の雪景色になります。

脚立に積もった雪。

b0126182_22252569.jpg


なぜか、脚立やバケツやブロックなどに積もる雪が好きです。
野球のボールや、自転車に積もった雪もいい。
軽トラも、雪が積もると普段より少し憂いがあるように見えませんか?
・・・見えないか。

b0126182_22274155.jpg


地下から水をくみ上げて雪を消す。
これも、今年最後かな?
いやいやゴクローさん。
来年もヨロシクお願いします。

もう、コレで最後の積雪かと思うと
ホッとするような、いや少しさびしいような、
じゃ、さいなら、みたいな。
[PR]
by yoojie | 2013-02-22 22:13 | 雪のある暮らし | Comments(0)

鍋料理の今日この頃:最近の好きな味付け

そろそろあったかくなったなぁなどと思っていたのですが
今日は、猛烈に寒いです。
ここ二~三日全国的に寒いようですね。

寒い日は、お鍋。鍋料理が食べたい。
「お鍋」の味付けにはマイブームがありまして
今年のお気に入りの味付けは、
最初から味がついているちゃんこ鍋風。

b0126182_20585868.jpg




○ 骨付肉と昆布で出汁をとる
○出汁をとるときににんにくとしょうがとクコの実を少々入れる。
○ごぼうやにんじんなど根菜など野菜出汁のでる野菜を多めに入れる。
○白菜を鍋いっっぱいになるほど入れる。
○塩麹とめんつゆの組み合わせで味を調える。


しらたきや、青い葉物野菜や、豆腐や油揚げなど
細かい具材は、その日によって変わりますが。

今日は、身体を温めるためにもスープをたくさんいただけるよう
たけのこを加えてスープに旨味をプラスしてみました。

「たけのこが入ってるの変わってるね。」

たけのこ入れたので、本当はごま油を少したらしたかったのですが
油揚げが入ったので、入れませんでした。

「油揚げがいっぱい入ってるんだけど、巾着はないの?」

おお、巾着は、思いつかなかったな。今度入れましょう。

「肉は入ってないの?」

肉だんご、よく火が通るように沈んでいます。

あつっ。はふはふ。

寒くて震える夜は、お鍋が美味しくいただけます。
[PR]
by yoojie | 2013-02-20 21:14 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お客様の声:梅の便りが聞かれる頃となりました

梅の便りが聞かれる頃となりましたが、まだまだ寒い日が続いています。

本年度初回のお米、有難うございました。今年も宜しくお願いします。

早速、美味しくいただいております。

「秋山さんのお米は本当に美味しいなあ」が、食事毎の口癖になった感想です。

工場生産品のように、調味料や添加物を加えて味を良くすることができない農産物、

たねの品種、播種時期、人為的にままならない自然条件・気温や水温・降水量・

日照時間・風水害、また、雑草や病虫害、肥料の種類や施肥の時期、

土の改良等など管理が大変です。

一粒の米の味は、口にするまで分からないもどかしさがありますね。

秋山さんの普段の研究と経験則とで米作りがなされるのでしょうが、

「日本一美味しいお米。安心安全」と言う評価を得るまでには、

一年を通して苦労が耐えないと思います。

「美味しいお米」が当たりまえになっている我が家ですが、

たまに外食して、改めて秋山さんのお米の美味しさを思い知らされます。

有難うございます。

「フロム田んぼ」読ませていただきました。

いろいろな微生物の力で様々な食品が作られます。

影の主役、微生物の力は凄いですね。

暮にいただいた米糠で漬けた大根、今年は上手く発酵して美味しく仕上がりました。

今朝は、庭のバケツの水が、今冬一番の厚さ(3~4mm)に結氷しました。

外の水道蛇口から短い氷柱が下がっていました。

雪国の方から見ればかわいいものですね。

除雪、雪下ろしなど大変だと思いますが、どうぞご自愛ください。



□スタッフより

いつもご丁寧なお便りをありがとうございます。
自然や食のこと、一緒に考えていただいているような
そんなお便りでしたので、ご紹介させていただきました。
フロム田んぼ、ご感想をいただけること
とても嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

b0126182_9164996.jpg

画像は2010年3月のものです。
新潟に梅の香りが漂うのは卒業式のシーズンの頃でしょうか。






Nさんより
[PR]
by yoojie | 2013-02-18 09:26 | お客様の声 | Comments(0)

五花茶を飲む:春先は、花のお茶をいただくことが多いです

お正月に旅行に行ったときに
漢方薬のお店で入手した五花茶

b0126182_10575894.jpg



色々な効能があるのですが
私、個人的には「菊」の効能がよいように感じます。
ただ、菊だけよりは、混ざっているほうが良いみたい。
香りを充分に楽しみ、
水の変わりに一日かけて1リットル分くらい飲みます。

気圧や気温があまりにも変わりすぎることと関係があると思うのですが
春の始まりは、なんとなく肌の調子がおかしかったり
だるくなったりしませんか?
ちょっと、気候に体調が振り回されてるかな?
というときに、いただきます。


b0126182_1113493.jpg



花粉症に効く甜茶もバラ科のお茶なので
私的には、花系のお茶は身体に合うのかもしれないですね。
食べ物も、飲み物も、個人差があり合う合わないがあるようです。
自分に合っているものを見つけると
年齢を重ねることや季節が変わることにも
軽やかに楽しんで過ごせるようになりますね。
[PR]
by yoojie | 2013-02-14 10:48 | お茶の時間 | Comments(0)

日曜日スキーに行きました→今シーズンで一番の混雑→ウィンタースポーツいいよね。

日曜日、またしてもスキーに行きました。
このところのお気に入りは、杉の原スキー場

ゴンドラが、ものすごく景色がよいのです。
初心者には、ちと、きつい感もありますが
なだらかなコースを選べばなんとか・・・。

2月の連休ということもあり、
スキー場のスタッフの方の言葉を借りれば
「半端なく混んでる」。
こんなにお客さんがいっぱいいるのはじめてみました。

他のスキー場でもやっているのでしょうか?
ゴンドラの広告で見つけた「雪マジ!19」
すごい、お得なプラン。

そうそう、スキーってスピードがあり、
ゲレンデの開放感があり、おしゃれ感もあり、
わざわざ行くぞ、のイベント感もあり、
楽しいスポーツなのですが、
19歳くらいまでに一旦はじめておかないと
その後は、始めにくいスポーツでもあるかもしれない。
ただ、19才くらいまでに何回か滑っておくと、
その後は、何度も来てくれるだろうし、
子供ができれば、親子で来るようになるでしょうし、
シニアになったら、またシニア割りで来てくれるかもしれない。

19才を囲い込む、というのは、いい考えですね。
飛行機と一緒で、ゴンドラも空気を運ぶよりは
安くてもただでも人を乗せて動かすほうがよさそうです。

すでに子供のリフト代は0円。
スキー場の経営も楽ではないですな。
せめて、昼ごはんでもスキー場のレストランで食べるとしましょう。
ちなみに、私が使ったクーポンは、リフト+1。

リフト待ちの時間に、19才らしき人は何人いるのか、と
周りをぐるっと見渡してみたのですが、
スキーウェア着ていると、年齢って分かりにくいものですね。
みんな、お金出してリフトに乗ってるように見えました。


b0126182_11163681.jpg



夕方4時でゴンドラ終了間近。
スキー日和のいい天気。
ギリギリまで人がいっぱいのスキー場でした。
[PR]
by yoojie | 2013-02-10 10:44 | 子どもの話 | Comments(0)

晴れの日の次は吹雪

このところ、晴れの日の次が吹雪になったり
天気がころころ変わります。

太陽の出る晴れた春のような日と
雪を含んだ大風の真冬のような日と
季節がちょうど入替え戦をしているところでしょうか。
まぁ、だいたい3月ごろには春の日が勝つようですが
ソレまではね、結構いい勝負かも。

b0126182_1691421.jpg


春が近づくと、風が強くなるので
雪が横に降っている。
ポストの側面に張り付いた雪。

b0126182_16103563.jpg


晴れの日の間に、アスファルトが全面出るほどに解けた。
その後、一晩の間に15cmほど、細かい軽い雪が積もった。
融雪パイプから放水すると、あっという間に融けていく。

春は近し。
いや、春まだ遠し。
[PR]
by yoojie | 2013-02-08 16:00 | 雪のある暮らし | Comments(0)

味噌を使った料理:さばの味噌煮

さばは一年中食べれるので、
旬のない魚のようですが、
今の時期のさば、新鮮なものが多いです。

さばは、しめ鯖にしたり、塩焼きにしたりしますが
一番作るのは、鯖の味噌煮かもしれません。

鯖だけ煮て、大根おろしを添えたり、
鯖と大根で味噌煮にしたり、大根と相性が良いですね。

今回は、大根も一緒に煮ました。

大根は、8cmくらい。鯖は半身強。
味噌は、濃熟2004と新みそを1:4くらいの割合で使いました。

b0126182_15441687.jpg


1.大根は下湯でしておく

2.鍋に水と昆布を入れて沸騰させる。

3.酒とみりん少々を入れて、鯖をそっと並べる。

4.味噌を溶かしいれて、大根を鯖に重ならないように入れる。

5.時々鯖に煮汁をかけながら、火が通るまで煮る。

6.火が通ったら、出来上がり。

7.煮汁が薄めの場合は、汁だけ煮詰めて、器に盛った鯖と大根にかける。


b0126182_15495195.jpg



外は吹雪の夜ごはんです。
鯖の味噌煮とおでんという、煮物+煮物になってしまいましたが
からだがあったまるほうがいい、と。
寒い日は煮物・汁物は食べやすいです。
レタスのサラダは、手が伸びないほどでした。
[PR]
by yoojie | 2013-02-07 15:38 | 味噌汁日記 | Comments(0)