<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

こども達と、田植えをしました。

バケツイネ育てませんかセット(団体用)を
ご購入いただきました
広尾シュタイナーこども園さんで
子供達のバケツイネの田植えのお手伝いに行ってきました。

子供達がまるくなって話を聞いてくれました。

まず、苗がやってきた新潟県はどんなとこでしょうか。
雪がいっぱい積もる雪国です。
「知ってる~。」
「この白いのが雪~。」
雪が溶けて、春になりました。さて、
「種蒔くんでしょ?」
「田植えだよ。」
イネの苗は、苗代という苗を育てる田んぼで
一度にたくさん育てます。それを、田んぼに植えるんです。
「僕も田植えしたことある。」
「わたしもある。」
「苗昨日来てたよ。」
さて、田んぼに植えたイネは秋になるとどうなるかな?
「おコメになる~!!!」
「わぁ黄色い~。」

じゃ、皆で田植えしようか?
あたし、こないだ田んぼでやったよ。
もう一回する?
もう一回したい。

どろどろにした土をペットボトルに入れて

b0126182_10352765.jpg



イネの苗を、泥の中に植えます。

b0126182_1036712.jpg


根っこを持ってね、やさしく植えてね。
もう一本植えたい。
じゃ、この辺にもう一本植えようか。
ねぇ、もっとやりたい。


できました。

b0126182_10364168.jpg



「ねぇ、泥がついた。」
「そうそう、田植えをすると泥がつくよね。」
「ねぇ、泥きっちゃない。」
「そうそう、泥がつくときっちゃないけど、
洗濯すると取れるから大丈夫だよ。」


そーっとイネの根を持って、
ゆっくりと泥の中に刺す、という作業を
イネの本数分繰り返します。

以前、お客様からヒントをいただいた
ペットボトルを使ったバケツイネ、
今回、こども園さんで田植えをする際に
容器のご相談を受けてご提案させていただきました。

ペットボトルは、子供が持ち運べる大きさなので
バケツイネを育てるには、かなり良い入れ物です。

「あのね、私も昨日田んぼにするペットボトル持ってきたの。」
こどもにとっても「マイ・田んぼ」の意識が出るようです。

子供たちが、泥の中に手を突っ込んだり、
生きているイネの苗を植えてみたりしながら
植物を育てる、生き物が生きている、ということに
気がついて、関心を持ってもらえるとなによりです。
泥がきっちゃなくて嫌だ、とか、
汚れたから洗いたい、という感覚も
汚れてみないと気がつかないことですので
それごと楽しんでいただけたかなぁ、と思いました。

秋にイナホ飾りにすると聞きました。
みんなで大事に育ててね。





















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-26 21:54 | お仕事の話 | Comments(0)

味噌汁日記:夏の混ぜごはん

b0126182_0271845.jpg



豚肉竹の子梅干ごはん

1.豚肉と竹の子をしょうゆ味で炒めます。
2.梅干は包丁でたたいておきます。
3.青ジソはみじん切りにしておきます。
4.ごはんに1.2.3.をのせ、白ゴマを足し、
 全体を切るように、よく混ぜます。

ごはんは酢飯にしても、美味です。
ぶ搗きや玄米でもよく合います。

お味噌汁は、新ジャガとワカメと青ジソです。















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-25 00:25 | 味噌汁日記 | Comments(0)

ご存知ですか?コケコッコーの花。


「ねぇ、この花の名前知ってる?」
「知らないなぁ。」
「オレ、知ってる。」
「なんて花?」
「コケコッコーの花。」
「えっ、そうなの?」
「そう、この花の、一番上の花が咲いたら、梅雨があけるんだって。」
「へぇ~。」
「そんでね、花びらをちょっとめくってくっつけると「とさか」に似てるの。」
「ちょっとめくってくっつけるの?」
「そう。そんで、肌にくっつくんだよ。」
「ふーん。鶏みたいだね。」
「そうでしょ。そんで、コケコッコーの花なんだよ。」
「よく知ってるね。」
「友達の、お母さんに教えてもらった。」
「へぇ~。」

b0126182_0251376.jpg

















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-24 00:18 | 散歩道 | Comments(0)

笹モチは、新笹でつくります。夏至の節句のようなもの。


b0126182_11462620.jpg



笹モチは、夏至のあとの数日くらい
今の時期に作られるおもちです。
アンが入っているものも、
入っていないものもあります。
私は、アン入りが好きです。

「昨日採ってきたばかりの新笹使ってるからね。」
「田植えの後の節句みたいなもんさね。」

笹の香りを楽しみます。
小豆と甘味で疲労回復。

蒸し器で少し柔らかくしてからいただきました。














アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-23 11:43 | お茶の時間 | Comments(0)

夏のハガキを作りました




b0126182_0165034.jpg




これ、ミニトマトです。
まだ実がなり始めたばかりの緑の実。
丸い実と、とがった額が、いいな、と思い彫ってみました。














アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-21 00:15 | 昼休み美術部 | Comments(0)

問題「カエル君をさがせ」:この中に、カエルは何匹いるでしょうか?


問題「カエル君をさがせ」:この中に、カエルは何匹いるでしょうか?


b0126182_1144321.jpg













アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-19 11:42 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

お客様の声:ペッ田んボトル

お客様より素敵な写真を送っていただきました。


> 空梅雨だと思っていましたが、台風接近の御蔭で
> この2・3日は梅雨模様です。

> 「ペッ田んボトル」の様子です

神奈川県 Kさん

b0126182_21141956.jpg



おしゃれですね。
イネもベランダでは貴婦人のようです。
ありがとうございます。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-18 21:10 | Comments(0)

くっつきカエルと、カエルジャクシ。

カエルって、ネボスケなんですね~。
まぁ、夜中まで鳴いてますからね。

田んぼのイネにくっついて寝ているカエル。

b0126182_2313135.jpg


そうそう、この黒いカエル、今年多いようです。
カエルの種類も気温の変化などに左右されるのでしょうか?


b0126182_22552187.jpg


これは、4月ごろの苗の中で寝ていたカエル。
カエル、意外と縦型で寝るみたいです。
ホントかなぁ。


b0126182_22565838.jpg



そして、カエルジャクシ(と、勝手に呼んでいる尻尾の取れる前のカエル)
反射で見えにくいのですが、顔はしっかりカエルになって、
手も足もついていて、尻尾もまだしっかり機能している様子。


カエルを発見するとついついカメラを向けたくなります。
でも、意外と動きの早い彼ら。
寝ているときが、写し時かも。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-17 22:46 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

夏バテ対策にも!OK!夏の玄米もち販売中

年末年始に大好評だった玄米もちが、
なんと!夏にも販売します!

b0126182_2313193.jpg



「玄米もち、お正月以外でも注文できますか?」
「ごはんを炊く時間がないときにも、
 おもちがあると便利ですよね。」
という、お客様の声から生まれました。

いつも、朝はパン食、という方にもお勧めです。
焼くだけなので忙しい朝にも手間いらず、
パンに比べ油分も少ないのでヘルシーです。

お正月用に販売している玄米もちとの一番の違いは
その「薄さ」です。
搗きたての玄米もちを袋に入れて、伸します。
伸したもちに折れ目を入れてそのまま真空パックにします。
食べるときに、必要な分だけポキンと折って焼いて下さい。
薄いので、よく焼くとパリパリになり、
夏でも食べやすい食感に焼き上げることができます。

パリッと焼き上げて、サラダと一緒に食卓に並べたり
スープに浮かべていただくと、とても合います。


b0126182_23135626.jpg



そうですね、イメージとしては「ライスクラッカー」
生タイプ、のような感じでしょうか。
外がパリパリ・サクサク、中はもっちりの新食感です。

薄さは、違いますが、一枚の重量・価格は
お正月用の玄米切もちと同じになります。



●玄米切もち 4切入り 約260g      480円(税込)


●玄米切もち 青じそ入り  4切入り 約260g

    青じそ+いりゴマ+天然塩     530円(税込)


詳しくは:http://www.afco.jp/total/moti-moti.htm
     送料込みのセット商品もあります


ご注文は、Eメール・FAX・お電話でも受付けております。
よろしくお願いいたします。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-16 23:15 | お仕事の話 | Comments(0)

ぬか漬け日記:鉄の効果は見るからに違う

今年もぬか漬けを始めました。

米ぬか 800g
天然塩  75g
鷹の爪   5本
山椒の実  大匙1
昆布5cm程 5本

これに、水を足しながらよく混ぜ、
速く発酵する様に、昨年のぬか床を少々混ぜました。

これ、捨て漬けなんですけど・・。
と、言いながら翌日食卓に並べると。

b0126182_2338512.jpg


「うまい。」
「これは、まだ、捨て漬けなんですけど。」
「大丈夫、美味しい。」
「作ってすぐ発酵するの?」
「早く発酵するように、去年の種を入れたんだよね。」
「ふーん。」

翌日は、ナスを漬けました。
ナスの色は、鉄をぬか床に一緒に入れると色が綺麗になるとのことで
今までは、教えられたとおり古い釘を入れていたのですが、
時々手に刺さって、結構不快なので、
昨年のぬか漬け後半期に、鉄製のぬか漬用のコップを購入しました。

b0126182_23423755.jpg


これは、南部鉄で出来ている穴の開いているコップです。
コレをヌカ床に入れておくと、
余分な水が穴からコップに入ってぬか床の水分を増やさない、
という役割と、鉄の成分がナスの色を綺麗に保つ、
という効果が期待されています。

水分云々はともかく、ナスの色はてき面のようです。

b0126182_23453665.jpg


ナスを仕込んだ後に、
グイッとこの鉄のコップを埋め込みましたので
コップの近くにあったナスは紫色に仕上がり、
コップから遠いところで使っていたナスは、変色しました。
鉄の威力、すごいですね。

ナスを漬ける方は、鉄を入れることをお忘れなく。
変わりにミョウバンを少々入れても、良いようですが。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2013-06-14 23:29 | ぬか漬け日記 | Comments(0)