<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

バケツイネ、育てませんか?


バケツイネ、育てませんか?
玄関でも、ベランダでも、
日のよく当たる小さなスペースがあれば育てられます。
ご自宅でご用意するものは、
バケツやトロ箱のような水を溜めておける入れ物、
根っこの観察までする場合は、、
2リットル以上のサイズのペットボトルでもOK。
ご自宅でも、田植えをしてみて下さい。




b0126182_23432943.jpg





   ■ バケツイネ育てませんかセット   200円


   【内容】 イネの苗(無農薬育苗)
        肥料  (初期・中期の二回分)
        植え方・育て方の説明書
        おまけのタニシ(ペットボトルに入れて)
        ※土が必要な方はお知らせ下さい。同梱します。


   ■ 送料について

     送料は、別途全国一律600円かかります。
     ただし、おコメやお味噌など、
     別の商品と一緒に送る場合は、
     バケツイネセットの送料は、無料となります。
     食品とは箱を分けてバンドで1梱包にまとめて送ります。
    

   ■ お届け期間

     6月10日までの期間限定となります。





  
ご注文フォーム:http://www.afco.jp/total/baketuinesetto.htm


ご注文は、お電話・FAX・Eメールでも受け付けております。


イネを育てるのは、不思議がいっぱいです。
成長する楽しさ、穂が出る不思議。
花のはかなさ、実のふくらみ。
稔って黄金色になる様子。
身近で感じてほしいこと、いっぱい詰まっています。


年々夏の暑さが厳しくなってきました。
イネを田んぼで育てるのと、都会で育てるのとでは
同じイネを育てることでも
少し気にしないといけない点が違うということも分かってきました。

お客様と一緒に育てる、
そんなつもりで、要所要所で連絡を取り合って
ご質問に答えたり、こちらから今の時期はこんな風に管理して下さいね、
と、ご連絡したりも致しております。

育ててみたいけど、どうしようかなぁ、
と、迷っている方は、ご相談下さいね。







アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-30 23:45 | お仕事の話 | Comments(0)

上越高田、本日最高気温が32℃なり。あつ過ぎなり。

上越高田、本日最高気温が32℃だったそうな。
なんか、暑いと思ったのです。

午前中から一時頃まで外作業をしていましたが、
あまりの暑さに午後は、夕方まで外に出ないことにしました。
思わず梅干を食べて、アズキバーを食べる。

皆様、熱中症に気をつけましょう。

b0126182_18285390.jpg


















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-30 18:28 | 田舎暮らし | Comments(0)

味噌汁日記:アサリの味噌汁


b0126182_21581436.jpg



アサリの味噌汁は、
出汁をとらずにすみますので
忙しい時には便利です。
アサリの味噌汁は、
身体に、しみこんで行くような
そんな味がします。しませんか?

こんな、アサリの味噌汁の作り方もあるのですね。
メモしておいて、次回コレで作ってみよう。





一年熟成生味噌「確然」・二年熟成生味噌「濃熟」
昔ながらの製法で作った自然熟成の生味噌はhttp://www.afco.jp/total/miso.htm
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-26 21:57 | Comments(0)

お茶の時間:片栗粉、飲むの?美味しいですから。


「片栗粉、毎日飲んで下さいね。」
「え、片栗粉ですか。」
「ホクレンが、良いですよ。コーヒーやココアに混ぜて。」

なるほど。
昔、漢方のお医者さんに言われ、
春先になると飲みたくなる、
片栗粉入りの、コーヒー・ココア。

b0126182_22263666.jpg



アカンめし、系にならなければ良いのですが、
ココア2とインスタントコーヒー1と片栗粉1の割合で。
少しずつ、熱湯をたらしながら、ゆっくり混ぜて作ります。


b0126182_22281149.jpg



牛乳や豆乳で オ・レ にしていただきます。
なんとなく、まったりとしたお味がゆるみます~。
アラフォーの女性の方は試してみて下さいね~。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-24 22:23 | お茶の時間 | Comments(0)

ヘビイチゴを食べるヘビはいるのかいないのか。


畦道にヘビがウロウロし始める頃、
ちょうど、咲いている(実っている?)のが
ヘビイチゴ。


b0126182_22403081.jpg



今年は、ヘビイチゴが多い。

毎年、畦道の雑草は色んな種類が咲きます。
おそらく、気温や雨の量が早くなったり遅くなったりするタイミングで、
今年強い雑草、去年は多かったのに、今年はあまり見ない雑草、
など、雑草分布が変わるのでしょうね。


ところで、そのヘビイチゴ、
ヘビのいるところに咲きますが、
ヘビが食べてる様子はない。

どうも、ヘビが食べるのではなくて
ヘビは、イチゴを食べに来た小動物を食べるらしい。
ヘビ、エビで鯛を釣る。いや、イチゴで小動物を狙う。

田んぼにも畦にも、
ヘビの好きそうな小動物がいっぱい住んでます。

そうだったのか、ヘビイチゴ。
なんとなく、納得したのでした。



減農薬を15年以上続けている食物連鎖のある田んぼは
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-23 22:34 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

朝、田植え後のイネの様子を見に行きます。西の空の月と青い空と水田と山の雪。


朝、田植え後のイネの様子を見に行きます。
西の空の月と青い空と水田と山の雪。


b0126182_7331766.jpg




田んぼには、タニシがいっぱいいる。
朝、水をタップリ入れて、
太陽の光で水がぬるくなり、
温かい水の中でイネが育つ。

土が温かいのは、土の中に有機物、微生物が
いっぱいいるからです。
田んぼの土、冷たいところは生き物が少なく
温かいところには生き物が多い。

温かい土を作って、
そこでイネを育てる。
元気な、イネが育つ。





減農薬、有機物、微生物で活き活きした稲作りは
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-19 07:37 | 田んぼのこと | Comments(0)

味噌汁日記:薬味としての、うど。

b0126182_13345659.jpg


豆腐とえのきとワカメの味噌汁に、
大人用のものだけ薬味としてウドを刻んだものを浮かべます。
山で採れた緑色の山ウドですので
香りもアクも強いのですが、
水にさらすことなく、そのまま刻みます。
あおりを楽しむにも、
苦味を楽しむにも、
アク抜きなしで、美味です。
















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-18 13:33 | 味噌汁日記 | Comments(0)

夕方、月を拾った。


夕方、月を拾った。



b0126182_23505372.jpg













アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-13 23:48 | 田んぼのこと | Comments(0)

田植えの朝は、苗を軽トラに積むところから始まる。


b0126182_073142.jpg


田植えの朝は、苗を軽トラに積むところから始まる。

育苗期間中、例年に比べ気温が安定していたので
苗の出来が良い。
苗の出来がどう良いのかというと、
根っこが、しっかりと張っているのだ。

育てるのは、根っこ。
そして、茎。茎はなるべく短く太く育てます。
ヒョロヒョロと長いほうが、
田んぼに植えてからの管理は楽なのですが
がっちり太く短く健康に育てます。


無農薬の苗作り。低農薬の米作り。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-12 00:06 | Comments(0)

味噌汁日記:トン汁


b0126182_052192.jpg


昼間の気温が高くなると、
アイスを食べたり、冷たいものを飲んだりして
身体が知らない間に冷えてきます。
そんな時の、お助け味噌汁です。
冷えたからだがホッとして
美味しくもあり、温めにも良し。


手作り味噌も好評です。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-05-11 23:53 | 味噌汁日記 | Comments(0)