やっぱり お茶が好き

お茶の好きな方とコーヒーの好きな方がいると思います。
コーヒーの好きな方は、
どこ産の何とかが酸味が押さえ気味で良い。
このコーヒーは、苦味が少し強すぎる。
などと、いろいろ注文があるようですが、

私はここ数年お茶が好きなんです。

いわゆる、やせるお茶、が、好きなんです。

お茶用の「パック」を買ってきて、
そこにブレンドしていきます。

プーアル茶は、やせるお茶の代表ですが、
あまり濃くすると、おなかをこわし気味になるので
入れてもほんの少しだけ。

夏は、麦茶ベース、冬は、番茶ベースにします。

最近のお気に入りは、ウーロン茶ベース。
流行の黒ウーロン茶をベースに
杜仲茶・甜茶(花粉症防止)・シナモン・しょうが
ローズヒップ・そば茶 です。

ローズヒップは、ここ1~2ヶ月ほど前から
入れるようになりました。
少し酸味があります。
気のせいか、肌のきめが細かくなりました。

お茶パック(2~3個になる)を
ポットに直接入れて、熱湯を注ぎます。
5~10分後に、お茶パックははしで取り出します。

それを、一日かけて飲むんです。

やせるお茶を飲んだだけでは
けしてやせませんが、
熱いお茶を飲むと気持ちがホッとします。

もしも、気持ちがトゲトゲしてきたら、
少し濃い目の熱いお茶をすすることをおすすめします。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-28 18:59 | お茶の時間 | Comments(0)

農業の番組

日曜日、俵さんの番組で農業が取り上げられていた。
農協に頼らない。補助金に頼らない農業。

新規就農と家業を継いだ若い農家を取材している。

「なんで、農業の番組って、
地獄と『これば驚くほどうまい。』の
両極端しか出てこないんだろうね。」

農業を取り上げた本も、
田舎暮らしの本も、
農業は神聖な職業か、苦労する産業かの
どちらかしか書かれないパターンが多いのではないか?

本当は、数ある職業のひとつなのだ、
ということが、さらりと伝えられたなら、
もう少し、農業人口に若い人も増えるのではないかと思う。

うまく言えないけれど。

農業の番組や、食べ物の番組が
テレビでやっているということは、
今まで農業に関心のなかった人や
どこで、この野菜が作られているのかを
考えていなかったひとにも、
いろいろな角度からほんの少し
関心を持つきっかけにはなるんだろうな。

農業番組で、個人的に大好きなのは
「ダッシュ村」です。
あれ、農家ではないし
エンターテイメントとしての農村生活ですが
明るくて、楽しくて、いい番組です。

ああいうテイストの少し軽くて明るい農業番組
あるといいなぁ、と思います。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-27 21:29 | お仕事の話 | Comments(0)

土曜日は昼寝をしない

最近の土曜日は、お休みの学校、職場が
だいたい普通になってきました。

子供は、土曜日と日曜日には早起きします。
学校がないほうが早起きなのはなぜでしょう?

サラリーマンの家庭では、土曜日と日曜日は
朝寝の家庭もあるでしょう。

自営業や小さい会社では土曜日も日曜日も
あんまり関係ないところもあります。

子供の生活スタイルと、親の生活スタイルは
当たり前だけれど互いに影響しあうと思うのです。

学校に行かない日は、学校に行く日よりも早起きし、
でも朝ごはんは遅い時間に食べます。
お昼ごはんも、少し遅れます。

学校に行く日と、行かない日で子供なりに
「こういう風にすごしたい」
という生活スタイルがあるらしい。

小学生につられて、保育園の弟も
小学生の体力で遊ぼうとします。

一般に2番目の子供はたくましいといわれますが、
それもそうだとうなずけるのは、
上の人と同じペースで遊ぶことです。

常に、少し負荷がかかっている状態。
「遊びの筋トレ」ですね。まるで。

土曜日は、昼寝をしない。
朝からずっと、遊ぶ日。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-26 18:09 | 子どもの話 | Comments(0)

パセリ せり セロリ 青じそ

パセリ せり セロリ 青じそ
料理に使いやすいように
植木鉢に植えました。

パセリやせりは
体の中の毒を取り除いてくれるそうです。
本当は、コリアンダーが欲しいところ。
種を買ってきたので、明日にでも
植木鉢に3個分くらい植える予定です。

パセリは、オムレツにたくさん入れます。
せりは刻んでお味噌汁に。
セロリはきくらげとの炒め物が好き。

青じそは、なんにでも使えてとても便利。

青くて香りの強いハーブを食べていると、
身体の切れが良くなるような感じがします。

庭には何年も春と共にミントとレモンバームが
生えてきます。
生の葉を摘んでハーブティにしたり
お風呂に入れたりします。
ハーブティは好き嫌いがありますが、
私はリラックスして飲めるので大好きです。
ハーブ類は、少しあると便利ですね。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-25 19:10 | 味噌汁日記 | Comments(0)

トラクター ラッシュアワーは 朝6時

田の耕運にちょうど良い時期です。
田の土が乾き、しかも乾きすぎていない。

今日のうちに耕起しておけば、
5月1日に用水から水が差し込んでも、
軽く1週間近く干しておける。

そんな計算をしながら、
通勤前の「朝飯前」の農作業をしている
おとーさんたちが、
同じタイミングで
朝からトラクターを動かしているのでした。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-24 15:31 | 575 | Comments(0)

かえりみち 西に太陽 ポプラの枝に

577だな。

b0126182_19592030.jpg

[PR]
# by yoojie | 2008-04-22 19:59 | 575 | Comments(0)

若葉の季節

桜が散り始める頃、若葉が小さく開き始めます。
黄緑色の頼りなげな葉。

若葉がそよそよと風に揺れると、
空がからりと青空になります。
気温が上がり、動くと汗ばむほど。

苗が並べられた
苗代に向かって、水が流れます。
乾いた田から耕起がはじまります。

そんな何やかやの春作業をまとめて
「田植えの時期」と呼んでいます。

「田植えの時期」には、なぜか毎年
おコメの注文が別の月に比べて増えます。
もちろん、「稲刈り=新米」の時期には
もっと増えますが。

田植えや稲刈りという季節的なイメージが、
「米食」を促しているんでしょうか。

春は、いろいろなことが始まる季節でもあるので、
食を見直す時期でもあるのでしょうか。

なんにしても、ありがたいことです。
そして、うれしいことです。


そよそよと揺れる若葉の下の芝生に座って、
水筒とおにぎりを持ってゴロゴロする。

私にとって、「幸せ」を風景であらわすと
そんな風になります。


皆様の食後の幸せを満たすおコメとなるように。
今年のRiki-Sakuも、「コメ作り」がスタートしました。

b0126182_1957270.jpg

[PR]
# by yoojie | 2008-04-21 22:46 | お仕事の話 | Comments(0)

苗代に 苗並べるよ  ごあいさつ

苗代に苗を並べる頃は、
田にも畑にも人が沢山います。

軽トラから苗を運びながら
行き交う人にあいさつをします。

苗ならべが終わると、
ひとまず水を引いてきます。
かえるがぴょんと跳びました。
ねずみがあわてて飛び出しました。

動物に言わせれば、
「ずいぶん、ごあいさつね。」
というところでしょうか。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-19 14:20 | 575 | Comments(0)

水とかえる

あちこちで種まきが始まりましたので、
冬の間は水を流していなかった用水も
苗を育てるために、水が流れはじめました。

夜になると、かえるがゲコゲコ鳴いています。
たくさんではありません。
1匹か2匹程度の独唱。

このカエルは、冬眠明けのカエルです。

田んぼは、今はまだ秋に稲刈りをした後と
基本的には同じ状態です。

土があって、くたくたになったわらが落ちている。

スニーカーで田んぼに入ると、
ピョコピョコと、黄緑色のアマガエルが跳んでいます。
このかえるが、用水に入って、夜に鳴くんだな。

カエルは、気温が上がってきて目が覚めるのか、
水のにおいがして目が覚めるのか、
さて、どっちなんでしょうか。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-17 15:30 | 田舎暮らし | Comments(0)

小学生の子供

小学生の子供がたくさん遊んでいる。
最近は、おもちゃがDSなどの電化製品になった。

それでも、カードゲームなども健在で、
鬼ごっこやサッカーなども夢中でやる。

子供そのものは、それほど昔と変わっていないかもしれない。

小学二年生は、7歳から8歳になるころです。
保育園ほどではないにしても、
同じ学年で成長の差が大きくあります。

身体の大きさの違いだけでなく
性格や遊びの好み、学習速度の差
体力の差、コミュニケーション能力の差。
食べる量の差。

成長していく過程は、個々によってだいぶ違う。

個体差もあるし、環境差もある。

おやつを沢山食べる子は、
今が身体が大きくなる時期。

ゲームに集中してしまう子は、
今が頭脳の発達している時期。

わーわーとケンカしながら遊んでいる。

植物も動物も人間の子供も
成長の過程は変化があって、
気が抜けないが、おもしろい。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-16 23:00 | 子どもの話 | Comments(0)