雪が消えたら、溝を掘って。→ドジョウが逃げて→穴にもぐる。

田んぼの雪が消えたら、田んぼの中の水を抜いて乾かします。

b0126182_22352692.jpg















この、手前のまっすぐな土が、溝切り機で溝を切ったところ。
排水口まで溝をつないで、土の中の水を切ります。

b0126182_22370970.jpg

排水口と、水路のあいだの掃除をしたら、
土の下から出てきたドジョウ。
あわてて土の中にもぐりこんでいるところ。
いや、それはもう、あわてるでしょ。

この作業と平行して米ぬかを撒いています。
米ぬかで微生物が増え、
ドジョウが増え、小動物が増えます。
植物連鎖のきちんとある、自然な田んぼを作っています。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
# by yoojie | 2017-03-02 22:33 | 田んぼのこと | Comments(0)

食べ物の好みは人それぞれ。皮が好きか、実が好きか。

柑橘の美味しい冬ですね。
今年は、切もちにユズの皮を練りこんだ「ユズ餅」
も、ご好評いただきました。
ユズ餅には、主にユズの皮を練りこみ、
ユズの果汁もプラスしてお餅をつきます。


さて、
その柑橘、皮と実とどっちかお好きですか?

実は、私、八朔については
実よりも皮の方が好きなんです。

「え、皮?」
「そんなもん、食べるの?」
「もう、ゴミも一緒に入れちゃったよ。」
など、言われながら、
八朔の皮を集めまして、
10個分くらい集まると、
皮を一晩塩水につけてよく洗い、
一回湯でこぼして皮の表面をきれいにして

皮のピールを作るのです。
お茶や、コーヒーに良く合います。

b0126182_16565450.jpg

「それ美味しいの?」
「にがっ。」
「食べる?」→「いらん。」
と、散々邪険に扱われているのですが、
最近になって、八朔の実を食べた後には、
あわてて回収しなくても
むいた皮にゴミも入れず、ゴミ箱にも捨てず、
綺麗な状態でテーブルに
残してもらえるようになりました。

段々、市民権を得てきた「皮」。
邪険にされてもめげないのですが、
親切にされるとやっぱり嬉しいものですね。

どのくらい、食べるかというと、
冬中で、八朔30個分くらいの「皮」を煮て食べます。
やっぱり、ちょっと変かも。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
# by yoojie | 2017-02-22 16:47 | お茶の時間 | Comments(0)

切もちの、フライパンで作るおやつ。ボリュームチーズソーセージ

最初に断っておくのですが、
ダイエット中の方には、向かない食べ方です。
チョッピリ、ジャンクなお餅の食べ方ですが・・・。

チーズとお餅って、すごく良く合うんです。
お餅で作るピザ、などもすごくおいしいですよね。

b0126182_16060408.jpg












フライパンで、簡単です。

フライパンを温め、軽く油を引く。
切もち(冷凍でもOK)を中火の弱火で焼く。

b0126182_16051612.jpg












こげ目が微妙についたらひっくり返す。

b0126182_16052477.jpg











更にひっくり返して、ソーセージではさみ、
その上にとろけるチーズをのせる。
b0126182_16053646.jpg












チーズが、とろけてきたら

b0126182_16054633.jpg













もう一度、ひっくり返して、チーズの表面を焼く

b0126182_16055584.jpg














フライ返しで、ちょっと端っこからのぞいてみたりしながら、
チーズが焼けたらお皿に盛り付けて、
たっぷりのレタスか、クレソン、青ジソ、カイワレ大根などと
一緒に食べる。

ケチャップ、サルサソース、ハラペーニョソース、
などが、合います。もちろんお醤油も美味しい。

油っぽいので。葉っぱ物の野菜と一緒に食べると
食べやすく、良く合います。

ちょっとおなかのすいたおやつとか、
一人のお昼ごはんに、作るのが簡単で、ボリュームがありお勧め。






でも、基本がお餅なのでジャンクと言うほどでもないですよ。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
# by yoojie | 2017-02-18 16:00 | ごはん日記 | Comments(0)

梅の花が気になる今日この頃ですね。

b0126182_15303572.jpg


アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
# by yoojie | 2017-02-17 15:29 | 昼休み美術部 | Comments(0)

空気がぬるくなってきましたね。

なんだか、今日は空気がぬるいです。
光の色も春の予感がします。

b0126182_15553135.jpg

夕方4時から5時ごろ。
そろそろ土手にふきのとうが出始めます。

b0126182_15554491.jpg

夕方の雪は青いですね。
白なのですが、青いです。







アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
# by yoojie | 2017-02-16 15:54 | 雪のある暮らし | Comments(0)

お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで 

■お客様の声

地元以外のお味噌は初めてで、慣れるまでに時間が掛かりましたが、
今は舌に馴染んできて美味しく頂いています^^

茨城県 Hさん


□スタッフより

お味噌のご感想ありがとうございました。
ネギ味噌、美味しく出来ましたでしょうか?

ご注文をいただきました)

b0126182_23333509.jpg

新潟の味噌は、日本中の味噌の中でも「甘口」です。
米どころ、ということもあり、米麹が甘く仕上がることと
味噌作りの際に、豆に対しての米麹の割合が多いのです。
特に、弊社の手づくり味噌は、麹の割合が高いです。
一般的には
米:麹=1:1が多いのですが
弊社の手づくり味噌は
米:麹=1:1.3 となっております。

しょっぱい味噌、が好きな方や
麦麹味噌になれている方には、甘く感じるようです。

美味しく召し上がっていただけて
とても嬉しいです。
感謝申し上げます。

今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い致します。


■ご注文いただいた商品は、


b0126182_23401303.jpg

★送料・税込価格が3,000円の
お得なセット。


です。
ご注文は、こちらから↓


春が来る直前は、
腸内をお掃除するようなつもりで、
身体の中を味噌でデトックスするのがお勧めです。

キュウリや、セロリ、ニンジンなどに
生のお味噌をつけて、いただきます。

おにぎりに、生のお味噌をぬって食べるのも。

b0126182_23312003.jpg

2016年冬に仕込んだ味噌が、一年経過いたしました。
一年寝かせた味噌を「確然」
二年以上寝かせた味噌を「濃熟」
と呼び分けてお届けしております。

味噌のみのご注文は、こちらからお願い致します。




腸内活動実施中。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
# by yoojie | 2017-02-14 23:37 | お客様の声 | Comments(0)

昼チラシ、ごちそうさまでした。

本日は、お外ランチ

b0126182_16402640.jpg

美咲、で、昼チラシ。
コスパが最高で、お刺身が新鮮です。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
# by yoojie | 2017-02-13 16:38 | ごはん日記 | Comments(0)

もう一度、お客様の声:発芽玄米を2合のお米とともに炊いてみました。

■お客様の声

月になりました。
もう直ぐ節分、春が待たれますね。

発芽玄米を2合のお米とともに炊いてみました。
プツプツした食感があり、しっかりと噛んで味わいましたが、
私には違和感なく、すんなり取り入れられそうです。
日頃はとかくせっかちに噛んで飲み込んでしまうので、
その点でもじっくりとした噛み応えがあるのはいいのかと思います。
お腹の調子もよろしいので、これで乾ききった肌が潤うといいなぁと
期待しています。
あずきも好きなので今度はあずきとともに炊いてみようと思いますが、
その場合のあずきはどうすればいいのでしょう。
そのままで浸水時間を長く、というのと茹でて汁を使うというのと、
ネットではいろいろありますので迷っています。

おひまなときにお知恵をお貸しください。


□スタッフより

いつもご愛顧ありがとうございます。
メール、拝読致しましした。
ありがとうございます。

発芽玄米、
食生活に馴染んでいるようで安心いたしました。

せっかち、と言うところに、うふふ、と笑いが漏れました。
せっかち、と言う表現は、なるほどですが
頭の回転が速くて体が遅く感じるのだろうな、
と言う印象を受けます。
時々、遅い方の体に
ゆっくり合わせてあげる習慣があっても
良いのかもしれないですね。

あずきは、私は玄米と一緒に炊きます。
浸水時間も米と同じです。
但し、保温時間を長く取ります。
炊けたらすぐに天地を返し、
保温ジャーに移して
短くて一日半。長くて三日です。
これが、酵素玄米なのですが
なるほど、あずきが食べやすくなり、
玄米の外側の不要な皮も柔らかく食べやすくなります。

保温が難しい場合は、
あずきを煮ます。
水から煮て、沸騰したら一度湯でこぼし、
二回目であずきが柔かくなるまで
小匙1の塩で煮ます。
多目にゆでておいて、
汁ごと冷凍してもよいかもしれません。
その場合、水分が何cc、あずきが何ccと
決まった量にしっかり量っておきます。
炊飯する時の、水の量の間違え防止です。

あずきをせっかく食べるなら、
米は白米よりも玄米か分づき米がお勧めです。
「コク」のある米のほうが、あずきに負けません。
相性も良いようです。

分づきと合わせる場合は、
煮た小豆を使って、保温時間は短く食べきるようにします。

玄米と合わせる場合は、
保温時間を長く取って、三日くらいかけて食べてよいと思います。

いかがでしょうか?

料理に時間をかけるのが嫌いではなく、
あずき効果を試してみたい場合は、

分づき米 2.5Kg と
あずき 600gがお勧めです。

あずきレポートでした。

今後ともよろしくお願い致します。
メールありがとうございました。
考える時間をいただき感謝いたします。
なるほど、こんな風にお客様にお伝えするといいのかな?
と、思いました。



[PR]
# by yoojie | 2017-02-02 08:55 | お客様の声 | Comments(0)

お客様の声:今回初めて玄米を試してみようと思います。

■お客様の声:

厳しい寒さが続いていますが、そちらの雪はいかがでしょう。
屋内の運動施設が混んでいるというお話に、
なるほどなぁと改めて思った次第です。
こちらは晴れてはいるものの肌を刺すような風が冷たく、
特にビルの隙間を吹き抜ける風は情け容赦もありません。
そのような中でも花をつける梅や椿の底力に感心している日々です。
今回初めて玄米を試してみようと思います。
よろしくお願い致します。

東京都 Tさん


ご注文いただいた商品は:発芽玄米「めざまし君」
b0126182_10014498.jpg



スタッフより:いつも素敵なメッセージをありがとうございます。

商品のご説明:
発芽玄米とは、その名のとおり玄米が発芽しております。
発芽した玄米を乾かして1合づつに袋詰めしております。

発芽すると、何がいいの?
芽が出る時と言うのは、
植物の中でも最も[力を使っている]
時です。
眠っていた種が目を覚まし、発芽するのですから。
そのエネルギーが最も大きくなった時期をいただきます。

一旦、玄米の皮を破って発芽しますから、
白米と同じように炊飯できます。
そして、芽が出ていますから、
玄米よりも栄養価が高くなっております。
芽を出すときに水に浸かっていますので、
玄米の皮の表面の「アク」のようなものが落ちて
玄米特有の「苦味」が取れていて、マイルドな味わいです。

b0126182_23431671.jpg
だいたい、白米2~3合に対して、
発芽玄米1合くらいの割合で炊飯します。
水加減も、炊飯のスイッチも、
白米と同じで大丈夫です。
b0126182_23434522.jpg
炊き上がりは、少し茶色が混ざります。
b0126182_23441439.jpg
ほんのりと甘味のある、
プチプチとした、ゴマのような食感をお楽しみ下さい。







しっとり肌美人には、少々の玄米が有効です。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
# by yoojie | 2017-01-26 23:47 | お客様の声 | Comments(0)

酵素玄米:黒あずきでつくる酵素玄米は、もっちり食感が良い。

酵素玄米を、朝食で食べています。
お昼と、夜ごはんは、
家族と一緒の白いごはんを食べています。

いつも、5合分を炊飯器で炊いて、
タイガーの保温ジャーで保温しています。

今回は、「黒あずき」の酵素玄米です。
b0126182_17300513.jpg

収穫が、普通のあずきより遅い、
晩生の豆な上に、作付けがほとんどされないので
12月頃にのみ仕入れが可能で、
それ以降はありません。

b0126182_17341173.jpg


五合の玄米に対して、
90gのあずきを使います。

b0126182_17350179.jpg


この黒さ、艶っぽくていいですね。

玄米とあずきを一緒にザクザクと
しっかり3分ほどかけて研ぎました。
だいたい、いつも3分くらいです。
しっかり研げば、そのくらいで大丈夫です。

b0126182_17375583.jpg


ここで、塩を小匙1加えます。
今回は、冬の寒さで体が固くなっているので
その対策として、アマランサスも追加しました。


b0126182_17355939.jpg

炊き上がると、ごはん全体が
ほんのりピンク色になります。


b0126182_17363475.jpg

そして、保温ジャーに移して保温。
三日間、保温するのですが、
保温ムラがないように
毎日天地を返します。

b0126182_17412207.jpg

まぁ、私は炊き立てから
バッチリ食べちゃうんですけどね。

黒あずきは、普通のあずきより皮が若干薄く、
炊立てでも、あずきの固さが気になりません。
もっちりとして、豆そのものも美味しいです。
ポリフェノールたっぷりというのも、
中年お母さん世代の女子には魅力です。

b0126182_17441139.jpg
Riki-Saku玄米使用

美肌・朝食二週間用
「酵素玄米セット・黒あずき」
玄米五合
黒あずき90g
天日塩6g

1,396円(税・送料含)

期間限定です。
少量販売ですので
なくなり次第終了と致します。

ご注文は、こちらからお願い致します。

メール:post@afco.jp
TEL: 0255-78-4157
FAX: 0255-78-4654

からも受付いたします。
ご注文、お待ちしております。













玄米に、あずきが入ると食べやすくなりますよね。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
# by yoojie | 2017-01-24 17:51 | ごはん日記 | Comments(0)