タグ:低農薬米 ( 130 ) タグの人気記事

お客様の声:今年も豊かな実りの証の稲穂を仏壇に供えました。

■お客様の声

先ほど無事にお米が到着しました。
いろいろご配慮ありがとうございました。
途中での不測の事態を考えれば、日程変更も無理からぬことです。
どうぞお気になさいませんように。

それよりも、
そちらでは浸水などの被害はなかったのでしょうか。
先日雨の日の河原を歩いて、
晴れた日との水量の違いにびっくりしました。
穏やかな流れはうれしいものですが、
一旦荒れれば恐ろしい姿に変わります。
自然の脅威は人知を超えていますから、
用心するに越したことはありませんね。
今年は予想もつかない天候が続きましたから、
生産者の方々は大変だったのではありませんか。
二週続けての週末台風は御免被りたいなぁと
今日も雨空を見上げていますが、どうなるでしょう。

今年も豊かな実りの証の稲穂を仏壇に供えました。
新米を頂く喜びは農耕民族ならではのものでしょうか。
早速、炊き込みご飯を作ろうか、
お寿司にしようかとお米を見ながら算段しています。
お味噌もちょうど今日で切れますので、
明日から封切りです。
前回頼み忘れてしまった目覚ましくんですが、
あの食感が懐かしくなっていたところです。
お餅と布巾もありがとうございました。
大事に味わい、使わせていただきます。

今日は11月の寒さとか、
徐々に秋が深まり冬が近づいてきます。
季節の変わり目です、どうぞご自愛ください。


□スタッフより

いつもご愛顧ありがとうございます。
台風のご心配をいただきましてありがとうございます。
上越市内では、浸水した地域も出たのですが、
弊社は水の被害、暴風の被害ともございませんでした。
雨が降り続き被害勧告のJアラートが一日中鳴っていました。
それで、配送の途中で事故があってもいけないと
お届け日を一日遅らせていただきました。
ご理解を賜りありがとうございました。

イナホ、お仏壇に供えていただいたとのこと、
実りの秋を一緒に喜んでいただき
大変ありがたく感謝申し上げます。

食べて下さるお客様があってこその米作りです。
こんな風に「どう食べようか?」と
楽しみにしていただいている様子を伺うと
本当に嬉しくなり、励みとなります。

どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。
ありがとうございました。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2017-10-29 12:51 | お客様の声 | Comments(0)

切もちは、もち米の栽培から、切もち加工までしています。

新米のもち米で切もちを作っています。
10月、11月は、玄米の切もちを中心にお届けしています。

b0126182_14512510.jpg
一番人気は、「玄米くるみもち」です。
玄米のもち米を一日半浸水し、
2時間をかけて蒸し、搗きます。
最後に、クルミとゴマを混ぜます。
食物繊維が豊富です。
ビタミンBも豊富です。
玄米ごはんと違い、搗いてあるので
消化にも優しいです。

秋になると、夏の疲れや
気温の変化、湿度の変化などで
お肌が微妙に荒れ気味になったり
なんとなく、身体がだるくなる方も
いるのではないでしょうか。

そんな、あまりうれしくない症状は
意外と食事に気をつけるだけで軽くなったりします。
もちろん、効果は人によって違うのですが。
玄米切もち、美味しく効果的、で、お勧めです。

おやつに、お昼ごはんに、朝食に。
玄米切もちがあると、
ちょっと、小腹がすいたときに便利です。

白いおもち特有の、キヌのような滑らかさ、
ツルンとしたのど越し、とはかけ離れた、
無骨で、素朴な味わいです。

玄米切もちに、スライスチーズをのせて、のりで巻いて食べる。
どっしりしたコクのある味わいのおモチですので
こってりした味付けにも負けず、美味しさが増します。

ご注文は、こちらから

通常、送料は全国一律600円をいただいておりますが
切もちのみのお届けの場合は、500円でお届けしております。

ご注文心よりお待ちしております。









玄米を食べる時は、減農薬が安心です。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
by yoojie | 2017-10-16 15:16 | お仕事の話 | Comments(0)

今年最後の稲刈りの日。→空が日本海側の冬の色だわ。→寒いよね。→でも、午後は晴れました。

今年最後の稲刈りの日の朝。
くもり。寒い。
日本海的なグレーの空。
まだ、10月の半ばなのに、ヤッケを着ています。
なんだか、今年は本当に変な天気が多いです。
稲刈りといってもコシヒカリは、9月末までに終わっています。
晩生の品種です。茎も太くて穂も多い。
b0126182_06524218.jpg
午後から、お日様が射してきて、温かくなりました。
午後は、稲刈り日和。
太陽に、感謝です。

今年の収穫が終わり、少しホッとしています。

最初に収穫したお米は、
玄米の水分が安定し、甘味を増しています。
お米業界には、「追熟」という言葉はないので
追熟、とは、違うのでしょうが、
新米は、刈り取りしてすぐのお米と
しばらく、玄米で寝かせておいてからでは
微妙に、粘りや味が変わります。

ご注文後に精米して、密封してお届けします。
いつでも新鮮なお米を食べていただけます。

ご注文心よりお待ちしております。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-10-14 07:04 | 田んぼのこと | Comments(0)

お取り寄せ 通販:カードも同封できます。

お客様より、新米をお届けするときに、
メッセージカードを同封するご依頼をいただきました。
秋らしいコスモスのカードに仕上げて
お米に同封しました。

b0126182_13314109.jpg



■お届けした商品は、  玄米3kg  です。


カードの同封のご依頼方法は、

1. ショッピングカートでお買い物した場合

  配送方法を決めるページで「メッセージカード」の選択をしてください。
  下記、実際に入力していただいた項目です。

【選択項目】   :【お客様が選択した内容】
配送方法      : ★新米予約★
お届け希望日   :指定しない
お届け時間帯   :午前中
熨斗(のし) :不要
メッセージカード :1.感謝の気持ち
メッセージカードのコメント:
(お父さん お母さん)へ いつもありがとう。
大切なあなたへ感謝の気持ちをこめてプレゼントを贈ります。 (○○)より
ラッピング :なし
 
2. ファックス、メールでメッセージを送っていただく。

3. 郵送で、同封するお手紙等を送っていただく。

1.と2.は、弊社で文書を入力し、ハガキサイズのカードを作ります。
3.は、届いた手紙等をそのまま商品に同封いたします。


職場の異動などでお世話になった方への贈り物、
ご両親の結婚記念日、
奥様への感謝の気持ちとして、
結婚した若夫婦に、
ご出産のお祝いに。

いろんな場面で喜ばれております。


贈り物にも、毎日食べる安全なおコメがいいね。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-10-02 13:27 | お仕事の話 | Comments(0)

ごはん日記:梅おかかのおにぎり

梅おかかのおにぎり。
稲刈りの時に何度も作ってお昼ごはんに食べました。
おにぎり。一個づつラップで包めば手も汚れないし、
改めて、本当に改めて、
携帯便利で栄養価もあって、便利だなぁ、と思います。


写真は、作っている過程。
ごはん、お茶碗2~3杯分。
梅干、中くらいを5個。
おかか、約50g
しょうゆ、一回し。
b0126182_10420917.jpg
よく混ぜて、一口サイズのおにぎりにします。
このおにぎりは、のりで巻いたほうが、美味しいです。




冷めると甘味を増すお米は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2017-09-26 10:51 | ごはん日記 | Comments(0)

新米、お届けしています。

新米をお届けしております。

一番人気は、Riki-saku(秋山農場コシヒカリ) 5Kg です。

9月末頃の新米は瑞々しく
ツヤと粘り、新米らしい香りが楽しめます。

10月の半ばを過ぎると
米粒全体の水分が馴染み、甘味を増します。

新米には
二段階あるようなイメージでしょうか。

是非、まずは今の瑞々しさを楽しんで
その後、甘味を楽しんでいただければ、
更には、
一年を通してお米の美味しさを堪能していただければ幸いです。

その次に人気の5000円セットは、
昨年からお米の袋が2Kg入りのチャックパックになりました。
2Kg×3袋のお米と、1Kgのお味噌が入ります。
商品と送料・税込みで5000円とお得感もあります。

b0126182_10132042.jpg

「贈り物にする時は、チャックパックがいいんです。」
という、お客様の声から生まれたチャックパック袋。
昨年の新米から使用し始め、新米・お歳暮・お中元、と
使用してきました。
以前は、3Kg×2袋の真空パックだったのですが
一袋を2Kgにしましたら、
以前より良い、使いやすい、と、
とてもご好評をいただいております。

せっかくなので、と、
お味噌の袋もチャックパックにしました。
自分でも使ってみたのですが、
やはりチャックがついた袋は開封してからが使いやすいです。
少し大きめの袋なので、味噌の袋の中にお玉が入ります。
お味噌汁を作る時などにも、
冷蔵庫からサッと出して、そのまま使って、すぐしまえる。


お客様の声、とてもありがたいです。
感謝申し上げます。

皆様の声、是非聞かせて下さいね。




新米のご注文は、こちらから!お待ちしております。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-09-25 10:08 | お仕事の話 | Comments(0)

稲刈りの風景:バッタは、益虫か害虫かでいうと、害虫にあたります。

b0126182_09314007.jpg
イネを刈り取ると、コンバインが茎からイナホとワラに分けて
モミを集めてくれます。
そのモミを、コンバインからコンテナに移して乾燥施設に運びます。
その、運搬用のトラックの窓にくっついたバッタ。
バッタも、稲刈りのおかげで住む場所が減ってしまいました。
そのせいで、どこに行こうか移動していて窓に張り付いたのか、
イネと一緒に稲刈りされて、コンテナに迷い込んだバッタが
ようやく脱出してきたのか、ともかく迷子ナバッタ。

[PR]
by yoojie | 2017-09-13 09:27 | 田んぼのこと | Comments(0)

早稲の品種の稲刈りが始まりました。

早稲の品種の稲刈りが始まりました。
今日は、気温も高く、空も青く、稲刈り日和です。
今年は8月以降雨の多い日が多く、
イネの登熟が遅めだったのですが、
これで、だいぶ進んだかな。

先日も、今年はトンボが少なくてアゲハチョウが多い、
と書いたように、今年はアゲハが多いです。

夕方、まだ刈り取っていない田んぼで、
アゲハチョウを見かけたので近づいてみた。
夕方で休んでいるところだったのですが、
私の気配でパッと羽根を広げました。



コシヒカリの刈り取りは、9月15日頃からになります。
新米のお届けは、9月25日~月末頃を予定しております。

現在、新米のご予約を受付中です。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku

ご注文は、HPからが便利です。



[PR]
by yoojie | 2017-09-11 06:46 | 田んぼのこと | Comments(0)

平成29年産新米のお届けについて

【新米のお届け日について】
29年産のRiki-Sakuコシヒカリ新米のお届けは

9月25日頃~月末頃

を予定しております。


b0126182_21403955.jpg


イネは段々と、黄色くなり、しっかり熟するのを待つばかり!
稲刈りは、
米の熟度を見ながら、美味しいタイミングで刈取りします。
そして、
ゆっくり低温で乾燥させ、もみすり・精米の過程を得て
出荷いたします。

今年もよろしくお願い致します。

今年は8月からの降雨量が多く、気温も低めです。
米が黄金色に実るまでに、
例年より数日ほど多く時間がかかりそうです。

新米のお届けは、手配出来次第
ご予約順にお届け致します。
お届け指定日のある方、誰よりも早く食べたい!方は
お早目のご予約をお願い致します。

新米のご予約はアフコホームページからが便利です。
http://www.afco.jp/index.htm

ご注文の際に、
備考欄に「新米予約」とご記入いただくか
配送先入力の際に「配送方法」→「★新米予約★」を
お選び下さい。

新米予約のご記入がなく、
お届け希望日が、「なし」の方、9月25日以前の指定日の方は、
28年産のRiki-Sakuが届きます。

よろしくお願い致します。
ご予約心よりお待ちいたしております。


b0126182_21413050.jpg


アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
by yoojie | 2017-09-06 21:42 | お仕事の話 | Comments(0)

お客様の声:横浜も蝶が飛び交っています

■お客様の声

ここ横浜でも今年はなぜか
トンボが少なく蝶それも驚くほど大きなアゲハ類が飛び交っています。
ゲリラ豪雨も頻発していて、なにやら不安な今日この頃です。

神奈川県 Nさん
b0126182_22051003.jpg

□スタッフより

フロム田んぼの写真からご返信のメッセージをありがとうございます。
ちょっとしたお天気や降雨の違いで、
虫や植物の生態が変わります。
自然の厳しさを実感しますね。


□ご購入いただいた商品は

TK-05  Riki-Saku 5Kg

b0126182_22061702.jpg
新米前ですが、
玄米を梅雨以降にもみすりし、
その後冷蔵保存をしています。
精米の一日前に常温に戻し、
精米したてを真空パックでお届けしています。

美味しさへのこだわりと、
手間ひまをかけた農業人の知恵と技で
一年を通して美味しいお米をお届けしております。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-09-04 21:58 | お客様の声 | Comments(0)