タグ:手づくり味噌 ( 17 ) タグの人気記事

お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで 

■お客様の声

地元以外のお味噌は初めてで、慣れるまでに時間が掛かりましたが、
今は舌に馴染んできて美味しく頂いています^^

茨城県 Hさん


□スタッフより

お味噌のご感想ありがとうございました。
ネギ味噌、美味しく出来ましたでしょうか?

ご注文をいただきました)

b0126182_23333509.jpg

新潟の味噌は、日本中の味噌の中でも「甘口」です。
米どころ、ということもあり、米麹が甘く仕上がることと
味噌作りの際に、豆に対しての米麹の割合が多いのです。
特に、弊社の手づくり味噌は、麹の割合が高いです。
一般的には
米:麹=1:1が多いのですが
弊社の手づくり味噌は
米:麹=1:1.3 となっております。

しょっぱい味噌、が好きな方や
麦麹味噌になれている方には、甘く感じるようです。

美味しく召し上がっていただけて
とても嬉しいです。
感謝申し上げます。

今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い致します。


■ご注文いただいた商品は、


b0126182_23401303.jpg

★送料・税込価格が3,000円の
お得なセット。


です。
ご注文は、こちらから↓


春が来る直前は、
腸内をお掃除するようなつもりで、
身体の中を味噌でデトックスするのがお勧めです。

キュウリや、セロリ、ニンジンなどに
生のお味噌をつけて、いただきます。

おにぎりに、生のお味噌をぬって食べるのも。

b0126182_23312003.jpg

2016年冬に仕込んだ味噌が、一年経過いたしました。
一年寝かせた味噌を「確然」
二年以上寝かせた味噌を「濃熟」
と呼び分けてお届けしております。

味噌のみのご注文は、こちらからお願い致します。




腸内活動実施中。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
by yoojie | 2017-02-14 23:37 | お客様の声 | Comments(0)

味噌汁日記:ほうれん草とエノキ



b0126182_01321250.jpg

ほうれん草とエノキの味噌汁
ほうれん草は、ごま油で炒めてから
出汁を注いで沸騰させます。
エノキを入れて、沸騰したら火を止めます。
味噌をといて、器に入れましょう。
ネギを浮かべていただきます。
今日は、出汁に削り節を使いました。
鰹節をカンナのような削り器で削る
昔懐かしい削りたてのかつお節です。
やっぱり、香りが違いますね。
味噌は、二年仕込みの濃熟を使い、
赤出汁風、をイメージしました。






アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2016-03-16 01:40 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌日記:ふきのとう味噌

春の香り高い、ふきのとう味噌を作りました。
ふきのとう、実は私、一番好きな山菜なのです。
あの、ほろ苦い香り、口の中で広がる香りと苦味。
まさに、大人の味だわ。

b0126182_10122508.jpg
最初にお鍋にグラグラになるように熱湯を沸かします。
ふきのとうは、縦に4つに切ります。
すぐに、塩水に浸けておきます。
全部切れたら、よくよ~く絞って一気に熱湯に入れます。
全体が、熱湯にかぶったら、すぐに網にとって、冷水に浸します。

b0126182_10143748.jpg
一握り分づつ絞って、細かく切ります。
切ったものは、ボールに移して砂糖をふりかけておきます。
アクで、色が茶色になるのを防ぎます。

b0126182_10155906.jpg

全部刻んだら、生のお味噌を混ぜます。

b0126182_10163351.jpg

今回は、確然と濃熟を半々で混ぜました。
二種類の味噌を混ぜた方が、
味わいが深くなる気がします。

ごはんに、ちょっとのせて食べると最高です。
ふきのとう、手に入るなら、作ってみてください。

ふきのとうと、味噌が、見た目分量で同量くらいです。
砂糖は、ふきのとう30個分くらいで大匙2程度です。

生味噌の風味を活かして、
味噌は加熱しない。
アク抜きと、水が出るのを防ぐ為に、
ふきのとうを一旦熱湯にくぐらせます。


現在、お米のご注文をいただいた方には、
一口づつですが、
ふきのとう味噌、同封しております。













白いごはんとごはんのお供。それからお味噌汁があれば。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku


[PR]
by yoojie | 2016-03-15 10:07 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:ふきのとうを刻んで浮かべると、春の香りがする。

b0126182_21045749.jpg
出汁は、煮干と昆布でとります。
鍋にごま油を引いてほうれん草を30秒ほどいためます。
そこに出汁を入れ、沸騰させます。
沸騰したら、豆腐を入れます。
再び沸騰したら、火を止めて、味噌をときます。
お味噌は、一年仕込みの確然と
二年仕込みの濃熟を、半々で使いました。

お味噌をといたら
お碗にいれて、刻んだふきのとうを浮かべます。
ふきのとうは、すぐに茶色になってしまうので、
一口生の香りを楽しんだら、
ふきのとうは、箸でお汁の中に沈めましょう。

あ~、この香り、ほのかな苦味。
大人の味だわぁ。








生の手づくり味噌で春のデトックスを。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






[PR]
by yoojie | 2016-03-07 21:12 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お客様の声:本年も宜しくお願い致します。→こちらこそ宜しくお願い致します。


■お客様の声

美味しくいただいております。
本年も宜しくお願い致します。

神戸市・Kさん


□スタッフより

今年は、私も冬の間にプールに行くことにしました。
(と、言っても1回行っただけなのですが)
先日、800m泳ぎ、身体がスッキリしました。
ガンガン身体を動かすと、
頭の中もスッキリするようです。
ヨガまで悟りに行くのは難しそうですが、
(何度かトライはしましたがガッツリ動かすほうが得意なようです。)
体と頭のバランスは大事だな、と、
いつも、ヨガをしている方のお話を伺って思います。
良い、一年になりますように。


【ご購入いただいた商品】

30-Aセット かおり (今回は、新みそ×2 確然×1 にてお届け)
b0126182_9231398.jpg


Riki-Saku玄米 10Kg(秋山農場コシヒカリ)
b0126182_9255439.jpg


今後とも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

皆様も、健やかで笑顔のある一年となりますように。









アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2016-01-21 09:28 | お客様の声 | Comments(0)

手づくり味噌は、美味しくできましたでしょうか。

2015年の冬の終わりから春にかけて
仕込んでいただいた「手作り味噌キット」のお味噌、
お客様のご自宅で美味しいお味噌になったとの
ありがたい声を頂戴いたしました。

【今年の手づくり味噌の振り返り】

皆様のご自宅で手づくり味噌を作る時期に、
私も、同じ分量で自宅で手づくり味噌を
仕込みます。

大豆 1Kg
塩きり麹(麹+塩)1.83Kg
塩分は13%と控えめです。
重石は2.5Kgです。
仕上がり重量は約4.8Kgになります。

3月末に仕込みました。
重石を当てて水分が上がってくる頃に
重石をはずします。

今年の春は、5月に気温が急に上がりました。
味噌の汁が上がってくる前に、
気温が上がりすぎたため
味噌の表面に「黒っぽいカビ」がポツポツと出る
トラブルがありました。

b0126182_12444343.jpg


味噌の表面には、「白いカビ」や「黒っぽいカビ」が出ることがあります。
これは、麹菌によるカビなので食べて問題はないのですが
風味が劣るので、取り除きます。

丁寧に取り除きまして、梅雨に入る頃、
水分もしっかり上がってきて、
その後、黒っぽいカビも、白いカビも
出ませんでした。

10月にまだ、芳醇さが足りないかな?
と思っていた味噌も、11月に入ったらよい香りになりました。
大きなタルで仕込む味噌に比べると、
ご家庭用の味噌は、芳醇な風味が出てくるまでに
少し時間がかかるようです。
ただ、お住まいの地域の気温や湿度によって
発酵の進み具合が変わります。
夏には、美味しく食べ始めましたよ、
と言う声もいただきました。

b0126182_12574672.jpg


手前味噌、の、出来上がりです。

「順調でした。」
と、おっしゃっていただいた方は、
味噌と空気が触れる面に、
塩を1cmほど敷き詰める、
昔ながらの「防カビ対策」をとっていらっしゃいました。

b0126182_1313735.jpg


1.味噌の上に塩を敷き詰める。
(この塩は、味噌が出来上がったら、
丁寧にはがして来年の味噌の仕込みに使ったり、
お漬物を漬ける時に使えます。)
2.ラップをして、袋を二重にした中に重石として
塩2Kgを敷き詰めます。
こうすると、味噌に満遍なく重石がのる事になります。

なるほど、です。
来年のお勧めの保管方法に、付け加えさせていただこうと思います。
ありがとうございました。









食べること、育てること、熟成すること。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-11-17 13:15 | お客様の声 | Comments(0)

ふきのとう味噌を作りました

b0126182_22142573.jpg


ふきのとうを摘んできたので、
10個ほど、天ぷらにして
2個ほど、味噌汁の香りづけにして
残り200個ほどを使って
ふきのとう味噌を作りました。

ふきのとうの香り、苦味があっていい香り。
大人の香りですよね~。

包丁を入れると、色が変ってきてしまいます。
先に鍋に味噌とみりんを極弱火でかけておいて
刻んだら、すぐ入れる。
木ベラで混ぜながら次を刻む。

全部刻んで鍋に入れ終わったら、
弱火の中火で水気が飛ぶまで
混ぜながら火にかけています。

b0126182_22203411.jpg


ごはんにのせて、いただきます。

ふきのとう:約200個
手づくり味噌二年仕込「濃熟」 300g
みりん:大匙4

作業時間:30分~40分







麹になるコメから作ってます。長期自然熟成の手づくり味噌は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/total/miso.htm/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-03-22 22:12 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:ぎんば草の味噌汁

春の始まりの海草に「ぎんば草」をいただきます。
旬は1月。2月。3月、といいますが、
上越では一般に3月にちょっと市場に出回って終わりの希少な海草です。

b0126182_1194156.jpg




味噌汁だけでなく、軽く熱湯にくぐらせて酢の物でも美味しいです。












アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-03-01 11:09 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:小松菜と豆腐


b0126182_22501943.jpg


小松菜と豆腐。

冬の青い野菜は甘いですね。
甘い青菜をごま油で炒めて、出汁を入れて
沸騰したら豆腐を入れて、
更に沸騰したら火を止めて味噌を溶かしいれます。

小松菜と豆腐には、「確然」を8割と
二年仕込みの「濃熟」を2割入れました。
味に深みが増しますね。






仕込み年を選んで購入できる手づくり味噌は
アフコ・秋山農場http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-02-23 22:49 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:シジミの赤だし


天ぷらの時、天丼の時には赤だしのシジミにします。
味噌は、二年以上熟成させた「濃熟」を使います。

熟成の進んだ赤い味噌は、デトックス効果が高く
シジミも脂肪肝の予防・強肝作用・デトックス効果あり。
油物との相性が抜群ですね。
ネギでもいいのですが、
カイワレ大根を添えても美味ですよ。


b0126182_12184062.jpg


          





仕込からこだわりの自然な長期熟成味噌は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-02-07 12:10 | 味噌汁日記 | Comments(0)