タグ:田んぼ ( 203 ) タグの人気記事

今年最後の稲刈りの日。→空が日本海側の冬の色だわ。→寒いよね。→でも、午後は晴れました。

今年最後の稲刈りの日の朝。
くもり。寒い。
日本海的なグレーの空。
まだ、10月の半ばなのに、ヤッケを着ています。
なんだか、今年は本当に変な天気が多いです。
稲刈りといってもコシヒカリは、9月末までに終わっています。
晩生の品種です。茎も太くて穂も多い。
b0126182_06524218.jpg
午後から、お日様が射してきて、温かくなりました。
午後は、稲刈り日和。
太陽に、感謝です。

今年の収穫が終わり、少しホッとしています。

最初に収穫したお米は、
玄米の水分が安定し、甘味を増しています。
お米業界には、「追熟」という言葉はないので
追熟、とは、違うのでしょうが、
新米は、刈り取りしてすぐのお米と
しばらく、玄米で寝かせておいてからでは
微妙に、粘りや味が変わります。

ご注文後に精米して、密封してお届けします。
いつでも新鮮なお米を食べていただけます。

ご注文心よりお待ちしております。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-10-14 07:04 | 田んぼのこと | Comments(0)

お客さまの声:バケツ稲は頭をもたげています。

■お客様の声

今年は気候がおちつかない夏でした。
先日の台風の影響があまりなかったとよいのですが。
ようやく収穫というところに、自然の猛威はやってきて、
農家のみなさまのお心をおもうと、
なんと尊いお仕事をされているのだろうと頭がさがります。

今年もなんとか
園の4つのバケツ稲は頭をもたげています。
こどもたちは「お米だー」と嬉しそうに網越しに触っていました。
本当にありがとうございました。

b0126182_06551019.jpg
□スタッフより
いつも、心温まるメールをありがとうございます。
イネにとっては、過酷な環境の元、
先生や、子供たちの育てたお米、
とてもうれしくお写真を拝見いたしました。
みんなで丁寧に大事に育ててくれたのだな、
ということが、先生のメールや写真から伝わってきて
とてもありがたく、感謝申し上げます。
苗から収穫まで育てる、ということで
子供たちがたくさんのことを観察し、
感じ、考えることと思います。
本当にうれしいことです。
ありがとうございました。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-09-25 06:53 | お客様の声 | Comments(0)

台風一過。明日は、晴れると稲刈りです。

b0126182_07383554.jpg

お客様「台風で、イネが倒れたり、収穫できなくなったりしませんでしたか?」

私「やっぱり台風並みには雨が降って風が吹いたのですが、
  ニュースで言っていたほどの雨は降りませんでした。
  風もあまり強くなかったです。」

新米のご注文のお電話をいただきました。
ありがとうございます。
その中で、やはり台風の話題になります。
災害のあった地域もありますので
一言で上越には影響がなくてよかった、
とは言えないのですが。
台風の被害はありませんでした。
ご心配いただきありがとうございました。

お客様「新米、楽しみにしてますね。」

ありがとうございます。

稲刈りは、順調に進んでおります。
新米のお届けは、
最初の予定通り、  9月25日 開始

です。
ご予約いただいた順番にお届け致します。
只今、ご注文いただいた場合、
お届けは、9月の末頃となりそうです。

お日にちのご指定がある場合、
ご自宅の米びつが空っぽの場合、
一言添えて下さいね。
出来る限り対応いたします。

本日以降、ご注文いただいた場合は、
すべて29年産の新米のお届けとなります。

今年もよろしくお願い致します。





新米のご予約はこちらから
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-09-18 07:37 | 田んぼのこと | Comments(0)

稲刈りの風景:バッタは、益虫か害虫かでいうと、害虫にあたります。

b0126182_09314007.jpg
イネを刈り取ると、コンバインが茎からイナホとワラに分けて
モミを集めてくれます。
そのモミを、コンバインからコンテナに移して乾燥施設に運びます。
その、運搬用のトラックの窓にくっついたバッタ。
バッタも、稲刈りのおかげで住む場所が減ってしまいました。
そのせいで、どこに行こうか移動していて窓に張り付いたのか、
イネと一緒に稲刈りされて、コンテナに迷い込んだバッタが
ようやく脱出してきたのか、ともかく迷子ナバッタ。

[PR]
by yoojie | 2017-09-13 09:27 | 田んぼのこと | Comments(0)

お客様の声:稲の生育はいかがでしょうか。→毎日、排水の管理をしています。

■お客様の声

暑い日が続いております。
今年は天候不順で、
大雨やら雷やら人知を超えたところでの被害が出ておりますが、
稲の生育はいかがでしょうか。
アフコさんからお米を届けていただくようになって、
それまで以上に新潟の天候が気になるようになりました。
ネットやお手紙で発信される農場の様子を思い浮かべながら、
気象状況を確認することもしばしばです。
今年稲が健やかに育って美味しいお米ができますように
と心から願っています。

東京都 Tさん


□スタッフより

この度はご注文誠にありがとうございました。

いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
ご存知の通り、
雨の多い夏となりましたので
毎日、排水の管理をしています。
水がたまらないように、
土が乾き過ぎないように。
茎の様子と穂の様子を見ながら
草刈をします。

健康な元気な米に育てています。

どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
毎日の笑顔とご健康をお祈り申し上げます。

b0126182_21560252.jpg


アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-08-21 21:56 | お客様の声 | Comments(0)

イネの穂が、なが~くまっすぐに伸びてます

お元気でしょうか。
今朝は、穂が出て花の咲き終わった圃場の
マルチをはがす作業をしました。

マルチとは、畦から水が漏れないように
小型の機械で張るビニールのことです。

b0126182_17140083.jpg



















春に張ったり
夏の終わりにはがしたり、
マルチ、大変なんですけど、
水は溜まる、畦草は広がらない、と、
メリットも大変に多いのです。

さて、穂が出ると、
田んぼの中は乾き過ぎない程度に
時々水を入れれば良くなります。

むしろ、これからは重くなった穂が倒れないように
土を固く保ちたいのです。

マルチをはがすと、土の水切れが良くなります。

穂が出ると、
もう、秋だな、と、思います。
美味しいお米が実ります。
皆様にお届けできること、
楽しみに刈り取りまでキッチリ育てますね。







今、お届けしているお米も冷蔵倉庫にて保管しています。
ご注文後の精米で新鮮にお届けします。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2017-08-17 17:22 | 田んぼのこと | Comments(0)

雨が降っています。

b0126182_05570807.jpg
昨日は、台風の影響で、
気温が上がり、強い風が吹く フェーン現象 でした。
イネは、熱風で疲れてしまうので
田んぼに水を入れます。
穂が出る大事な時期なので、
イネがバテないように気を使います。

一転して、今日は雨。
イネの葉っぱの緑も、雑草も、
活き活きとした緑になり、
葉を広げて雨を受ける体制を整え、気持ちよさそう。
今日は、排水口を開け、
田んぼの水を抜いています。





[PR]
by yoojie | 2017-08-07 05:55 | 散歩道 | Comments(0)

午前中に咲く、イネの花。

b0126182_00271354.jpg

あまり、「かわいい」とか「きれい」という
評価にはなりそうにない、
白い可憐なイネの花。
実は、午前中のほんの短い時間にだけ咲きます。

b0126182_00272567.jpg
一番上から真ん中までの黄色は、
花が咲き終わった、花弁の残りです。
下から3から5こ程の白い花が、本物の花。
半分から下は、まだ花が開いていません。

イネの花は、
一本の穂の中の何粒もあるもみが
数日に分かれて
上から順番に日にちをずらして咲きます。

雨の日や風の日に花が咲くと、
上手に受粉が出来ない場合があります。

それで、雨や風による受粉障害で
全滅する恐れが分散されるように、
日にちをずらして咲くのですね。
賢いなぁ、イネ。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2017-08-04 00:35 | Comments(0)

カエルの泳ぐ田んぼは、土が温かく、土が温かい田んぼは、水も温かい。

カエル、田んぼで出会うとつい見てしまいます。
動きがかわいいですね。
かえるは、小さな虫を食べます。
微生物が多い田んぼでは、かえるも多くなります。
カエルの好きな、小さな虫が増えるからです。
また、微生物が増えると土があったかくなります。
変温動物のカエルにとって、
温かい田んぼは住み心地がよい。

それで、田んぼにカエルを見つけると、
土がよい状態なのだな、と判断できるわけです。

土の状態の良し悪しを測る目安ともなります。

今年も土が柔かく温かい。
イネの根もしっかり育ち、土の状態が良い。

美味しいお米が育っております。
秋に、皆様に美味しい新米をお届けすることを
イメージしながら農作業をしています。


[PR]
by yoojie | 2017-06-11 02:45 | 田んぼのこと | Comments(0)

田植の季節、代掻きするとカラスがいっぱいやってきます。




代掻きする田んぼの後ろに、カラスがたくさんやってきます。

秋山農場で作るお米の田んぼの特徴1:
耕運が浅い。半不耕起と言います。
トラクターのタイヤがほとんど沈んでいないのが分かるでしょうか?
耕運を浅くすると、イネの根が、楽々根を張ることができません。
根っこに負荷をかけ、イネの力を引き出します。

特徴2:カラスがいっぱいやってくる。
田んぼの中に、鳥の好きなちいさな虫
(今回は、大きなミミズを食べにきている)がたくさんいます。
米ぬかやボカシを使って微生物を増やしている為、
ミミズや小さな虫も増えます。

健康な土を作り、健康な米を作っています。
おいしく、食べていただきたい、
食後の幸せをお届け致します。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Sakuにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2017-05-26 06:12 | 田んぼのこと | Comments(0)