タグ:育苗 ( 2 ) タグの人気記事

春の風が吹くころに、種まきをしています。


桜の蕾がふくらむ頃に、最初の種まきが始まり、
桜の花が散り始めると、苗代に苗が並び終わる。

本格的に、育苗が始まりました。

春は、清い命の入れ替えがあり、
私たちはそれに立会い、育てます。

気温と水分が種に春を伝えて芽を出し、
力強い意志を持って芽が伸び、根を張ります。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2017-04-25 06:13 | 田んぼのこと | Comments(0)

苗は、赤ちゃんなので病気に弱いのです。

苗代で、苗を育てております。
年々、種まきしてからすぐに苗代に置いて
露地で育苗する方法に切り替えております。

それでも、一部の苗は、
種まき後に、保温・加熱し、
人工的に芽を土から出して、それから苗代に並べています。
加温をしているので、生育が早いです。
でも、急に大きくなるせいか、
一旦病気になるとダメージが大きく復活が難しいです。

b0126182_23420352.jpg

苗の管理に農薬は使いません。
ですから、病気にかかると、
基本苗の体力を信じて回復を待ちます。

b0126182_23421561.jpg

根っこに、菌がついています。
これが根を弱らせるのです。
苗代の水をいっぱいにして、
苗についた菌を洗い流すようにして、
太陽に当てて日光消毒を繰り返していくうちに回復するものと
残念ながらそのまま成長が止まってしまうものとがあります。

農薬を使うと、この菌は苗には繁殖しません。
恐るべし、農薬。
でも、薬で菌を殺すということは、
苗を過保護に育てるということでもあります。

そこで、数年前から加温をしない育苗を
やってみることにしました。

b0126182_23525193.jpg

寒いところで育っているので、
とにかく成長が遅いです。
一見、弱弱しくも見えます。
でも、病気にかかることがほとんどありません。
厳しい環境で、自力で育つようにすると
頑丈になるのだと、実感します。
根っこも良く張ります。
田植えの予定日を数日後ろに伸ばしながら
苗の成長を待ちましょう。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-05-01 23:41 | Comments(0)