タグ:苗 ( 4 ) タグの人気記事

苗、育つ5月。

五月になって、苗がようやく苗らしく成長して来ました。
実は、
4月は気温の低い日が多かったのです。
種から数ミリの芽を発芽させただけで
苗箱に種を撒き、そのまま苗代に並べますので
苗の成長は、外の気温に合わせて、
イネ自身の体を守りながら?
(つまり、温かい日は伸び、寒い日は伸びない)
成長します。

それで、
4月12日に種まきした苗と、
4月17日に種まきした苗が、
だいたい同じ成長速度となり、
葉の長さも、ほぼ同じくらいです。

b0126182_08060786.jpg

茎の根元から葉先まで約8cm~10cmくらいです。
まだ、細くて幼い様子。
但し、寒い中でゆっくり成長しているせいか
とっても健康に育っています。

気温が低い日は、朝の速い時間に苗代に水を張って、
水温で苗代を少し温めたり、成長を微妙に促しています。

b0126182_08085274.jpg

こちらは、4月22日に種まきした苗。
やっと、葉がそろってきました。
種から茎になる付け根の辺りも元気で
少し安心。






自然に、丈夫に育てています。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku







[PR]
by yoojie | 2017-05-05 08:14 | 田んぼのこと | Comments(0)

苗は、赤ちゃんなので病気に弱いのです。

苗代で、苗を育てております。
年々、種まきしてからすぐに苗代に置いて
露地で育苗する方法に切り替えております。

それでも、一部の苗は、
種まき後に、保温・加熱し、
人工的に芽を土から出して、それから苗代に並べています。
加温をしているので、生育が早いです。
でも、急に大きくなるせいか、
一旦病気になるとダメージが大きく復活が難しいです。

b0126182_23420352.jpg

苗の管理に農薬は使いません。
ですから、病気にかかると、
基本苗の体力を信じて回復を待ちます。

b0126182_23421561.jpg

根っこに、菌がついています。
これが根を弱らせるのです。
苗代の水をいっぱいにして、
苗についた菌を洗い流すようにして、
太陽に当てて日光消毒を繰り返していくうちに回復するものと
残念ながらそのまま成長が止まってしまうものとがあります。

農薬を使うと、この菌は苗には繁殖しません。
恐るべし、農薬。
でも、薬で菌を殺すということは、
苗を過保護に育てるということでもあります。

そこで、数年前から加温をしない育苗を
やってみることにしました。

b0126182_23525193.jpg

寒いところで育っているので、
とにかく成長が遅いです。
一見、弱弱しくも見えます。
でも、病気にかかることがほとんどありません。
厳しい環境で、自力で育つようにすると
頑丈になるのだと、実感します。
根っこも良く張ります。
田植えの予定日を数日後ろに伸ばしながら
苗の成長を待ちましょう。








アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2016-05-01 23:41 | Comments(0)

苗の成長は順調です。

あたたかい日が続き、苗が順調に伸びています。
あまり、縦に長く細くならないように、
日中はシートをはがしてみたり、
水を入れて冷やしてみたり、
むしろ、「縦にばっかり伸びていかない」為の
作業に気を使っております。

b0126182_05151467.jpg


4月8日に種まきして、人工的な加温を行わず、すぐに露地に並べたもの。
平均で7cmくらいになってきました。
頑丈になったので、今日は、シートと網の両方をはがして
日中は、日光浴です。
シートと網を張って保温をしているのですが
やはり、シートの中は、蒸れ気味ですから、
太陽に当てて、日光消毒です。
これで、更に元気になること間違いなし!
夕方になったら、また、網とシートをかけて
夜の寒さに備えます。



b0126182_05192491.jpg

4月18日に種まきして、4日間人工的に加温した苗。
22日に苗代に並べて、シートと網をかけています。
まだ茎が黄色っぽいです。
これから緑化します。


加温した苗と、加温しない苗、
加温した苗の方は、人工的に手を加えるだけあって
成長の時間が読めます。早く成長します。

一方、人工的に加温しないで自然に芽が伸び
苗が育っていくものは、当たり前ですが遅いです。
遅く、短く、太く、頑丈です。

毎年、自然な育成の苗を増やしています。
病気になりにくく、田んぼに植えても頑丈です。

頑丈な苗は、農薬がなくても自分の身を
雑菌や病気から守れます。
丈夫な苗から丈夫な稲を作り、
元気な粒のそろった米が採れます。

美味しいお米を皆様の食卓にお届けします。
今年もよろしくお願い致します。









アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2016-04-24 05:09 | 田んぼのこと | Comments(0)

種まき後、気温が低い日が続きます

種まきは、三回に分けて行います。
1回目の種まきが13日でしたので
ちょうど一週間経ちました。


1.種をまいて、加温・加湿を4日間し、
 芽が土の上に出た状態で苗代に並べた苗は
 葉が緑色になってきました。

b0126182_2294777.jpg


葉が、水滴を持っている間は、水やりの必要はありません。
しかし土が乾いてしまうと、弱ってしまいます。
生まれたばかりの赤ちゃんのような状態ですので
気温や湿度も含めて、こまめに観察して、水分や温度の調節をしています。


2.加湿・加温をしない状態で最初から路地に並べた苗は
 種まき後の気温が低かったせいもあり、
 まだ芽が土から出てきていません。

b0126182_22141517.jpg


ちょっと、土をどけると、根を伸ばし始めた種モミが
元気そうに並んでいます。

b0126182_2215282.jpg


最初から露地に並べるということは、
加温・加湿に比べて、やはりモミにストレスがかかっています。
寒いですから。
その結果、成長は遅くなります。
苗は赤ちゃんなので病気になりやすいのですが
露地のストレスがかかった状態でゆっくり成長する苗は
外見こそヒョロヒョロしているものの、病気に強くなります。


ここ数年、露地で芽を出す苗の数を増やしています。
加温・加湿し芽を出させた苗の方が
成長が早い分だけ管理はしやすいのですが
露地苗の方が、田んぼに植えてからも強く育ちます。
強く、健康な苗を作り、強く、健康なイネを育てます。

元気におおきくな~れ。










イネの持つ力を引き出して育てる
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-04-20 21:59 | 田んぼのこと | Comments(0)