餃子

餃子は家で作ります。
四国から、讃岐の小麦粉をお取寄せしたので
餃子の皮は、それで作ります。
b0126182_11224884.jpg


モチモチとして、皮にも味があります。

フライパンにまるく並べて、
b0126182_1123418.jpg


ちょっと、焦がし気味に焼き上げます。
b0126182_11243078.jpg


ひとり、15個から20個くらい食べるので、
ずいぶんたくさん作るのですが、
野菜や香辛料なども多く入っているので
身体にも良いし、冷蔵庫の掃除にもなるし
あまったら、冷凍がきくので、ストックになるし
いい事が多いです。


作るときのポイント。

1.小さい一口サイズに作ると、
 子供も大人も食べやすくなります。
2.肉にしっかり味付けしておいてから
 その他の野菜を混ぜ、ねっとりするまでよく混ぜます。
3.キャベツよりも白菜のほうが
 甘みが増して柔らかい口当たりになります。
 白菜は水が出るので刻んでからしっかり水切りします。
4.フライパンは、煙が出るほどよく熱してから
 餃子を並べると、油を使う量が少なくてすみます。

私は、だいたい2ヶ月に、1回くらい作っています。
[PR]
by yoojie | 2009-02-12 20:18 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< はるうらら、というとき、何がいいか どろえびの季節到来か >>