カブの浅漬け

女の人の手は、
男の人の手よりも乳酸菌が多いそうです。
その為、ぬか漬けなどは、
女の人が混ぜるほうが
出来上がったお漬け物の味が
より複雑になると、聞いたことがあります。

その乳酸菌説を信じて、
浅漬けをつける時には
必ず手でよくもみます。

カブの浅漬け

b0126182_2105022.jpg


1.カブを厚めの薄切りにする。

2.塩でよくもむ。5分ほど置いておく。

3.刻み昆布とシソの実とカボスの果汁を
 入れてよくもむ。5分ほど置いておく。

出来上がり。

サラダのように食べやすい浅漬けです。
今が旬のカブは新鮮で、おいしいです。

私は、カブだけの方が好きなのですが
好みによっては
キウリやニンジンを加えると
色もきれいに仕上がります。
[PR]
by yoojie | 2009-11-05 20:41 | 味噌汁日記 | Comments(2)
Commented by chiwakomacrobi at 2009-11-08 18:45
いつも美味しいお米をありがとうございます。
今日は発酵の講座でした。
乳酸菌のお話もありました。
動物の乳酸発酵より植物の乳酸発酵の方がずっと良いようです。
植物は凄いです!
ブログに講座の様子を書きましたので見てくださいね。
Commented by yoojie at 2009-11-09 21:25 x
こちらこそ、いつもご利用ありがとうございます。
微生物の力による発酵は、すごく不思議ですよね。
目には見えないパワーが・・・。
味噌屋ぬか漬けの
手入れすると、いつもその不思議さに
いつも不思議だなぁと思います。
<< 味噌汁日記 根菜の具沢山 午後のお茶 目を細めての 雪囲い >>