今年は種まき後の無加温苗で育てています。

種まきは、田植えの予定に合わせて
3回に分けて行います。


今年は、種を撒いてから無加温で芽だしをする
より、自然に近づけた方法を選びました。
朝夕の寒さに負けず元気に芽を出す
苗の姿に毎年のことながら
植物は力強いなぁと感心している毎日です。


種まき後、加湿・加温して芽だしした苗

b0126182_8433052.jpg

光を遮断して加湿・加温するため
もやしのような色で、
最初から、太目の芽が出る。



種まき後、路地にて育苗した苗

b0126182_8462824.jpg

細く、ちいさな緑の「とげ」がピョコピョコ顔を出し、

b0126182_847116.jpg

数日たって、伸びてきても
やっぱり見た目はヒョロヒョロしているが
緑の芽がしっかりと伸びてきます。

苗の頃から自然の厳しい環境で育てると、
大きくなってからも、病気や天候不順にも強いイネが育ちます。
今年も苗作りが本格的に始まりました。
よろしくお願いいたします。


より自然に近づけた農法で育てる、減農薬の安全なお米
玄米はマクロビ対応・白米は冷めても甘みが増す銀シャリ感。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-04-20 21:21 | 田んぼのこと | Comments(0)
<< 山菜日記:こごみのゴママヨネーズ和え 種まきが始まる頃にはいつも桜が... >>