バケツイネ:田植え体験・広尾シュタイナーこども園


今年も広尾シュタイナーこども園に行き
子供たちとバケツイネの田植えをしました。
みんなで田んぼの知っていることや
植物が育つことについてをお話します。

それから、園庭でプランターにみんなで土を入れて
水を入れてグチャグチャしてから苗を少しずつ植えます。

「根っこの部分を土の中に入れてね。」
「葉っぱは、外なんだよ。」
「なんで、葉っぱは埋めちゃいけないの?」
「葉っぱは、外で息をしているんだよ。水の中では息が出来ないよ。」
「じゃ、僕と一緒だー。僕も水の中で息できない。」
「そうだね、葉っぱも呼吸、してるんだよ。」
「ねぇ、タニシも田んぼに入れたい。」
「じゃ、タニシも入れようか。」

最初は泥んこがいやだと言っていた子も、
結局、泥んこになりながら夢中で植えます。

「やさしく、ね~。そっと、植えようね。」

b0126182_2273542.jpg



昨年は、穂がつく頃の、関東圏の熱帯夜の影響で
穂はついたものの、その後上手く育ちませんでした。

それでも、こどもたちも、植物を育てる
時々上手くいかないこともある、
と言うことが学べてよかった、でも、
今年こそ、育つといいなぁ、

と言う先生方のご期待に沿えるよう、
都会の熱帯夜の夜間熱風対策
についても、園の間取りなどを見ながら
相談してまいりました。

「大きくな~れ。元気に育て。」
って、毎日お水あげながら声かけてね。

月曜日、先生から
「稲はピンッと上を向いてしっかり立っています。
これからどんどん生長していくのがとても楽しみです。」

と、早速ご連絡をいただきました。
ありがとうございます。
元気に育ちますように。




健康な苗・バケツイネの苗・ご相談は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-06-13 21:57 | 植物を育てたり | Comments(0)
<< タニシが増える田んぼは、粘度の... 茎の本数は18本平均で一旦、水... >>