ごはん日記:栗ごはんは、古米ともち米を使うのが好きです


「栗ごはん」を作るとき、
一番ネックになるのが、栗の皮むき。
今年は、
個人スーパーのおばちゃんに教わった
皮むきが楽になる裏技、を使ってみました。

まず、栗を5分熱湯で茹でます。
ザルにあげて、それから皮をむきます。
栗の皮が柔らかくなって、むきやすい。

b0126182_2305262.jpg


一旦ゆでているので、生の栗と、色が違いますね。
5分しかゆでていないので、
表面は火が通っていても、中はまだ生です。

b0126182_232289.jpg


そして、おコメなのですが、
私は、古米のコシヒカリに、新米のもち米を混ぜて
炊くのが一番好きです。
古米コシ:新米もち米=5合:2合
くらいの割合です。
100%新米コシヒカリよりも
ほど良く米に味がしみこんで、
栗のホックリ感と相性が良いです。
もち米を、混ぜるのが美味しく仕上げるコツでしょうか。
栗ごはんと、栗おこわの、
良いところを組合わせた仕上がりです。

b0126182_2385567.jpg


生でむいた栗の方が、
彩りよく仕上がりますが、
お客様向けではなく、ご自宅で食べる場合は、
栗を茹でてからむくと、時間半減です。
是非お試し下さい。

b0126182_23103565.jpg














栗ごはん・炊き込みごはんは、古米が美味しくいただけます。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2015-10-13 22:55 | ごはん日記 | Comments(0)
<< 味噌汁日記:豆腐とワカメとネギ 朝日が出てくる時って、モヤッと... >>