毎年 こども園にてバケツイネを育てていただいております。

■こども園からのお便り

こんにちは。
こちらはこの2日ひんやりしていますが、そちらはいかがでしょうか。

月曜日に確かに可愛く元気のよい苗と
土をうけとりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

今日、教えていただいた通り、
泥づくりをしました。
土をバケツにいれながら、
草をよけて、その草を野菜に見立てた子どもたちが八百屋さんになって、
砂場でおままごとをしている子どもたちに配っていました。

そしてなによりの贈り物は、
土の中にいた、可愛いみみずたち。
可愛いねえ、と手のひらにのせたり、
水をいれた後にみつけると
可哀想!と慌ててお庭の土の上にのせたりしていました。

泥づくりは、
なかなかに根気がいる作業で、
いろんな子が代わる代わる、
その感触や温度をたのしんでいました。

土を掘って、袋につめて、
運んで箱に詰めてと、送ってくださるまで大変だったことと思いました。
本当にありがとうございました。


泥づくりをはじめると、
年長さんが、
田んぼの先生が送ってくれたんだ!
と言っていました。

毎年きてくださったことが
子どもたちの栄養になっています^ ^

東京都 広尾シュタイナーこども園 I先生より


□スタッフより

毎年こどもたちとするバケツイネへの田植え、
とても楽しみにしています。
こどもたちの興味津々のキラキラした目、
苗をやさしく持ってね、と言うとそっと持つ手。
イネを育てることで、いろんなことを観たり、
学んだりしていることが伝わってきます。
私自身がいつも勉強になります。
毎年イネを育てて下さいましてありがとうございます。




[PR]
by yoojie | 2017-06-06 04:25 | お客様の声 | Comments(0)
<< ■お客様からのお問合せ:手数料... バケツイネとこどもの視点とにつ... >>