半年熟成の「新みそ」が一年熟成の「確然」に名称が変わります。

味噌は、生きています。
米に麹を加えて米麹にし、
煮た豆と合わせて
「米麹みそ」
が、出来上がります。

樽の中で、時間をかけて自然に発酵させます。
半年ほどで「新みそ」になります。

味噌は時間と共に味と風味に深みを増していく
発酵食品です。

一年経った味噌は「確然」となります。

二年熟成させた味噌は「濃熟」となります。

厳冬期に味噌を仕込みますので、
二月に名称の切り替えをしています。

本日以降、
10月から販売しておりました「新みそ」は
「確然」の名称で販売いたします。
2017年仕込みの味噌です。

「確然」は、2016年仕込み

「濃熟2015」は、二年寝かせたもの
「濃熟2014」は、三年寝かせたもの

と、なります。

それぞれに、風味の違いがあり、
二種類以上のお味噌を組合わせて楽しんでいただけます。

味噌三種類お届けには、
送料込みのセット「かおり」がお勧めです。

b0126182_10162754.jpg
特にご指定のない場合は、
「確然」-2袋+「濃熟2015」-1袋
にてお届け致します。

備考欄に、ご希望の味噌の種類をご記入下さい。

生の味噌ですので、腸活にも、良いですね。

ご注文は、こちらから→http://www.afco.jp/total/totalform.htm


冬って、身体に溜め込みやすい、
なんか、身体に溜まった。という感覚ないでしょうか?
実は、私はあります。
そういう時には、
身体を動かすことが、基本なのでしょうが、
同時に、
少し意識して「玄米あずきごはん」と「味噌」を
いただきます。
何時もより、ちょっと「生でなめる」
「ぬた」や「ネギ味噌」でいただく、など。
ちょっと、意識的に増やします。
ちょっと、意識的に、です。

先日、妙齢のスレンダーな奥様とお話していたら、
「私ね、ちょっと小腹がすいたかしら、っていう時に、
お宅のお味噌、小匙に半分くらいなめるのよ。
おいしいわね。」
と、おっしゃいました。
そうなんですね?!
なるほど。
自転車競技の方も、味噌、良いかも。
と、言っていたので、なるほど、
エネルギー・チャージにも便利かもしれません。
豆と米と発酵の組み合わせですものね。

なるほど。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2018-02-11 11:04 | お仕事の話 | Comments(0)
<< 2018年2月16日 朝7時ごろ  春の日差しになってきましたね。... >>