汗をかくと食べたくなるもの

春の農繁期は、気温の上昇期と重なります。
5月10日ごろから、6月15日頃までは、
田植えやその周辺の作業が目白押しです。

ちょうど、春の穏やかな日差しから、
初夏に近いきつい太陽に変わり始め、
気温も30度近く上昇する日もあります。

暑くなると、汗をかきます。
泥仕事なのでヤッケを着ています。

半日でかなりの量の汗をかくので
塩のきいているものが食べたくなります。

身体が疲れている夕方には
吸収の良い汁っぽいものが食べたくなります。

よく作るものは、野菜と手羽先のスープ。
冷蔵庫の野菜をみんなみじん切りにして
手羽先と一緒に数時間煮込みます。
トマト缶とセロリを多めに入れて
ミネストローネ風に仕上げます。

夕方、小腹が空いたら
少しいただきます。
熱々に、とろけるチーズとクラッカーを足したり、
ごはんを一口分足すと、
「おやつ」としては、かなり満足です。
[PR]
by yoojie | 2008-05-13 20:34 | 味噌汁日記 | Comments(0)
<< ちょっとしたこと かえるの卵 >>