上越から高崎へ

秋の山はしっとりとした雨の日が美しい。
緑濃い針葉樹と、紅葉を始めた広葉樹。
b0126182_2139246.jpg



道沿いの家には味のある看板。
b0126182_21403623.jpg



多分「はさかけ」に使われる杉。
b0126182_2141936.jpg



一年中水を張った山の田んぼ。
b0126182_21415458.jpg



雪除けの為のドーム型トンネル。
b0126182_21422894.jpg



はさにかけたイネも回収されて、
今年の秋作業が終わった。
b0126182_21425685.jpg



六日町の高速道路はいつもがらがらにすいている。
b0126182_21433787.jpg



山に囲まれて、雲が降りてきた。
「うわー、日本画の世界だ。」
「東山魁夷に、こういう絵多いよね。」
谷川岳周辺の新潟側は、こんな天気の日が多い。
b0126182_21442138.jpg



トンネルを抜けると群馬県。
「まぶしい。」
日本海側の住民にとっては、
このまぶしさは、眼が痛いほど。
b0126182_21445246.jpg



高い山もなくなって。
b0126182_21453072.jpg



二毛作のせいか、イネもまだ完全に熟していない。
b0126182_21454636.jpg



夕方の月は、ドコモ同じで淡い色合い。
b0126182_2146290.jpg


[PR]
by yoojie | 2008-10-11 21:38 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< くもの食事は黄色い「が」 信州「食」の商談会 >>