2016年 01月 17日 ( 1 )

子供の話:雪の朝に、車の中をブルーハーツ大音量にする。

雪が本格的に降り始めて、気温が下がりました。
数日間の積雪で、地温も下がり始めたせいか、
道路はジャリジャリと凍っている模様。

中三男子、模擬試験というので車で送っていく。
普段なら20分で行けるところですが、
雪が降っているので、40分見ることにしました。
「ねぇ、出かける前に車の雪落としておいてくれる?」
「わかった。」

b0126182_116166.jpg


車の中では、昨日図書館で借りた
ブルーハーツのCDが大音量でなっていた。

「やっぱり凍ってる。30Kmでしか走れないね。」

b0126182_1175080.jpg


国道に入ると、50Kmくらいは出せるのですが、
滑ると遅刻が確定なので、
いつもより、ずっと、ゆっくり走る。

「あたし、この道、いつも90なんだけどな。」
「いや、それは、駄目でしょ。」
中学生らしく、やたら規則に忠実なご意見を拝聴する。

b0126182_11103750.jpg


「これ、こうもとひろと?」
「そう、ブルーハーツ。」
「ママも、すきだねぇ。」
「そう、大好き。もう、そんなに借りるなら、買ったほうが良い
ってくらい、おんなじCDばっかり借りてんだよね。」
「ふふん。」
こうもとひろとが青空を歌う。
中三男子も音をはずしながら口ずさむ。

b0126182_11141542.jpg


「何時に終わるの?」
「4時。」
「終わったら、電話して。」
「わかった。」
「じゃ、」
「じゃ。」

b0126182_1116234.jpg


雪の日に、車の中でブルーハーツを聞くと
どうも、中三の頃の自分とシンクロする。

b0126182_11174764.jpg


そして、満州の冬の話をする祖父を思い出す。

b0126182_11184415.jpg


満州の冬は寒い。
「気温はマイナス40℃や。」

b0126182_11192419.jpg


小学生の頃は、機関車トーマスみたいな
面白おかしいハプニングの話ばっかりをよく聞いた。

b0126182_11202522.jpg


大人になってから、しんどい話も聞いた。
だけど、総じて楽しかったのだと言う。
「おばあちゃんと、一緒に居ったからな。」

b0126182_11211181.jpg


先日、婚活アドバイザーをしている、
と言う方が、
「皆さんの結婚から連想する言葉を教えてください」
と、おっしゃっていたのを思い出した。

結婚・・・。家族・・・?

祖父の心が私に響き、
父母の心が私に響き、
私を作る。
私の家族には、私の心が届いているのかな、
と、考える。
まぁ、きっと、何かが届いているのだろう。

家族。
雪と同じくらい白く、同じくらい美しく、
雪と同じくらい寒い日もあり、そして温かい。
除雪と同じくらいこまめなメンテナンスが必要だ。

うん、うん、そうそう、
ごはんを一緒に食べると楽しい。

















アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
[PR]
by yoojie | 2016-01-17 11:55 | 子どもの話 | Comments(0)