人気ブログランキング |

カテゴリ:味噌汁日記( 458 )

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。_b0126182_22242993.jpg
今年の味噌を仕込みました。
秋山農場産のコシヒカリの
分づき米を使った米麹と
上越産の青豆と
五島灘の塩を使って仕込んでいます。

ご家庭で育てる
「熟成前の仕込み味噌」も
お届け開始しました。

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。_b0126182_22240206.jpg
「育てるお味噌をお願いします。」
「お友達と、二人で育てるのよ。」
「毎年やっているから、桶はいらないわ。」

仕込み味噌、4.5Kg です。
ご自宅で桶に移して熟成させます。
(桶入りもございます)

楽しんでくださいね。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
by yoojie | 2020-03-10 22:11 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お味噌の名前が変わりました。

お味噌の名前が変わりました。

お味噌の名前が変わりました。_b0126182_23243247.jpg

2019年の2月に仕込んだお味噌は 「確然」です。
ちょうど、一年仕込みになりました。

2018年の2月に仕込んだお味噌は 「濃熟2018」です。
二年仕込みです

2017年2月に仕込んだ味噌は 「濃熟2017」です。
三年仕込みになります。

お味噌の名前が変わりました。_b0126182_23253477.jpg

2016年2月に仕込んだ味噌は 「濃熟2016」です。
四年仕込み、人気があります。
古い味噌の中では一番人気です。
味噌の中の微生物が複雑になっているので
身体にやさしい美味しさです。
ただ、色が黒いのでお味噌汁に使う時は
確然など、若い味噌と組み合わせるのが
お勧めです。
香りも味も複雑な深みがあります。

お味噌の名前が変わりました。_b0126182_23260393.jpg
色だけでは、よく分からないですね。
一年仕込みの「確然」と、
合わせて使うと味噌汁が複雑な美味しさになる、
と、確然2袋と濃熟の古いものを組み合わせて
お選びいただいています。


お味噌の名前が変わりました。_b0126182_23322060.jpg



冬のお味噌汁は、
身体もあたたまって美味しくいただけますね。

セリをたっぷり浮かべたアサリの味噌汁には
濃熟の味噌がお勧めです。

昔ながらの手づくり味噌。
長期熟成の生味噌です。


アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2020-02-16 23:36 | 味噌汁日記 | Comments(0)

「新みそ」の樽出しです

「新みそ」の樽出しです_b0126182_22515567.jpg
新みその樽出しです。
2019年3月に仕込んだ味噌、
出来上がりました!

香り豊かで、コクのある味噌です。

特徴としては、

麹は、秋山農場の「分づき米 コシヒカリ」を使用しています。
麹の割合が多いので、甘口です。

米麹の「つぶつぶ」が、
お味噌汁のお碗に、雪が舞い降りたように、ふんわりと浮かびます。

豆は、地場産の「青豆」を使用しています。
新みその間は、豆の香りが強いです。
黄色い豆に比べて、パンチが強いと言いますか、
豆っぽい、と言いますか、
豆のコクがある、お味噌になります。

豆と麹に酵母を加え、
時間をかけて、自然に発酵させた「生味噌」です。

生きている発酵食品です。

新みその美味しさを、ぜひ、ご賞味下さい。

「新みそ」の樽出しです_b0126182_22593891.jpg





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-10-19 22:59 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います

味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います_b0126182_22274838.jpg
カブ、地元産の中くらいの大きさのものです。
味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います_b0126182_22292539.jpg
カブが半分。
茎が少々。
分量が同じくらいになるようにしています。

たっぷりのかつおだし、
新みそで仕上げました。
大根とはまた違う風味です。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2018-11-25 22:31 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:新みそ

先日の、新みその写真、
撮ったときは、いい写真だと思ったのですが、
やっぱり、イマイチみその「味噌っぽさ」が出なかったな
と、思い、リベンジしました。
味噌の表面を滑らかにしてみると、
麹が混ざっているのが見えます。
これが、「米麹味噌」の特徴で、
味噌の甘味旨味をつくります。
味噌汁日記:新みそ_b0126182_10090545.jpg
仕込んですぐの時は、「豆の香り」が強く
それが熟してくると「発酵した香り」になります。
今は「熟成した香り」がします。
一年熟成の味噌と、二年・三年寝かせた味噌は
みんな、香りが違います。
新みそはたっぷりの出汁にワカメや豆腐、
大根やお麩など味をしみこむ具や
あっさりした具が良く合います。

味噌汁日記:新みそ_b0126182_10160856.jpg
大根が美味しくなりましたので、
大根と新みそのお味噌汁に
大葉を浮かべました。





味噌汁、体があたたまる
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2018-11-09 10:18 | 味噌汁日記 | Comments(0)

新みそ、香り豊かに樽出しです。

秋が深まり、気温が下がってまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

2018年の冬に仕込んだ味噌が、
梅雨を経て、土用を越えて、
香り豊かなお味噌に熟成いたしました。

新みそ、香り豊かに樽出しです。_b0126182_23431310.jpg

樽出しです。

味噌セット「かおり」をご注文いただくときに
新みそをご希望のお客様は、
備考欄にご記入下さい。

新みそを3袋ご希望の場合:「新みそ×3」
新みそを2袋と確然を1袋の場合:「新みそ×2・確然×1」
新みそ・確然・濃熟2016を各一袋の場合:「新みそ・確然・濃熟2016」

特にご記入のない場合は「確然×2袋・濃熟2016×1袋」の
お届けとなります。

よろしくお願いいたします。

新みそ、香り豊かに樽出しです。_b0126182_00023523.jpg
えのきとお麩の味噌汁
色が薄い味噌汁になりますが
香りもお味もしっかりとしています。
一口目は、新みそ特有の香りを充分に楽しんでから
お召し上がり下さい。




ごはんとお味噌汁があれば、食卓はまるく収まる
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2018-11-07 00:06 | 味噌汁日記 | Comments(0)

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。

長期熟成の「濃熟 2014」のご案内です。

2014年の三月に仕込んだお味噌は
この三月でまるまる四年、寝かせています。
しっかりと、自然に熟成したお味噌は
塩がまろやかになり
微生物が複雑になって香りも良い。
四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17542160.jpg
赤いお味噌になります。
シジミの味噌汁にはとっても合います。
また、えのきとのりなど、
あっさりとした具にも良く合います。

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17544947.jpg

煮干やかつおなど、
しっかりした魚の出汁を使うと
赤味噌の風味がいっそう引き立ちます。
白ネギを十字の縦に切り、
それから1mmくらいの薄切りにして浮かべました。
上品なスライスより、
少しネギの食感を残した方が合うと思います。

サバの味噌煮、モツ煮の味付けなどには
断然、この赤い味噌がお勧めです。

春、普段より気持ち多めに味噌を食べる。
良いですね。

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17543404.jpg

玄米食の方に、人気があるお味噌です。
例えば、こんな風にお届けしています。

食べるものが、身体を作りますから。


私は、個人的にはこの赤い味噌と、
一年仕込みの「確然」を
混ぜて使うのが好きなんです。
お味噌汁の時は、
濃熟2014:確然=3:1
くらいで混ぜます。
酢味噌にする時は、
混ぜる比率を逆にして酢で伸ばします。

やっぱり、生のお味噌ですから、
微生物が生きていて、
発酵の度合いが違うと
風味や香りが混ざり
更に複雑で美味しさも増す気がします。


今日の晩御飯は、やっぱりこの味噌使って
サバの味噌煮かなぁ。

お味噌のご注文はこちらからhttp://www.afco.jp/total/totalform.htm




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




HOTな食べ物教えて!



by yoojie | 2018-03-09 18:20 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お客様の声:仕込み味噌・1家族一年分の予約って、出来ますか?





味噌を仕込む時期ですね。
今年もたっぷりの麹が甘くて旨みのある味噌を仕込みます。
お客様の声:仕込み味噌・1家族一年分の予約って、出来ますか?_b0126182_09004389.jpg

■お客様からのご質問

味噌の仕込みってお願いできませんか?
今まで糀屋さんにお願いして、春にプラスチック桶に
仕込んで地下室で熟成させていたのですが、糀屋さんも
高齢のためどこかにお願いできないかと思い、
お伺いする次第です。
量はここのところ、プラスチック製漬物桶20型(一斗)で
作ってもらってたんですが、同様にできますか?
塩分控えめで仕込んでいたので、我が家の味噌も
甘めだと思います。


□スタッフより

味噌の仕込み、お問合せありがとうございます

麹は、秋山農場のコシヒカリを使います。
分づき米での仕込みになるので、
麹のつぶつぶが残りやすくなります。
麹と豆の割合  麹:豆=1:1.3
と、少し甘めに仕上がります。

お客様の桶に味噌を入れてのお届けいたします。
桶→漬物用袋→仕込み味噌→内蓋→重し→外蓋 
になります。

仕込み味噌の季節ですね。
ご自宅で仕込む仕込み味噌もご案内中です。

お客様の声:仕込み味噌・1家族一年分の予約って、出来ますか?_b0126182_09120148.jpg














春の山菜を味噌や酢味噌で食べるとおいしい
デトックスですね。






米が美味いと味噌も美味いよ。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





by yoojie | 2017-03-15 09:14 | 味噌汁日記 | Comments(0)

2017年明けましておめでとうございます→お雑煮我が家風。→え、普通の味噌汁?→そーなんです。

明けましておめでとうございます。
旧年中は、ご愛顧の程ありがとうございました。
新年もよろしくお願い申し上げます。

2017年明けましておめでとうございます→お雑煮我が家風。→え、普通の味噌汁?→そーなんです。_b0126182_10504726.jpg

朝からお餅を焼きまして、
一枚を1/3サイズにして
お味噌汁に入れる用に焼きます。

2017年明けましておめでとうございます→お雑煮我が家風。→え、普通の味噌汁?→そーなんです。_b0126182_10543544.jpg

お雑煮をいただきました。

2017年明けましておめでとうございます→お雑煮我が家風。→え、普通の味噌汁?→そーなんです。_b0126182_10551906.jpg

お餅はもちろん切もちです。関東風ですね。
ほうれん草と、油揚げの赤味噌(二年熟成)仕立てに
彩りにかまぼこと、香り付けにユズの皮と春菊です。
お雑煮としても、微妙に関東風でしょうか。

お雑煮のお餅は、本来は
「一年の初めをまっさらな気持ちではじめよう」を表して
「白もち」をいただくものなのでしょうが、
今年のお餅は「ゆずもち」です。
お味噌汁に入れて、とても香りが良い。風味豊かです。

2017年明けましておめでとうございます→お雑煮我が家風。→え、普通の味噌汁?→そーなんです。_b0126182_10574885.jpg

こちらは、玄米餅です。
冬になって、肌がカサカサしてかゆい、
という中二男子用。

肌のカサカサ何とかしたい、と言うので、
「兄は、春と秋に玄米(あずき入)食べるんだよ。」
と、言いましたら、
「オレ、玄米ごはんを食べるより、玄米のお餅の方がいい。」
ということで。
冬の間、毎日一枚の半分くらいの量をおやつとして
食べています。
ビタミンBの効果でしょうか、
効果は各人によるのでしょうが、
二週間ほどでだいだい肌荒れが改善されてきます。
「うん、これならごはんより食べやすいかも。」
御餅で食べても
チョッピリ、ざらざらした玄米の舌触りが気になるようです。
甘くて、焼くと香ばしくて、
私は白いお餅より、玄米餅のほうが好きですが。

笑いの多い一年となりますように。






美味しいもの、食べているものが体を作ります。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku








by yoojie | 2017-01-01 11:13 | 味噌汁日記 | Comments(0)

高1男子、お弁当を入れる。

4月から、お弁当を持って学校に行くようになった高1男子。
一ヵ月半、母(私)が入れていたが、
段々と学校生活にも慣れてきたので
お弁当を入れる係りを交代することになった。

高1男子、お弁当を入れる。_b0126182_23431952.jpg

これが、私が入れる最後のお弁当か?

高1男子、6時に起きて、
前の日の夜に作ったおかずと、
朝に焼いた鮭と、もう一品ほど自分でつくって入れます。

食べることは、生きることの基本です。
まだ、はじまったばかりですが、
美味しいお弁当が食べたい。
と、色々考えながら作っている模様。
美味しいに妥協しない姿勢が素晴らしいと思います。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2016-05-17 23:43 | 味噌汁日記 | Comments(0)