カテゴリ:味噌汁日記( 454 )

味噌汁日記:シジミの赤だし


天ぷらの時、天丼の時には赤だしのシジミにします。
味噌は、二年以上熟成させた「濃熟」を使います。

熟成の進んだ赤い味噌は、デトックス効果が高く
シジミも脂肪肝の予防・強肝作用・デトックス効果あり。
油物との相性が抜群ですね。
ネギでもいいのですが、
カイワレ大根を添えても美味ですよ。


b0126182_12184062.jpg


          





仕込からこだわりの自然な長期熟成味噌は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-02-07 12:10 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:ほうれん草と油揚げ→網を使って出汁をとる。

b0126182_23554686.jpg


冬のほうれん草は、柔らかくて甘いので、
野菜が苦手の方でも、
夏よりは、美味しくいただけます。

ほうれん草など、青い葉っぱは
先にごま油で炒めてから、
鍋に出汁を注ぐと、美味しさがアップします。

今回は、ほうれん草を炒めた後で
出汁をとりました。

1.ほうれん草と油揚げをごま油で炒める

2.水を入れて、煮干を入れる

b0126182_021555.jpg


3.沸騰したら、かつお節を入れる

b0126182_055440.jpg


4.1分ほどしたら、ザルをあげる。


これは、意外と簡単に出汁がとれてよかったです。
最近、カルシウム補給を意識して、
出汁に煮干を使うようになりました。

煮干+かつお。
煮干+昆布。
煮干+干ししいたけ。

出汁の香りが良いと、
味噌汁の「おかわり率」が上がります。



野菜の味噌汁には、「新みそ」がお勧めです。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-01-23 23:40 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:白菜の味噌汁


おかずが肉系の日は、
野菜の味噌汁が食べやすいです。
昆布とかつおで出汁を強めにとって、
白菜をたっぷり入れてあっさりと「新みそ」で仕上げます。
ユズの皮とセリを少々浮かべましょう。

b0126182_10412653.jpg






味噌の材料の米と豆から作って、仕込む。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/total/miso.htm
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-01-21 10:23 | 味噌汁日記 | Comments(0)

白菜を使った美味しいもの→それは餃子でしょう。

白菜、一玉カットすると、全部食べてしまうまでに
数日かかります。
そして、なぜか、すぐに食べてしまわなければ!!!
という風に思ってしまいませんか?
本当は、ちょっと時間をかけて食べても
そんなに痛まないのですが・・・。

私、白菜をたくさん使った美味しいもの、
なんといっても餃子が好きなのです。
キャベツを使った餃子もいいのですが
白菜を使った餃子は甘味があって
やわらかく、ジューシーに仕上がります。

皮も粉をこねて手づくりで。

b0126182_17565945.jpg


白いごはんが、すすみます。
ごはんと餃子とワカメスープ。
ちょっと、野沢菜なんかつまんで。
おかずが少ない?
でも、手づくり餃子の日だから。

野菜もたっぷりですし、
ネギやニラやにんにく・しょうがも入って
風邪引きそうな人にも良いです。
元気がでます。




元気ごはんで元気な毎日
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2015-01-12 17:52 | 味噌汁日記 | Comments(0)

酵素玄米ごはんのアレンジ:コーンクリームリゾット風

b0126182_2211126.jpg


酵素(寝かせ)玄米ごはんの保温日数は
三日が最適だと思いますが、
実験として、五日寝かせたごはんを作ってみました。
ちょっと、かたいです。

そこで、コーンクリームスープでリゾット風にアレンジ。
小豆とコーン、すごく相性が良くて、
普通の白いごはんで作るよりも
コクが出て、実に食べやすいです。

酵素玄米ごはんに、スライスチーズをのせて
コーンクリームスープの少し煮詰めて
とろみの濃くなったものをかけます。
(今回は、細切りキャベツ入り)
パセリを散らして出来上がりです。
朝ごはんにも、おやつにも。




玄米で食べても安心な低農薬のお米は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-12-25 21:59 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:小松菜と油揚げ

b0126182_22242890.jpg


小松菜と油揚げは、人気味噌汁筆頭です。

1.小松菜をごま油で炒める。
2.だし汁を入れる。
3.油揚げを入れる。
4.沸騰したら火を止めて味噌を溶く。

出汁は、「煮干」と「昆布」と「かつお」のうち、
かつお出汁が一番人気でした。
味噌は、新みそと一年仕込みの確然を
半々で使用しています。









麹用の米から自家製!自然な長期熟成の手づくり味噌は
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-12-23 22:24 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:寒くなったら、なめこ、いいよね。

b0126182_20534950.jpg


なめこの味噌汁は、身体が温まります。
寒くなったら、
なめこと豆腐とせり、の組み合わせがとても合います。

なめこは、株付のものと、
株を取ってしまっているものがありますが
株付のほうが、味噌汁にすると美味しいです。
なめこだけよりも、
豆腐とせりが入ったものの方が、美味しいです。
ユズも、合わせるとおいしいのですが、
ネギは、なぜかあまり合わない気がします。





身体にやさしい長期熟成生味噌は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-12-12 20:52 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:炊き込みご飯ともち米の相性について考える


b0126182_1092521.jpg


炊き込みご飯を作ると、
味噌汁の具は少なめで、味噌も少々薄めにします。
新みそと一年仕込みの確然を半々で使用しました。

「親戚から、古米を頂いたんですけど
どうやって食べるといいですか?」
というご質問を、
夏の終わりから秋にかけて少なからずいただきます。

そんな時、炊き込みご飯はどうでしょうか?

実は、炊き込みご飯は、
古米でつくると思った以上に美味しくできるのです。
全体が、パラッと仕上がりべたべたしない。
米が味をしっかりと抱き込みます。

そして、ここが技あり!

もち米をプラスしてあげます。
旨みが増し、もっちりとした仕上がりになります。
もち米は、新米でも古米でもどちらでも大丈夫。

うるち米:もち米=3合:2合

くらいの比率で作ると、

不思議と、グッと良いお味に仕上がります。

是非是非お試し下さいませ。
http://www.afco.jp/total/totalform.htm
ずーっと下の方にもち米あります。


もち米にも、実は産地と品種により味が色々あります。
やっぱり美味しいもち米は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-11-25 10:24 | 味噌汁日記 | Comments(0)

酵素玄米とおでん


b0126182_8481761.jpg



酵素玄米、皮膚のつやが良くなると
以前のブログでもお伝えしましたが、
引き続き、実験的に、時々食べてます。

冬になると、肌がカサカサしてくるのですが、
まぁ、特に手の甲とか。
手の甲が、例年に比べてカサカサしない。
ただ、どうも、もそもそして食べにくい感があるので
今回は、とろろをのっけてみました。
美味いし、食べやすいです。
寒くなったので、おでんもそえて。








安心して食べれる玄米、白米、ぶ搗き米は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-11-19 08:45 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:えのきとしめじと豆腐とあおさ


b0126182_23185298.jpg


秋は、きのこの味噌汁が美味しく感じます。
といっても、
これは一年中ある栽培えのきとブナシメジですが。
それでも、やっぱりきのこは秋の具です。
豆腐とあおさを
組み合わせました。
味噌は、確然:新みそ=2:1

かぼちゃが美味しい時期なので
かぼちゃのカツにしました。
天ぷらもいいのですが、
カツにしたほうが、かぼちゃのホクホク感がより多いです。
かぼちゃのカツ、男子も満足度も高いです。





ごはん、食べると元気が出るよ。健康生活応援米は、
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/
低農薬・自然栽培:Riki-Saku
[PR]
by yoojie | 2014-11-13 23:16 | 味噌汁日記 | Comments(0)