年間予約の募集中

ご家庭で食卓にのぼる「ごはん」
美味しく、便利で、お得に購入できる
「年間予約」を募集中です。

一年を通してご予約いただき、
決まった日にご自宅までお届けいたします。

ご予約いただいた方は、
「プレミア会員」としてお迎えし、
ちいさな特典や、プレミア価格でのご優待を
ご用意しております。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。
お客様のお台所にあったお届け方法を
相談しながら
ご提案させていただきます。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-15 17:42 | お仕事の話 | Comments(0)

おコメの種

おコメの種は、当たり前だけれどおコメです。

RikiSakuになるおコメは
今週から、種まきが始まるので
芽だしをしました。

芽だしとは、種から芽を出すことです。
水にしばらく浸しておいて、
暖かいお湯につけてやると、

「お-。こりゃよかよか。」
「め~がでるわなぁ。」

と言って(言ってるか?)
タネモミから根が出ます。
これは、まだ芽ではありません。
根なのです。
b0126182_17325253.jpg


で、この根が出た種を蒔いて、
温度と湿度の高いところに
3日~4日ほど置いておくと、
芽が出るんです。

種まきが始まると、
春も中盤に来たなぁ、と思います。

意外と風邪を引きやすい時期ですので
皆様お体大切に。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-14 15:17 | 田んぼのこと | Comments(0)

さより

さよりを刺身にした。
細い。
小さい。

細くて小さいが、身がぷりぷりとしていて
包丁を入れても肉が崩れない。
アジやいわしより、ずっと調理が容易です。

骨は、油で揚げて骨せんべいにする。

一年中あるようでいて
春に出回る 「春もの」です。                                                                                                          
[PR]
# by yoojie | 2008-04-13 23:02 | 味噌汁日記 | Comments(0)

豆を食べる

久保田 競さんという脳の学者さんの本によると、
脳に良い食べ物は「大豆」なのだそうです。

1月に著書「バカはなおせる」を読み、
今また「賢い脳の作り方」をパラパラとめくっています。

あごを使わないカレーやハンバーグは脳に良くない。

かまなくても食べれる食品は、
歯が悪くなったり、肥満になったりすると
家庭科の時間にも習いました。

身体の機能をよく使わないというのは、
脳にも悪いんですね。

するめを食べたり、硬い物をかんでいると
あごが成長し、子供の歯が抜けると、
歯医者さんにも言われました。

身体を作っていくということは、
脳を作っていくということなのでしょうか。

「おいしー!」と感じることは、
脳には良い刺激だと思うんです。

あまりかまないけど、人気のカレーと、
脳に良いという大豆とよくかむキャベツのサラダを組み合わせて、
フルーツとしてパイナップルを出す。

美味しくて、歯も使って、脳にも良さそうです。

いつもこんなうまい具合にいかないんでしょうが、
あれとこれを組み合わせて、
美味しくするためにこうやって、
と、工夫をすることを考えるのは、
とっても脳の若さを保つのに役立つそうです。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-12 11:38 | 味噌汁日記 | Comments(0)

そろそろヌカ漬け

野菜が美味しくなってくると、
浅漬けが食べたくなります。

暖かくなり、汗をかくことも増え、
身体が塩分を求めるということもあるでしょう。

玄米が苦手な方も、白米とヌカ漬けを食べることで
玄米食と同じような栄養価を摂取することができます。
野菜も食べるので、ビタミンやその他の栄養も取れますね。

この時期は、お米のお届けのときに
一言ご連絡いただけば、
新鮮な「ヌカ」を同封いたします。
スーパーの袋1~2個分くらいで
家庭用のヌカ床は充分できます。

私は、最初のヌカ床は「炒りヌカ」を使います。
ヌカをフライパンに入れ、弱火で焦げないように
炒ります。香ばしいいいにおい。

ヌカ床がなじんできて、さらにヌカを足すときには、
生ヌカを足します。

その方が、失敗が少ないような気がします。

最初のヌカは、炒って雑菌を消毒し、
ヌカ床にとって良い菌を増やします。

ヌカを足すときには、一度に少しずつですから、
生ヌカを足しても、ヌカ床の菌の力関係に大きく影響が出ない。

と、理解しております。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-11 10:23 | 味噌汁日記 | Comments(0)

配達の 帰り川原に さくら咲き

関西・関東では、さくらもそろそろ名残りだそうですが
こちら上越はちょうど満開です。
b0126182_15393485.jpg



もう、週末には散るんじゃないかと
高田の夜桜にも足を伸ばします。
b0126182_15453241.jpg



ぐるっとお城を一周して、
名物のしだれを見学します。

b0126182_15514228.jpg


[PR]
# by yoojie | 2008-04-10 15:49 | 575 | Comments(0)

野菜が美味しくなってきた

野菜が美味しくなってきました。

雪国では、春まず出てくるのが「とう菜」。
とうのたった菜です。
おひたしや、ドレッシングであえて食べます。
今の時期だけたくさんで回るので、
負けじとたくさん食べます。

うどや、こごみなどの山菜もそろそろ出てくるでしょうか。

「和もの」な葉ものをさっぱり味で食べたい時は、
味噌+甘酢+ゴマ+ごま油(少々)であえると
(イメージとしては三杯酢より酢大目な感じで)
たくさん食べられます。

その時取れる野菜を毎日食べる。
そればっかり食べるのを
「ばっかりめし」と呼ぶそうです。

毎日食べて食べ飽きた、ところからできた言葉なのでしょうが
旬な野菜を毎日食べている。
ある意味贅沢なことですね。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-09 09:59 | 味噌汁日記 | Comments(0)

玄米・発芽玄米・ぶづき米

ここ数年、「玄米」「発芽玄米」「ぶづき米」に
関心が向いているようです。

現在は、食品汚染の時代・長寿難病時代といわれているそうです。

玄米食は、手間隙がかかります。
また、食事するにもけっこう大変です。
健康が何にも変えられない、
と、覚悟?のある方なら大丈夫でしょうが、
なんとなく、健康なものが食べたいのだけど、
という場合は、長続きしないのではないかと思います。

でも、ちょっとでも健康なものが食べたい。
そんな方には、
発芽玄米を白米に混ぜて食べるのがおすすめです。
まず、炊飯が楽です。
栄養価も高いです。芽が出ていますから、
表面の硬い皮が一度破れています。
そのせいで、浸水もしやすく炊飯も易しいのです。
プチプチとしたゴマのようで食感も良いです。

ごぼうやニンジンやレンコンをたっぷりと入れた
根菜のチャーハンや石焼ビビンバなど、
しっかりとしたごはん物には白米よりも良く合います。

白米を炊いて食べるように食べたい。という方には
「ぶづき米」がおすすめです。
ただし、「ぶづき米」は毎日炊飯する方に向いています。
なぜなら、玄米の表面の硬い皮を剥いてしまっていますから
栄養素がむき出しの状態なのです。
その栄養素の部分が「甘み」「旨み」になるのですが
当然、カビなどの菌類もこの栄養素につきやすくなります。

そのため、「ぶづき米」は、お米の中では
最も劣化しやすいといってよいと思います。
毎日、お米を研いで、炊飯していると
劣化しているかいないか分かりますが、
たまにしか炊飯しない人では、見分けにくいでしょう。

主婦の方には、「ぶづき米」が人気があります。
中高年男性には、「発芽玄米入り白米」に関心があるようです。

ご飯を炊くのは、毎日のこと。
自分も家族も健康で楽しく食べられて満足できるごはんを目指したいものです。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-08 10:29 | お仕事の話 | Comments(0)

三寒四温

三日ほどさむい日が続くと、
その後四日ほど暖かい日が続くのを繰り返すという
気温の周期的変化の現象。冬の季語。
-新潮 現代国語辞典-

春のことをあらわしているのだと思ったら、
冬の季語だそうである。
冬から春にかけて
そのどちらともいえないような時期に使う言葉か。

季節的には完全な春ですが、
ちょうど「三寒四温」なこのごろです。
b0126182_859090.jpg


保育園の統合により、廃園になった保育園の桜。
毎年見事に咲くので観にきたら、
蕾しかない桜と、5分咲きの桜とまばらだ。

気温や気圧が安定しないので、
木によって、開花が大きく違ってきます。
咲いている木は、咲いていない木に守られて
冷たい風が直撃しない上に太陽がしっかり当たる場所です。

春は、あたたかく穏やかな印象がありますが、
実際には、春の気候は激しく変わりやすく厳しいです。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-07 09:03 | 田舎暮らし | Comments(0)

高田は観桜会が始まりました

東京や大阪では、桜ももう終盤でしょうか。
上越市の「高田」は、
高田城」があり、桜の名所として有名です。

ウィキペディアによると、
高田城は、徳川家康の六男、松平忠輝の居城として
天下普請によって造られ、明治3年に廃城。
その後、陸軍が駐屯し、陸軍の入城時に3000本を超す桜(染井吉野)が植栽され、
現在でも日本三大夜桜のひとつとして知られる。
とあります。

桜の本数が多いので、満開の時には、立ち尽くすほどの美しさ。

4月4日から、蕾が固いまま観桜会が始まりましたが、
昨日・今日の晴天でかなりの花が開くのではないでしょうか。

車で、お城の前を通りました。
この季節は、お城周辺の道路は封鎖され歩行者天国になったり
渋滞したりで大変交通の便が悪いのですが、
ついついお城付近を通ってしまいます。

いつもはイライラする信号待ちも、桜を見ながらなので
気になりません。むしろ、信号待ちでちょうど良いくらい。

さくら、咲いたかなぁ~。

固い蕾の濃いピンクの桜並木も、意外と美しいもので
咲かない桜の木下で、お弁当を広げたり、
家族で散歩したりする姿が沢山見られます。
屋台もまだ、半分くらい。
地元の人が、休日に家族で出かけてきて、
ぶらっと一回りして帰る。そんな感じです。

満開になると、桜を観に来たのか、人を見に来たのか
というくらいの人だかりになるので、これはこれで良いみたい。

もし、観光バスで、桜を観に来る予定のある方がいれば
その時は、昼なら少し厚めの春のコート。夜なら真冬の服装です。
[PR]
# by yoojie | 2008-04-06 06:56 | 田舎暮らし | Comments(0)