郵便局の民営化で変わったこと。

通信販売の会社ですから、
お客様からの返信用封筒をご用意しております。

平成15年郵便局が郵便局だったころ、
料金受取人払いの葉書を作りました。
それまでは、返信用封筒のみだったのですが、
葉書の返信用もあると便利、ということで。

最寄のメイン郵便局は「板倉郵便局」。
当時は市町村の合併もしておりませんから
新潟県中頚城郡板倉町で、
街のメイン官庁街に位置しています。

料金受取人払いは、2年に1回更新します。
4月1日から使用するための番号をとるので、
いつも若い番号になります。
板倉局で、料金受取人払いを申請すると、
いつも、1番か2番。大きい番号でも4番でした。

2005年板倉町は、上越市に合併しました。

郵便局が民営化して、
局員の愛想がよくなり、親切になったのは良いことです。
一方、板倉局で出来ることが少なくなりました。
住民としては、今までよりは多少不便です。

先日、そろそろ葉書の更新なので、
板倉局に連絡しました。
手続きできるところは、
「郵便事業株式会社 高田支店」だそうです。
今度は、上越市のセントラル。

もらった番号は797番。

3月下旬からスタートする番号をもらったので、
番号は大きくなって当然といえば当然です。
それでも板倉局では、3桁の番号は見たことないなぁ。
しかも、バーコード入り。

首都圏の郵便局で番号をとると、普通は4桁です。

板倉局の管理していた番号は、多分2桁。

2桁の番号を管理していた郵便局は、
板倉局のほかにも沢山あったのだと思います。
すごい高い事務費だ。

多少不便だなんていいながら、
やっぱり民営化して無駄な経費を削減すべきなのだなぁ
と、実感したのでした。
b0126182_1750433.jpg

↑封筒
郵便局の統合も段階があるようで、19年に作った封筒は、
高田ではなく、新井局でした。今は新井局の分も高田でまとめているようです。
↓葉書
b0126182_61624.jpg

[PR]
# by yoojie | 2008-03-31 16:48 | お仕事の話 | Comments(0)

3Kgの袋 -再び-

先日のブログにも、3Kgの袋のことを書きました。
ホームページの注文フォームから、
3Kgの注文ができるようになったこと。

HPをご覧になって、
早速、ご注文をいただきました。
ありがとうございます。

今までは、5Kg袋で買っていたけれど、
3Kgでできるんですね。
5Kgは重いから、3Kgだと助かるわ。

うれしいお言葉です。

大昔、江戸時代などは、コメの単位は1俵。1俵は約60Kg。
おコメは、食糧だけでなく、
お金や資産の意味も持っていたから、
人が持って運べる大きさが一単位となっていたのでしょう。

その後、わらで編んだ俵から、紙袋に変わったら、
玄米の1袋の単位は30Kgになりました。
30Kgなら、成人の男の人でなくてもなんとか運べます。

家庭で食べる為の白米の袋は、
私が子供の頃(20~30年前)は10Kgが主流でした。
お米屋さんに電話をかけて、おコメを買う時に使う袋です。

スーパーや、ドラッグストアで売られ始めた頃に、
10Kg袋と、5Kg袋が出てきました。
それから、だんだん、3Kg・2Kgと小さい袋もできます。

袋の大きさは、持つ人の持てる重さにどんどん変わっていきます。
誰が持っているか、によって大きさが変わるのでしょうし、
何人で食べるか、でも変わります。
居住スペースと、家族の数でも変わります。

お米は、「貨幣」や「資産」から「食糧」になり、
今では、食卓を美味しく彩る「食べもの」になりました。

おいしく、食べる。おいしい単位。
ご家族の台所のご都合に合わせて選んでいただけると幸いです。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-30 19:09 | お仕事の話 | Comments(0)

くばり物  傘さして 土手に つくしたち

585だな。

田舎なので、集落の配り物当番があります。
だいたい、土曜日の午前中に配ります。

3月になると、予算消化パンフレットが沢山配られます。

全く、何でこんなにいっぱい作っていっぱい配るのか、
わけが分かりません。

怒ったところで仕方がないので、
気を取り直して、小さく降る雨の中を配って歩きます。

雨は、春や秋に降るやさしいしっとりとした雨です。
歩くと空気が気持ちいい。

土手にはつくしが森のように林立していました。b0126182_11541450.jpg
[PR]
# by yoojie | 2008-03-29 10:07 | 575 | Comments(0)

タネモミの温湯消毒

種まきの時期になりました。

昨日は、Riki-Sakuになるタネモミの消毒でした。
60度のお湯に約8分。
薬品は、使いません。

タネモミが、
「おー、あったけー。きもちいー。」
「ちっと、あつくないかい?」
「このぐらいでいいんだって。」
などと、温泉気分を楽しんでいるような感じです。

温度と時間はタネが熱くなりすぎて障害が出ないように、
しかも、タネについている雑菌がきちんと消毒されるように
設定されています。

消毒が終わると、今度は水の中。
乾いて固くなっていた身体をゆっくりと水の中でほぐします。

健全に、健康に、元気良く芽を出すためには
それなりの順番と、やり方があります。
それは、おコメの種だけではないのでしょうが。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-28 10:30 | 田んぼのこと | Comments(0)

お天気が変わる

春になって暖かいなぁといっても、
まだ、ファンヒーターが手放せません。

気温も、今日は8度 昨日は17度だったりするので
体調管理も難しかったりします。
その上、花粉症になると、免疫が下がりますから
風邪を引きやすくなります。

春は、ライオンのようにやってきて、
子羊のように去っていく。

英語の例文か何かであったと思います。
春のはじまりは、風も強く気圧も安定しません。

でも、気候が不安定なのに身体を慣らしていくと、
だんだんと、気圧や気温の変化に振り回されなくなります。
動物も、植物も、力強く、たくましく伸びてきますから、
変化のある、ある意味きびしい気候が
美しい花を咲かせるのだなぁと思うと、
暑くなったり、寒くなったりしている間に
人間の身体の中の免疫力も強く成長してるのかなぁ、
などと考えます。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-27 08:13 | 田舎暮らし | Comments(0)

紅梅の かおる日向に くしゃみをし

紅梅がきれいに咲いています。
白梅は3分咲きごろでしょうか。

晴れた昼下がりには梅の香りも気持ちの良いものですが
そんな日は、くしゃみも沢山出ます。

お弁当を持って、ひるね・・・。
はくしょん。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-26 18:15 | 575 | Comments(0)

花粉がつらい

花粉症です。毎日、くしゃみと涙が止まりません。
昨年は、トウチョウ・ウーロン茶と甜茶をブレンドして
花粉症対策として飲んでいました。

今年は、ウーロン茶が切れたので、
(買ってくればいいのですが)
甜茶とシナモンのブレンドにしました。
シナモンは、ただの木の皮状になっているものを
買ってきて、甜茶と一緒に煮出します。
シナモン、女性にはうれしい効能がいろいろあるのです。

下、ご参考まで。シナモンの効用です。
健康の辞典

甜茶は、独特の甘味と香りが苦手な人も多いのですが、
シナモンをミックスすることで、かなり飲みやすくなります。

でも、やっぱり花粉症には、ウーロン茶ブレンドのほうが効くかも。

花粉症にはまいりますが
お茶のブレンドが楽しい今日この頃です。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-25 11:48 | お茶の時間 | Comments(0)

3Kgのおコメ -お知らせ-

お客様よりご要望のあった3Kgのおコメ
HPからも注文できるようにしました。

今までは、3Kgをご希望のお客様は、
HPからではなく、お電話でご注文いただいておりました。
HPからも注文できるので、少し便利になったと思います。
改めまして、よろしくお願い致します。

分づき米も、人気が出ています。
特に、年間でご予約いただいている方、
女性の方、
ご年配の方、
健康や食べ物にに気を使われている方、
に多いようです。

甘みがあって、白米よりも美味しい。
玄米は食べにくかったけど、分づき米なら
とても食べやすい。

などと、お便りもいただいております。

HPの注文フォームにのせるかどうかは、
もう少し、検討させてください。

ご希望の方は、メッセージの欄に
例えば、
「10Kgのうち、5Kgは分づき米希望」と
ご記入いただければ、分づき米にてお届けいたします。

白米とは、別に精米いたします。
お届日には2~3日ほど余裕を見ていただけると
助かります。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-25 07:29 | お仕事の話 | Comments(0)

最近、メタボリックシンドロームが話題になっています。
私も年齢的に、気になるところです。
食卓に、肉料理が多かったのですが
なるべく魚にすることにしました。

日本海の魚、けっこうあります。
新鮮なので塩焼きか、お刺身でいただきます。
いしもち-すずきやタイみたいでかなりうまい。
せいかい-淡白だけどしっかりした白身。
あじ-お刺身がうまい
めぎす-すり身も美味しい

日本海に限らず、最近はいろいろな魚がスーパーに並びます。

ほたるいか-酢味噌和え
かたくちいわし-梅干し煮
さば-さばみそか、塩焼き

コンブ-だしをとり終わったものを2cm角に切り、
     さんしょうと醤油とみりんで煮る。

魚料理は、塩焼きや煮物が多いので、
調理も意外と簡単で、いいですね。

写真:赤っぽいのが「せいかい」 グレーなのが「いしもち」
    顔だけ写すとグロテスクだ。食べかけで、ごめんなさい。
b0126182_10163661.jpgb0126182_10164432.jpg
[PR]
# by yoojie | 2008-03-24 10:35 | 味噌汁日記 | Comments(0)

食べるということ

おコメを扱っています。
おコメは、多くの日本人の主食です。
最近は、おコメも野菜のような扱いになってきていると
一部ではそうなりつつありますが、
それでもやっぱり、主食で食べてる方が多いです。

食べることと、生きることは直結しています。
そのため「死」にも近いところに時々います。

「母がとても、難しい病気になりました。少しでも安全なおコメを
食べさせてあげたい。」
そう言って、お届けが始まってもう4年ほど経つ方。

「父がもう、長くないといわれました。秋に送った新米がとても美味しかったと
もう一度食べたいというので、送ってください。」
と、注文を下さる方。

また、ご家族の死の直後にご連絡をいただくことも
幾度かありました。

実は、○○がなくなりました。しばらくおコメはお休みしたいと思います。
また、必要になったら連絡します。

○○がなくなりました。人が集まるので、すぐにおコメを送ってください。

等々。

ほとんどの場合、お電話でご連絡をいただきます。
とても、大事なことを相談していただいている。
こんな大事な時にご連絡いただいて。
胸が詰まる思いが、電話から伝わってきます。

事務的な、連絡もあると思います。
でも、気持ちが動揺しているときに、
何らかの形で、事務連絡的な会話をすることで
気持ちを落ち着けようとすることもあるのだと思うのです。
「おコメのことは、あなたに任せるから、お願いね。」

そんなメッセージに、一つずつ丁寧に答えていきたいと、思います。
うまく伝わっているでしょうか。
大げさにならないように、事務的に過ぎないように、誠意が伝えられているでしょうか。

つらい話ではあるのですが、
弊社のおコメのこと、大事にしていただいて本当にありがたいことです。

もうすぐ種まきがはじまります。
安心してお届けできるおコメを、作ります。
今年もよろしくお願いします。

暗くなってすみません。
[PR]
# by yoojie | 2008-03-23 12:44 | お仕事の話 | Comments(0)