人気ブログランキング |

タグ:低農薬米 ( 158 ) タグの人気記事

稲刈が始まりました。→なんと!日中の気温が35℃。

稲刈が始まりました。
なんとなんと、日中の気温は35℃。
夏の間は、日中の作業は止めて、
朝と夕方の気温の低い時間帯だけ外作業をしていました。
しかし、稲刈は、日中の一番気温の高い時間帯が
一番作業効率がよい。
ということで、10時から12時まで稲刈。
(品種の都合により、今日の稲刈は面積が少ない)
こがねもち、「おうごんのもち」「黄金色に輝く餅米」
という意味の品種名ですが、
平仮名で棒読みすると「小金持ち」と読めるので笑う。
とか、ジョーダンを言いながら、稲刈。
とにかく、暑い。


収穫できるということは、
もう、それだけで
ありがたいことですね。


夕方、涼しくなるとホッとします。
やっと、気分的に余裕が出て
夕方になってようやく写真を撮ることに思い至る。
夕日が沈んだ後の西北の空と、明日刈る田んぼの稲とコンバインの鼻。
よく見ると、イネの葉が、イナゴに食われてギザギザしている。




b0126182_22540291.jpg

そして、振り返って、南の空の中空に浮かぶ月。
ちょっとずつ、まるくなってきた。
金曜日が中秋らしいですね。楽しみ。

b0126182_23024460.jpg
明日は、「こしいぶき」の稲刈です。
コシヒカリは、もう数日置いてからの
稲刈です。暑さあり、長雨あり、
まだまだ多難な秋作業ですが、
お客様が新米を楽しみに待ってくれているんだ、
ということを励みにがんばります。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-09-07 22:52 | 田んぼのこと | Comments(0)

晴れたよ、綺麗な雲だよ。

b0126182_22032979.jpg
おんなじ話題ばっかりで申し訳ないのですが、
雨の降らない空を見ると、本当に心が明るくなります。
うれしいなぁ。
太陽も、雲も、月も、大好き。

これは、「こがねもち」。
冬に、おもちになる。今はまだ田んぼに生えている。

これが、おもちになります。
というと、不思議な感じがしますね。
しませんか?




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-09-04 22:02 | 田んぼのこと | Comments(0)

稲に穂がつくと、田んぼにはチョウチョが意外と多いことに気がつきます。

田んぼには、意外とチョウチョがいます。
今日見つけたのは、モンシロチョウとモンキチョウのつがい。
ずっと、おんなじパートナーといるのかと思ったら、
別のチョウチョが割り込んできて、
片方のチョウチョが、前のチョウチョとお別れして、
次のチョウチョと一緒に飛んでいたりする。
なんだ、誰でもいいんだな。そうなんだな。




もうすぐ、稲刈が始まります。
毎日、田んぼをぐるぐる回って、
排水路から、水が出て行って土が固くなるようにしたり、
畦に草が多すぎるところは草刈したり、
田んぼの中の草取りをしたりしています。
なんと言うか、「田んぼを整える」様な感じでしょうか?

もう、毎日毎日雨ばっかりで、
雨、止めばいいのに。と思いながら
鼻歌歌って田んぼに行きます。




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-09-01 23:06 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

田んぼの溝にいた、かに。ザリガニの多い田んぼだと思っていたのですが、カニがいるとは。

新潟の土は、ベトベトしているので、
夏の間に田を干して、土を固くする作業が必要です。
そのために、溝を掘って、水を排水します。
秋になる前に、溝からちゃんと排水されているか
田んぼごとに確認していきます。

その溝に溜まった水にいた、「かに」




意外と逃げ足が早い。




by yoojie | 2019-08-16 10:28 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

クモの巣にかかった、バッタ

クモの巣、
時々捕まえているところ、見かけます。
たまたま、カメラが間に合いましたが、
クモのスピードが、予想外に速く、
途中からの画像になりました。

チョッピリ残酷といえば、残酷ですが、
クモの巣にかかったバッタ。

丸めておいて、後で食べるのか?
捕まえた現場は見たことありますが、
食べているところは、見たことがありません。









アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-08-02 12:38 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

稲の花が咲いて、クモの巣が増える。

稲の花が咲くと、クモの巣が増えます。
チョウチョやバッタ、イナゴが田んぼに増えるからです。
クモの巣は、それらを捕まえる為の、わな。
毎日作っているので、
結構、わなにかかる、ということでしょうか。






アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-08-01 12:26 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

夏野菜用に、ぬか床総入れ替え。

今年も、夏野菜用に、ぬか床を総入れ替えしました。

b0126182_00221328.jpg

アフコの楽々ぬか床セットを使うととても簡単です。


b0126182_00222479.jpg
去年のぬか床を一つまみ混ぜて、水を加えます。

b0126182_00223856.jpg
よーく混ぜて、


b0126182_00225460.jpg
これは、ホームセンターで買った、
ぬか漬け用の小道具。
鉄製の、穴の開いたコップで、
ぬか床の余分な水分をコップに溜めれる上に、
鉄製なので、鉄分が加わりナスの色も綺麗になり(予定)ます。


捨て野菜を混ぜ込んで、出来上がり。
ああ楽しみだ。夏野菜のぬか漬け。





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-07-24 00:27 | ぬか漬け日記 | Comments(0)

野ガモの卵を見つけました。でも、草刈しちゃったんだよね。親鳥もう来ないかも。

b0126182_09004029.jpg
草刈中に、カモの卵を見つけました。

b0126182_09011695.jpg
水路際に、「すぐ背が高くなる雑草]が生えるポイントがありまして、
ちょうど良く、卵を隠してくれるらしい。

b0126182_09023563.jpg
丸の辺りに、卵があります。
ほど良くまばらに住宅街がありますので、
キツネやたぬきがあまりいないこと。

水路があるので、においも残りにくいのかなぁ。

ちょうど、農道で機械や車のターンをしたりするための
広いスペースがあるため、雑草が他より多く、見えにくいこと。

色んな角度から、卵を産む場所を選んだと思うのですが・・・。
草刈しちゃったからな。
卵周辺は、草を残しましたが、
辺りは、だいぶ見通しが良くなってしまいました。

親鳥戻ってくるかなぁ。
一ヶ月くらい、卵の周辺にはなるべく近寄らないようにします。
でも、また、一ヶ月位したら見に行こう。
その頃には、卵、産まれて、巣が空っぽになっている、はず。


アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-06-27 09:11 | 虫とか小動物とか | Comments(0)

お客様の声:一日二回、熱湯で解凍していただいています。

定期的に、酵素玄米仕上げの「小豆入玄米おにぎり」を
購入して下さるお客様に、
どんな風に召し上がっていらっしゃるのですか?
と、伺いましたところ、
「熱湯であたためて、そのまま食べています。」
とのこと。
「味付けしたりは、しないのですか?」
「小豆がね、入っているでしょ。そのままで美味しくいただいていますよ。」
「そうなんですね。」
「お通じが良くなかったんですけどね。
とっても良くなったんですよ。」
「そうですか。そう言っていただけるととても嬉しいです。」

b0126182_11354431.jpg

「小豆入玄米おにぎり」は
自分しか食べないので、冷凍があると嬉しいです。
といって、購入して下さる方が多いです。

冷凍庫に、入れておいて、
食べたくなったらすぐに食べることができるところが
良いですね。
秋山農場のお米限定で作って、
新潟の清らかな水で炊いていますから、
美味しさも格別です。

ご興味がある方は、
どうぞご賞味下さいね。

ご注文は、こちらから

アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-06-16 11:40 | お客様の声 | Comments(0)

田植え後三週間の、ちょっと、水の溜まりにくい田んぼにて。

b0126182_10064586.jpg
田植え後約3週間。
水を浅くしたり、深くしたりしながら育てています。
酸素を送ったり、水圧でイネの茎に負荷をかけたり。

順調に育っております。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-06-06 10:05 | 田んぼのこと | Comments(0)