人気ブログランキング |

タグ:手づくり味噌 ( 23 ) タグの人気記事

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。_b0126182_22242993.jpg
今年の味噌を仕込みました。
秋山農場産のコシヒカリの
分づき米を使った米麹と
上越産の青豆と
五島灘の塩を使って仕込んでいます。

ご家庭で育てる
「熟成前の仕込み味噌」も
お届け開始しました。

育てるお味噌。「熟成前の仕込み味噌4.5Kg」は、こんな風に届きます。_b0126182_22240206.jpg
「育てるお味噌をお願いします。」
「お友達と、二人で育てるのよ。」
「毎年やっているから、桶はいらないわ。」

仕込み味噌、4.5Kg です。
ご自宅で桶に移して熟成させます。
(桶入りもございます)

楽しんでくださいね。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
by yoojie | 2020-03-10 22:11 | 味噌汁日記 | Comments(0)

切もちは、1個からでもご註文いただけます。

切もちは、1個からでもご註文いただけます。_b0126182_08440790.jpg
新米を3Kg×2袋と、

お味噌三種:新みそ+濃熟2017+濃熟2016

えびのりもち+豆もち+玄米くるみもち 各1個

のご注文です。

ご自宅用のお届けの場合の梱包材は
環境に配慮して、
新聞紙を使わせていただいております。
お歳暮や贈り物の梱包材にはエアパッキンを使用しています。

おもちも、各種類1個から、お届けしています。
お米やお味噌と一緒に「ちょっと追加」的なご購入、
大歓迎です。

お味噌と一緒にお届けする場合は、
味噌は味噌で袋に入れて、
おもちはおもちで袋に入れて、
くっつかないようにしてお届けします。

切もちの賞味期限は、同封の用紙をご参考下さい。
手づくりで無添加ですから、
なるべく冷蔵庫に保管をお願いいたします。

お正月用だけでなく、
冬のおやつに最適なおもち。
ご註文、お待ちしております。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-12-03 08:43 | 切もち | Comments(0)

新みそと、濃熟2016 の組み合わせがなぜかヒット中

新みそと、濃熟2016 の組み合わせがなぜかヒット中_b0126182_22424254.jpg
玄米を、半分から7割ほど精米した分づき米と
新みそと、濃熟2016のお届け例です。

分づき米は、白米に比べて栄養価が高い分、
酸化しやすい(いたみやすい)です。

そのため、「2.5Kg」以下の包装でお届けします。
お届け後は、冷暗所での保存をお願いしております。
分づき米、最近、人気です。

そして、最近、人気がある組み合わせが、
新みそと、濃熟2016の組み合わせ。
新みそのさわやかな新しい香りと、
4年仕込みの芳醇なしっかり熟成の濃熟です。
合わせ味噌にすると、
複雑で香り豊かでコクのある味噌汁になりますね。

新みそ多目で大根やカブの味噌汁。

半々のブレンドで豆腐とワカメの味噌汁。

濃熟多目でブリの粗汁。

など、いかがでしょうか。









アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-11-03 22:50 | お仕事の話 | Comments(0)

「新みそ」の樽出しです

「新みそ」の樽出しです_b0126182_22515567.jpg
新みその樽出しです。
2019年3月に仕込んだ味噌、
出来上がりました!

香り豊かで、コクのある味噌です。

特徴としては、

麹は、秋山農場の「分づき米 コシヒカリ」を使用しています。
麹の割合が多いので、甘口です。

米麹の「つぶつぶ」が、
お味噌汁のお碗に、雪が舞い降りたように、ふんわりと浮かびます。

豆は、地場産の「青豆」を使用しています。
新みその間は、豆の香りが強いです。
黄色い豆に比べて、パンチが強いと言いますか、
豆っぽい、と言いますか、
豆のコクがある、お味噌になります。

豆と麹に酵母を加え、
時間をかけて、自然に発酵させた「生味噌」です。

生きている発酵食品です。

新みその美味しさを、ぜひ、ご賞味下さい。

「新みそ」の樽出しです_b0126182_22593891.jpg





アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2019-10-19 22:59 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います

味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います_b0126182_22274838.jpg
カブ、地元産の中くらいの大きさのものです。
味噌汁日記:旬のカブはやわらかく甘いので、茎も一緒に使います_b0126182_22292539.jpg
カブが半分。
茎が少々。
分量が同じくらいになるようにしています。

たっぷりのかつおだし、
新みそで仕上げました。
大根とはまた違う風味です。



アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku
by yoojie | 2018-11-25 22:31 | 味噌汁日記 | Comments(0)

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。

長期熟成の「濃熟 2014」のご案内です。

2014年の三月に仕込んだお味噌は
この三月でまるまる四年、寝かせています。
しっかりと、自然に熟成したお味噌は
塩がまろやかになり
微生物が複雑になって香りも良い。
四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17542160.jpg
赤いお味噌になります。
シジミの味噌汁にはとっても合います。
また、えのきとのりなど、
あっさりとした具にも良く合います。

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17544947.jpg

煮干やかつおなど、
しっかりした魚の出汁を使うと
赤味噌の風味がいっそう引き立ちます。
白ネギを十字の縦に切り、
それから1mmくらいの薄切りにして浮かべました。
上品なスライスより、
少しネギの食感を残した方が合うと思います。

サバの味噌煮、モツ煮の味付けなどには
断然、この赤い味噌がお勧めです。

春、普段より気持ち多めに味噌を食べる。
良いですね。

四年熟成の「濃熟 2014」いい香り。_b0126182_17543404.jpg

玄米食の方に、人気があるお味噌です。
例えば、こんな風にお届けしています。

食べるものが、身体を作りますから。


私は、個人的にはこの赤い味噌と、
一年仕込みの「確然」を
混ぜて使うのが好きなんです。
お味噌汁の時は、
濃熟2014:確然=3:1
くらいで混ぜます。
酢味噌にする時は、
混ぜる比率を逆にして酢で伸ばします。

やっぱり、生のお味噌ですから、
微生物が生きていて、
発酵の度合いが違うと
風味や香りが混ざり
更に複雑で美味しさも増す気がします。


今日の晩御飯は、やっぱりこの味噌使って
サバの味噌煮かなぁ。

お味噌のご注文はこちらからhttp://www.afco.jp/total/totalform.htm




アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




HOTな食べ物教えて!



by yoojie | 2018-03-09 18:20 | 味噌汁日記 | Comments(0)

お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで 

■お客様の声

地元以外のお味噌は初めてで、慣れるまでに時間が掛かりましたが、
今は舌に馴染んできて美味しく頂いています^^

茨城県 Hさん


□スタッフより

お味噌のご感想ありがとうございました。
ネギ味噌、美味しく出来ましたでしょうか?

ご注文をいただきました)

お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで _b0126182_23333509.jpg

新潟の味噌は、日本中の味噌の中でも「甘口」です。
米どころ、ということもあり、米麹が甘く仕上がることと
味噌作りの際に、豆に対しての米麹の割合が多いのです。
特に、弊社の手づくり味噌は、麹の割合が高いです。
一般的には
米:麹=1:1が多いのですが
弊社の手づくり味噌は
米:麹=1:1.3 となっております。

しょっぱい味噌、が好きな方や
麦麹味噌になれている方には、甘く感じるようです。

美味しく召し上がっていただけて
とても嬉しいです。
感謝申し上げます。

今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い致します。


■ご注文いただいた商品は、


お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで _b0126182_23401303.jpg

★送料・税込価格が3,000円の
お得なセット。


です。
ご注文は、こちらから↓


春が来る直前は、
腸内をお掃除するようなつもりで、
身体の中を味噌でデトックスするのがお勧めです。

キュウリや、セロリ、ニンジンなどに
生のお味噌をつけて、いただきます。

おにぎりに、生のお味噌をぬって食べるのも。

お客様の声:地元以外のお味噌は初めてで _b0126182_23312003.jpg

2016年冬に仕込んだ味噌が、一年経過いたしました。
一年寝かせた味噌を「確然」
二年以上寝かせた味噌を「濃熟」
と呼び分けてお届けしております。

味噌のみのご注文は、こちらからお願い致します。




腸内活動実施中。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






by yoojie | 2017-02-14 23:37 | お客様の声 | Comments(0)

味噌汁日記:ほうれん草とエノキ



味噌汁日記:ほうれん草とエノキ_b0126182_01321250.jpg

ほうれん草とエノキの味噌汁
ほうれん草は、ごま油で炒めてから
出汁を注いで沸騰させます。
エノキを入れて、沸騰したら火を止めます。
味噌をといて、器に入れましょう。
ネギを浮かべていただきます。
今日は、出汁に削り節を使いました。
鰹節をカンナのような削り器で削る
昔懐かしい削りたてのかつお節です。
やっぱり、香りが違いますね。
味噌は、二年仕込みの濃熟を使い、
赤出汁風、をイメージしました。






アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



by yoojie | 2016-03-16 01:40 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌日記:ふきのとう味噌

春の香り高い、ふきのとう味噌を作りました。
ふきのとう、実は私、一番好きな山菜なのです。
あの、ほろ苦い香り、口の中で広がる香りと苦味。
まさに、大人の味だわ。

味噌日記:ふきのとう味噌_b0126182_10122508.jpg
最初にお鍋にグラグラになるように熱湯を沸かします。
ふきのとうは、縦に4つに切ります。
すぐに、塩水に浸けておきます。
全部切れたら、よくよ~く絞って一気に熱湯に入れます。
全体が、熱湯にかぶったら、すぐに網にとって、冷水に浸します。

味噌日記:ふきのとう味噌_b0126182_10143748.jpg
一握り分づつ絞って、細かく切ります。
切ったものは、ボールに移して砂糖をふりかけておきます。
アクで、色が茶色になるのを防ぎます。

味噌日記:ふきのとう味噌_b0126182_10155906.jpg

全部刻んだら、生のお味噌を混ぜます。

味噌日記:ふきのとう味噌_b0126182_10163351.jpg

今回は、確然と濃熟を半々で混ぜました。
二種類の味噌を混ぜた方が、
味わいが深くなる気がします。

ごはんに、ちょっとのせて食べると最高です。
ふきのとう、手に入るなら、作ってみてください。

ふきのとうと、味噌が、見た目分量で同量くらいです。
砂糖は、ふきのとう30個分くらいで大匙2程度です。

生味噌の風味を活かして、
味噌は加熱しない。
アク抜きと、水が出るのを防ぐ為に、
ふきのとうを一旦熱湯にくぐらせます。


現在、お米のご注文をいただいた方には、
一口づつですが、
ふきのとう味噌、同封しております。













白いごはんとごはんのお供。それからお味噌汁があれば。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku


by yoojie | 2016-03-15 10:07 | 味噌汁日記 | Comments(0)

味噌汁日記:ふきのとうを刻んで浮かべると、春の香りがする。

味噌汁日記:ふきのとうを刻んで浮かべると、春の香りがする。_b0126182_21045749.jpg
出汁は、煮干と昆布でとります。
鍋にごま油を引いてほうれん草を30秒ほどいためます。
そこに出汁を入れ、沸騰させます。
沸騰したら、豆腐を入れます。
再び沸騰したら、火を止めて、味噌をときます。
お味噌は、一年仕込みの確然と
二年仕込みの濃熟を、半々で使いました。

お味噌をといたら
お碗にいれて、刻んだふきのとうを浮かべます。
ふきのとうは、すぐに茶色になってしまうので、
一口生の香りを楽しんだら、
ふきのとうは、箸でお汁の中に沈めましょう。

あ~、この香り、ほのかな苦味。
大人の味だわぁ。








生の手づくり味噌で春のデトックスを。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku






by yoojie | 2016-03-07 21:12 | 味噌汁日記 | Comments(0)