タグ:手作りみそ ( 4 ) タグの人気記事

味噌汁日記:寒の戻りは、トン汁で温まります。

b0126182_21583493.jpg

トン汁、身体が温まりますよね。

我が家では、一年中トン汁を作りますが、

やはり、寒くなり始めの頃と、

温かくなり始めた寒の戻りの頃が

作る頻度が高い気がします。

味噌は、一年仕込みの「確然」と

二年仕込みの「濃熟」を半々、やや確然多目、

で使いました。


白いごはん・トン汁・まだらと根菜のソテーのバルサミコソース・レタスのサラダ



温かくなったとはいえ、まだ、まだらが美味しいですね。

湯豆腐でも、ソテーでも。








白いごはんの晩御飯。あー美味しい、もういっぱい。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku




[PR]
by yoojie | 2016-04-04 22:01 | Comments(0)

朝、雪が積もっておりました。寒い。→味噌の仕込を致しました。

b0126182_22194043.jpg
朝、雪が積もっていました。

本日、手づくり味噌の仕込を致しました。
秋山農場のお米をほぼ玄米の状態で米麹にし、
秋山農場の大豆を使って味噌を仕込みます。
仕込みは、酒造りの匠、杜氏の技で仕込んでおります。
麹菌の安定する冬の時期に限定し、
熟成には、たっぷり1年以上かけ、
自然な微生物の力で熟成させます。

味噌の種類は「米味噌」と呼ばれる、
米麹で仕込んだ甘味のある味噌です。

豆:米麹=1:1.3
と、通常よりも麹の多い配合です。
塩分は13%

口当たりの優しい、甘口の米麹味噌に仕上がります。

只今、
仕込みの終わった、熟成を待つだけの
「仕込み味噌」をお届けします。
ご自宅で熟成させます。
桶の中で半年から一年かけて熟成させて
ご自宅の味に育てます。

b0126182_22263090.jpg

桶入りは、この状態で届きます。

   ■手づくり仕込み味噌 
      内容量:4.5Kg

    桶入り    3,800円
    桶なし    3,100円



味噌は、麹菌という微生物の力で熟成してゆきます。
春から仕込んで夏から秋に仕上がる。
発酵の不思議、熟成の過程をご家庭で観察できます。



詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.afco.jp/total/h-miso.htm




「美味しい」を手間も暇もかけて大事に育てます。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2016-03-25 22:10 | 雪のある暮らし | Comments(0)

朝、雪が積もっておりました。寒い。→味噌の仕込を致しました。

b0126182_22194043.jpg
朝、雪が積もっていました。

本日、手づくり味噌の仕込を致しました。
秋山農場のお米をほぼ玄米の状態で米麹にし、
秋山農場の大豆を使って味噌を仕込みます。
仕込みは、酒造りの匠、杜氏の技で仕込んでおります。
麹菌の安定する冬の時期に限定し、
熟成には、たっぷり1年以上かけ、
自然な微生物の力で熟成させます。

味噌の種類は「米味噌」と呼ばれる、
米麹で仕込んだ甘味のある味噌です。

豆:米麹=1:1.3
と、通常よりも麹の多い配合です。
塩分は13%

口当たりの優しい、甘口の米麹味噌に仕上がります。

只今、
仕込みの終わった、熟成を待つだけの
「仕込み味噌」をお届けします。
ご自宅で熟成させます。
桶の中で半年から一年かけて熟成させて
ご自宅の味に育てます。

b0126182_22263090.jpg

桶入りは、この状態で届きます。

   ■手づくり仕込み味噌 
      内容量:4.5Kg

    桶入り    3,800円
    桶なし    3,100円



味噌は、麹菌という微生物の力で熟成してゆきます。
春から仕込んで夏から秋に仕上がる。
発酵の不思議、熟成の過程をご家庭で観察できます。



詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.afco.jp/total/h-miso.htm




「美味しい」を手間も暇もかけて大事に育てます。
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku



[PR]
by yoojie | 2016-03-25 22:10 | 雪のある暮らし | Comments(0)

味噌汁日記:あおさ海苔と桜海老のかきたま汁

b0126182_23563978.jpg

柏崎の海岸沿いの産直市場で買ったあおさのりを使いました。
ワカメのようなつもりで、大きめにカットしたのですが
のりが箸でつかめないくらいに
細かく刻んだ方が美味しいようです。

組み合わせとしては、のりと桜海老とかきたま、は
とてもよく合います。
おかずが酢豚だったこともあり、
題sの変わりに中華スープの素を使いました。
お味噌は一年仕込みの「確然」をかなり少なめに。

竹の子を入れて、ごま油をたらすともっと中華風になります。





美味しいごはんは幸せのもと
アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku





[PR]
by yoojie | 2016-03-19 23:54 | 味噌汁日記 | Comments(0)